米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方 医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |

チームオンコロジー.Com通信

患者さん中心のがん医療。それはチームオンコロジーの目指す、がん医療です。
このテーマについて、がん医療に関わっている有識者の方と患者さんに、それぞれの方の役割と視点からのコラムの執筆をお願いしました。
患者さんや一般の方々はもちろん、医療従事者の方々にも役立つ内容であると思いますので、是非ご一読ください。そして、多くの方からのご意見をいただきたいと思います。

上野 直人


患者さんの満足度を高めるがん医療の新たなアプローチ“チームオンコロジー”

上野 直人

上野 直人

1964年生まれ、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター教授。腫瘍分子細胞学博士。専門は、乳がん、卵巣がん、骨髄移植、遺伝子治療。
現在、がんの治療効果を最大にするためにチーム医療の推進にも力をいれ、J-TOPの執行委員会メンバーとしても活躍中。

コラムを読む
 

毎月更新のコラム、3つの視点からお届けします。


チームBの役割
 

伊藤 高章

伊藤 高章

1956年生まれ、桃山学院大学社会学部社会福祉学科教授。2002-3年度スタンフォード大学病院スピリチュアルケア部スーパーヴァイザー・イン・レジデンス。専門は、キリスト教史、スピリチュアルケア、国際社会福祉論

コラムを読む

医療者とのコミュニケーションの取り方
〜主体的に医療を受けるために

難波 美帆

難波 美帆

1971年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科 准教授。 サイエンスライター。患者向けがん雑誌の編集に携わるなかで、チーム医療の理念に共感する。アドボカシーを担うNPOや出版活動に関心がある。

コラムを読む

患者がチーム医療に加わるということ

はたの ようこ

はたの ようこ

2004年8月、乳がんの発症が判明、サードオピニオンを聞きに訪ねた聖路加国際病院、中村清吾先生の下で同年10月に左乳房切除の手術を受け、人工乳房で同時再建の後、現在も加療中。

コラムを読む

納得して抗がん剤治療を受けていただくために 〜薬学専門家からの提案〜

瀬戸山 修

瀬戸山 修

1949年生まれ、爽秋会クリニカルサイエンス研究所代表。がんの初期から終末期までの一貫したがん医療の質の向上を願い、薬学、特にがん薬物療法に関する臨床薬理学、臨床疫学(EBM)の立場から、最新のがん医療情報の発信、薬剤師や看護師の教育研修を行っている。

コラムを読む

チーム医療が全国の医療施設で実施され
メディカルスタッフが「顔の見える職種」になるために

チーム医療推進協議会

チーム医療推進協議会

2009年、チーム医療を推進するとともに、メディカルスタッフの相互交流と社会的認知を高めるために設立された協議会

http://www.team-med.jp/)。病院で働く職能団体16職種、患者会、メディアで構成されている。メディカルスタッフが連携・協働することで、入院や外来通院中の患者の生活の質(QOL)の維持・向上や、それぞれの人生観を尊重した療養の実現を目指しています。

コラムを読む
 



▲TOP
  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center