米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方 医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |

チームオンコロジーへの道

チームビルディングの概念をもって経験したこと
My Experience With Team Building Concepts

Nicholas Szewczyk,
RN, MSN, NP-C
Advanced Practice Nurse 上級実践看護師
The University of Texas, MD Anderson Cancer Center
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター

* 一覧に戻る

どんながん医療従事者も口を揃えて言うように、優れた患者ケアには、患者の複雑な治療計画の管理に携わると同時に、患者とその家族がしばしば途方に暮れる複雑な医療システムの水先案内となる機能性の高いチームが必要です。そのために、効果的な患者ケアのためのチームを築くことが非常に重要である一方、この概念は、看護師ばかりでなくその他の医療関係者にとっても、一朝一夕には、構築できたり、理解できるものではありません。多くの教育プログラムが、チームビルディングの概念についてのコースやセミナーを提供していますが、患者ケアのために効果的なチーム形成の知識や実践の習得は、通常、高い実績をあげているチームに参加する、あるいは機能不全に陥っているチームに参加するといった職務経験を積むことによって身につきます。

As any oncology healthcare provider will tell you, excellent patient care requires a highly functional team dedicated to manage the complexities of each patient’s treatment plan as well as guiding the patient through a complex medical system that is often intimidating to patients and their families. Despite the critical importance of building effective teams for patient care, this is not a concept that is made immediately known not only to nurses, but many other healthcare related disciplines in general. Though many academic programs may offer courses or seminars on team building concepts, acquiring knowledge and practice of forming an effective team for patient care is usually acquired with career experience, typically from participating on both a high performing team, as well as a more dysfunctional one.

私は幸運にも2008年に看護師メンターとしてJ-TOPに参加するよう依頼をいただき、その年の11月に札幌で行われたJ-TOPのワークショップ(The 2nd TeamOncology Workshop)に初めて参加しました。このワークショップにおいて私は、熱心な医師、薬剤師、看護師のグループのメンターとしてのすばらしい機会を得ました。彼らは、がんの集学的ケアやチームビルディングについて学ぶだけでなく、週末に渡るグループワークで「包括的オンコロジープログラム(患者中心のがん医療プログラム)」を作成し、発表しました。私のキャリアは、このワークショップに参加して以来、変革し続けています。私は、集学的チームでの患者ケアにおける役割を果たしながら、看護およびリハビリの研究において多くの効果的なチームに参加したり、業務の流れを良くするために我々の部署においてケアの標準化を行う際に他の医療者と協同したり、患者教育のための教材を作成したり、また直近では、総合電子カルテの導入のトレーニングを支援したりしています。チームビルディングの概念を学び実践することは、私の看護のキャリアを成功に導く大きな要因となっています。

I was lucky enough to be asked to join JTOP as a nursing mentor in 2008, and I attended my first JTOP meeting in Sapporo that November. During this time, I had the great fortune of mentoring a passionate group of physicians, pharmacists, and nurses who not only came to learn about multidisciplinary care and team building, but were able to create and present a comprehensive oncologic program over the course of a weekend. My career was forever changed since that time, as I have been part of many effective teams in research with nursing and rehabilitation, worked with other healthcare providers in our department in developing standards of care for our workflow, creating educational materials for our patients, and most recently helping to train our department in learning our new comprehensive electronic medical record, while continuing my role in patient care within a multidiscipline team. Learning and practicing these concepts in team building was a major contributing factor in my successes in my nursing career.

我々のキャリアに影響を及ぼす要因ともなる医療の変化や、この国際的なカンファレンス(J‐TOPワークショップ)の進化のために、どのJ-TOPワークショップにおいても、私たちは新しい課題に挑み続けています。J-TOPの素晴らしいメンターやチューターのチームと一緒に働くことで、毎回新しいインスピレーションを得ることができたり、自信を持てるようになりました。チームメンバー一人ひとりがこのプログラムに関わり、プログラムの維持、発展、進化に貢献しています。毎年、日本やアジアの国々からの参加者と話をすることで、仕事の目標を達成することや私生活と仕事のバランスを保ち続けること、そして患者ケアを実践する中で私たちが直面している問題に関して、多くの共通点があることがわかりました。このプログラムでのチームビルディングの実践で得られた技術と知識は、J-TOPのメンバー全てに良い影響を及ぼしています。がん医療をより良くし続けるために、このプログラムで築いた関係を、継続し続けることが、私たちの願いです。

With each JTOP workshop, we continue to face new challenges, from changes in healthcare, pressures affecting our careers, and in planning this international conference. I continued to have a renewed sense of inspiration and confidence from working with the incredible team of mentors and tutors in JTOP; each of whom help to maintain, grow and evolve this program. I know in speaking with each year’s participants from Japan and across Asia, that we all have many similarities in the problems we face in caring for our patients, as we continue to pursue our career goals and keep a balance in our work and personal life. The skills and knowledge from the team building exercises in this program have had a positive effect on all of the members of JTOP, and our hope is continue to build relationships within this program in order to continue to improve oncology care.

(2016年8月執筆、日本語監修:藤原紀子)

My interest at a glance:
We decided to take a family vacation

最近私が最も努力していることの一つが、仕事と生活のバランスをとることです。私と妻は共に仕事が忙しく、また娘の教育や課外活動もあります。休日は家事雑用に追われることも多く、家族で充実した時間を持つことが困難です。そのため家族でゆっくりとした時間を過ごせるように、一緒に旅行することに情熱を注いでいます。ほとんどの旅行は、南カリフォルニア、シカゴ郊外の小さな農村、ニューヨーク近郊やサンアントニオやダラスなどのテキサス州の地域に住んでいる親戚や友達に会いに行く国内旅行です。また、少なくとも年に1回は必ず長い家族休暇をとることにしています。今年の夏は家族でワシントン州のピュジェット湾岸に沿ってブリティッシュコロンビアまで旅しました。私たちはシアトルとバンクーバーの間で過ごし、テキサスの暑さから逃れて北西太平洋の自然の美しさを堪能しました。

These days, one of my biggest struggles is finding a work-life balance, as my wife and I both have busy work lives, along with my daughter's education and extracurricular actives. Days off sometimes can feel more like a list of chores and errands, and it is difficult to find quality time together. Therefore, my family is very passionate about traveling together, allowing us to spend a more relaxed time together. Most of the time, our travels take us around the United States to see our extended family and friends, who live across the country including Southern California, small farming towns outside of Chicago, New York City area, and other areas in Texas including San Antonio and Dallas. Additionally, we do try and take a longer family vacation at least once a year. This summer, my family and I traveled along the Puget Sound coastline of Washington state and through British Columbia. We spent time between Seattle and Vancouver, escaping the Texas heat and exploring the natural beauty of the Pacific Northwest.

(2016年 8月執筆)

エッセイへの意見


* 一覧に戻る


▲TOP
  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center