米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方 医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |

チームオンコロジーへの道

医療統計家とチームオンコロジー
Biostatistician and TeamOncology

Yu Shen, PhD
Biostatistician
Conversation with a Living Legend Professor,
Division of Quantitative Sciences,
 医療統計学教授
The University of Texas MD Anderson Cancer Center
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター

* 一覧に戻る

私は1995年以来、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター(MDアンダーソン)で医療統計学の教授を務めています。ワシントン大学でPhDを取得し、フレッド・ハッチンソンがん研究センターで1年間のポスドク課程を修了した後、MDアンダーソンに職を得ました。MDアンダーソンでの勤務は20年以上にわたりますが、今日でも私にとってこの仕事はエキサイティングです。多職種と連携したチームにおける仕事が、がんの予防と発見、そして治療に役立っているからです。新しい統計手法の開発に加えて、私はがん患者にとって最適な治療法を突き止め、QOLを向上させる仕事に主に取り組んでいます。私は、多職種と連携して、乳がん、膀胱がん、がん予防における研究プロジェクトに尽力してまいりました。このような多職種連携プロジェクトチームでの活動の際には、チームのメンバーはそれぞれの専門分野を超えたコミュニケーション能力と対人関係スキルを駆使できる必要があります。

I have been a professor of biostatistics at The University of Texas MD Anderson Cancer Center since 1995. I joined the faculty of MD Anderson immediately after obtaining a PhD from the University of Washington and then fulfilling a one-year postdoctoral fellowship at Fred Hutchinson Cancer Research Center. After more than 20 years on the faculty at MD Anderson, I still find this job exciting because my work on multidisciplinary research teams contributes to preventing and detecting cancer and treating patients diagnosed with cancer. Besides developing new statistical methods, I am mostly engaged in the work of identifying optimal treatments and improving the quality of life for cancer patients. I have contributed to multidisciplinary research projects in breast cancer, bladder cancer and cancer prevention. Such team work requires the members of the team to use communication and interpersonal skills that are beyond their respective areas of expertise.

私は2007年にJ-TOPプログラムに初めて参加しました。過去10年間、J. Jack Lee博士と私は、統計家として交替でチーム医療を推進するメンターとしてJ-TOPの活動にたずさわりました。約10年前に初めてメンターの一人として加わったとき、私はTeamOncologyワークショップの壮大なミッションにいささかびっくりしました。と言うのは、ワークショップの受講者は、多職種が連携したチームワークを通じて、科学的エビデンスを創出するための臨床プロトコールを作成するのに必要なあらゆるスキルをわずか2日間で学ばなければならなかったのです。一人しかいない統計家として4つのグループを同時に指導することは私にとっても非常にエキサイティングでやりがいのある仕事でした。最初の数年間は日本人受講者(医療者)の大半は、統計家と一緒に研究や日常業務にたずさわることにそれほど慣れていませんでした。幸いにも、ワークショップの2日目には、受講者たちはチームにおける統計家の役割を理解し、重要性を学び始めました。

I started taking part in the JTOP programs in 2007. During the last decade, Dr. J. Jack Lee and I have taken turns serving as the statistician on the multidisciplinary team of mentors. When I first joined the team of mentors about 10 years ago, I was a bit surprised by the ambitious mission of the TeamOncology workshop: our mentees had only 2 days to learn all the necessary skills to draft a clinical protocol that could generate scientific evidence through multidisciplinary team work. It was very exciting and challenging for me too to simultaneously mentor four groups as the only statistician on the tasks. In the early years, the majority of our Japanese mentees were relatively inexperienced in working with statisticians in their research or daily work. Fortunately, by the second day of the workshop, the mentees started to learn the importance of having a statistician on their team.

J-TOP が発展するにつれて、J-TOP ワークショップの枠を超え、日本の医療者と統計家が「真の」協力関係を築き、更には臨床研究の発展のために、日本の統計家をJ-TOP ワークショップに参加させる必要があることを私は痛感するようになりました。幸いなことにここ数年は、日本の統計家の仲間たちの助けにより、日本の統計家がワークショップに参加し、臨床研究の計画立案にチームの一員として貢献しています。J-TOP ワークショップの発展の歴史の中で、医療者たちが、それまでも多職種連携チームにとって統計家は不可欠な存在であると認めておりましたが、それまで以上にチームの一員である統計家の視点を高く評価するようになるのを目の当たりにしてまいりました。このような日本の統計家とのコラボレーションや友好関係は、ワークショップの終了後も続くことが多いのです。今後、エビデンスに基づいた医療を発展させるためには、次世代を担うオンコロジーリーダーが、多職種連携チームのメンバーとして医療統計家と緊密に協力することが必要です。

As JTOP evolved over the years, I became keenly aware that we needed to enlist Japanese statisticians in the workshop to foster “real” collaborations between Japanese medical researchers and their local statisticians for ongoing research beyond the JTOP workshops. With help from our Japanese statistician colleagues, we have been fortunate to recruit Japanese statisticians to contribute to the workshops in more recent years by participating in the design of clinical studies as a member of the team. Through this process, we observed that our medical researchers became more and more appreciative of the insights from their statistician team members, who had been an indispensable part of the multidisciplinary team. Such collaborations and friendships with local statisticians often continue after the workshops end. Going forward, it is clear that the next generation of leaders in oncology should work closely with biostatisticians as members of multidisciplinary research teams to generate evidence-based medicine.

(2017年9月執筆)

My interest at a glance:
It is nice to have a passion that is different from work to reduce job-related stress

仕事に関連するストレスを軽減するために、仕事以外のことに情熱を注ぐことはいいことです。統計家としての仕事から離れているとき、私は妻であり、母親であり、コックであり、犬を散歩させる係、などなどです。特に、初めての土地をめぐる旅行など、家族と一緒に過ごす時間 は私にとって大いなる楽しみです。

It is nice to have a passion that is different from work to reduce job-related stress. When I am not working as a statistician, I am a wife, mother, cook, dog walker, and more. I greatly enjoy spending time with my family, especially traveling as a family as we explore new sights and locations.

(2017年 9月執筆)

エッセイへの意見


* 一覧に戻る


▲TOP
  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center