米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム Japan TeamOncology Program
掲示板チームオンコロジー
一般の方 医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |

Training Program in Houston

■MDアンダーソンがんセンター留学研修プログラム
Japanese Medical Exchange (JME) Program 概要 (brochure:PDF)

2016年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (September 1st - October 7th, 2016)
※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:尾崎 由記範 名前尾崎 由記範
Ozaki Yukinori
職業医師
Physician
勤務先虎の門病院臨床腫瘍科
Toranomon Hospital Department of Medical Oncology
研修を経て創出した Mission
乳癌患者さんに対して、適切なタイミングで議論ができる多職種連携チームにより、最先端の治療と臨床研究の選択肢を含めた最適なケアを提供すること。
To care for breast cancer patients with an effective multi-disciplinary team which can discuss patient care promptly, and to offer patients cutting-edge treatments and clinical trial options.
研修を経て創出した Vision
全ての乳癌患者さんが、有効な多職種連携オンコロジーチームのサポートのもと、免疫療法を含めた最適なケアにより癌の“cure”を達成させる。
Every patient with breast cancer will be cured with optimal care including immunotherapy with the support of effective multi-disciplinary oncology team.
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, SC(Hon.)
Sarah M. DeSnyder, MD
研修報告書(PDF)
医師:吉井 由美 名前吉井 由美Yumi Yoshii 職業医師
Physician
勤務先奈良県立医科大学附属病院 腫瘍センター
Nara Medical University Hospital Oncology Center
研修を経て創出した Mission
腫瘍内科の知識を持った血液内科医の立場からがん治療を支える血液の専門家となり、がん患者の血液合併症・副作用の最適なマネジメント法を確立する。またそのプロセスを通じ、がん患者さんをサポートする最強の多職種チームを作り上げ、そのノウハウを奈良から日本に発信する。
As a hematologist with the knowledge and skill of medical oncology, I will establish the most appropriate management for hematological disorder and side effects in cancer patients and support their cancer therapy with multidisciplinary team.
And through the process, I will create a high performance multidisciplinary team to support cancer patients and disseminate the know-how from Nara to all over Japan.
研修を経て創出した Vision
今までがん治療に関わらなかった医療者の専門性をがん患者のサポートに生かすことで合併症や副作用によるがん治療の中断や中止をゼロにする。またそれが日本のどこでもできるような世の中にする。
I will connect all the medical staffs including those who had not been involved in cancer therapy with cancer patients, so that their professional power can eliminate the treatment interruption and termination because of adverse events or complications, wherever in Japan.
指導教官 Mentor
Lim Bora, MD
研修報告書(PDF)
病理医:田澤 咲子 名前田澤 咲子
Sakiko Tazawa
職業病理医
Pathologist
勤務先昭和大学病院 臨床病理診断科
Showa University Hospital
研修を経て創出した Mission
正確な予後予測が可能で適切な治療に結びつく、乳癌の診断ツールを開発する
To develop new diagnostic tools for breast cancer those enable precise predictions to prevent over/under treatment
研修を経て創出した Vision
  • 腫瘍の特性に基づき効果的で適切なエビデンスに基づいた乳癌治療が選択される
  • 全てのがん患者が自分の病気とその予後予測についての十分な情報を得る
  • Effective, appropriate evidence-based breast cancer treatment can be selected based on tumor characteristics
  • All patients with cancer can be fully informed about their disease and receive an accurate prediction of the outcome
指導教官 Mentor
Aysegul A. Sahin, MD
研修報告書(PDF)
看護師:藤原 登茂 名前藤原 登茂
Tomo Fujiwara
職業看護師
Nurse
勤務先聖路加国際大学大学院 看護学研究科
St.Luke's International University、Graduate School
研修を経て創出した Mission
がんと生殖に関する患者ケアとQOLを向上させるため、EBMに基づく教育と基礎知識を発展させ、妊孕性の問題意識を高めるための看護プログラムの開発を行う。
Developing an Oncology Infertility nursing program to promote awareness of infertility issues by improving education and knowledge base through the use of EBM in order to improve patient care and QOL.
研修を経て創出した Vision
全てのがん患者が妊孕性の問題に関して自由に選択でき、がん治療中も妊孕性に関するサポートを得られる社会の構築。
To create a society in which cancer patients has a freedom of choice for their infertility issues and has the support related to fertility during their cancer treatment.
指導教官 Mentor
Nicholas Szewczyk, RN, MSN, NP-C
研修報告書(PDF)
看護師:山上 睦実 名前山上 睦実
Mutsumi Yamagami
職業看護師
Nurse
勤務先東京大学大学院 医学系研究科
Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
研修を経て創出した Mission
教育と研究を通じて患者に最適な放射線治療を提供する。
To deliver the optimal radiation therapy to patients through education and research.
研修を経て創出した Vision
エビデンスに基づいたケアを提供するハイパフォーマンスな看護環境をつくり、革新的な放射線治療看護研究を促進する。
To create a high performing radiation nursing culture that delivers evidence based care and promote innovation in radiation oncology nursing research.
指導教官 Mentor
Theresa Johnson, BSN, RN, CBCN
H. T Carisa Le-Petross, MD, F.R.C.P.C., F.B.S.I.
研修報告書(PDF)
薬剤師:島 久美子 名前島 久美子
Kumiko Shima
職業薬剤師
Pharmacist
勤務先学校法人北里研究所 北里大学医学部
Kitasato University School of Medicine
研修を経て創出した Mission
時代の変化に対応できる次世代リーダーの育成を通して、永続的に患者がEBMに基づいた治療を受けられる社会をつくるために貢献する。
Develop a sustainable society which patients can continuously receive an evidence based care through creating next generation healthcare provider leaders.
研修を経て創出した Vision
医療関係者のリーダーシップ育成を通して、以下の実現に貢献する。
  • 急性期・回復期・在宅など様々な機能の医療職および介護職と協働することによりシームレスなケアを提供
  • 効率的で質の高い医療提供
  • 患者の治療に対する主体的な姿勢を引き出す
  • 個々の医療者が疲弊しきらず輝け、それぞれの夢に向かって自己実現ができるような環境をつくる
To build a diverse multidisciplinary team, which will provide seamless and effective care for patients with efficient operations, empowering a patient to be a part of his/her care team, preventing healthcare professionals from burn-out or compassion fatigue, and supporting healthcare professionals’ career development, based on the leadership development for the healthcare providers.
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, Pharm D
Janis A. Yadiny, MLS
研修報告書(PDF)
薬剤師:松本 奈都美 名前松本 奈都美
Natsumi Matsumoto
職業薬剤師
Pharmacist
勤務先聖マリアンナ医科大学病院
St. Marianna University School of Medicine
研修を経て創出した Mission
薬剤師として個々の患者に最適な医療や情報を提供する。
To offer medical care and information best suitable for individual patients as a pharmacist.
研修を経て創出した Vision
癌に対する不安や恐れのない社会の実現。
To create the society in which people don’t have anxiety and fear for cancer.
指導教官 Mentor
Neelam K. Patel, Pharm D, BCOP
Katherine Tipton Patel, Pharm D, BCOP
研修報告書(PDF)

2015年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (September 17 - October 24, 2015)
※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:近藤 千紘 名前近藤 千紘Chihiro Kondoh 職業医師
Physician
勤務先名古屋第一赤十字病院化学療法内科
Nagoya Daiichi Red Cross Hospital
研修を経て創出した Mission
  1. 膀胱癌の化学療法と免疫療法の分野で日本の腫瘍内科医のなかで第一人者になる
  2. 日本の基礎研究者が開発した薬剤のうち新しく期待できる治療薬があれば、それを製品化するのを助けるためのヒトを対象とした臨床試験を推進できる人間になる
  3. 膀胱癌患者に世界標準の治療が可能となるよう日本の腫瘍内科医の知識と技術を高める
  1. Become a leader of genitourinary medical oncology in Japan at the area of bladder cancer chemotherapy and immunotherapy.
  2. Become a clinician to help the new promising compounds developed by Japanese basic researcher to promote to human clinical trials.
  3. Brush up the Japanese medical oncologists’ knowledge and skills to treat advanced bladder cancer patients that they can perform the international evidence-based chemotherapy.
研修を経て創出した Vision
日本の膀胱癌患者が世界規準で最も効果が高い治療を選択できる世の中をつくる
Create the environment for bladder cancer patients in Japan that let them choose the most effective cancer therapy in the world.
指導教官 Mentor
Naoto T. Ueno, MD, PhD, FACP
Bora Lim, MD
研修報告書(PDF)
医師:陶山 久司 名前陶山 久司Hisashi Suyama 職業医師
Physician
勤務先鳥取大学病院
Tottori University Hospital
研修を経て創出した Mission
私のミッションは免疫チェックポイント阻害薬や細胞療法を用いて肺癌を治すことです。このような治療戦略により肺癌の治療アルゴリズムに変化をもたらすと考えます。
My mission is to cure lung cancer using immune checkpoint blocker and cell therapy, which will result in change of the treatment algorithm for lung cancer.
研修を経て創出した Vision
私のビジョンは免疫療法による新しい治療戦略を開発し肺癌患者の生存率を改善することです。
My vision is to improve survival rate among lung cancer patients through inventing a new therapeutic strategy by innovative immunotherapy.
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSC(Hon.)
Gildy V. Babiera, MD, FACS
研修報告書(PDF)
看護師:市成 陽子 名前市成 陽子Yoko Ichinari 職業看護師
Nurse
勤務先岐阜大学医学部附属病院
Gifu University Hospital
研修を経て創出した Mission
外来化学療法患者に対して、看護師が十分な知識と高い技術をもって統一された看護支援を提供すると同時に、チーム医療を展開できるよう、教育システムを構築する。
Making the system to educate the nurse to provide proper nursing with enough knowledge and high standard for outpatient who take chemotherapy, and to educate multidisciplinary team care.
研修を経て創出した Vision
がん化学療法看護を発展させることにより、化学療法を受ける患者がQOLを低下させることなく、安心、安全に化学療法を受け、患者が望む場所で生活できる社会を作る
I will create the society that outpatients who take cancer chemotherapy can live comfortably and safely at where they want to be, and improve QOL by cancer chemotherapy nursing.
指導教官 Mentor
Nicholas Szewczyk, RN, MSN, NP-C
研修報告書(PDF)
看護師:藤澤 陽子 名前藤澤 陽子Yoko Fujisawa 職業看護師
Nurse
勤務先千葉大学医学部附属病院
Chiba University Hospital
研修を経て創出した Mission
がんに罹患した若い人々とそのケア提供者に対して、コミュニケーション、教育、研究を通してエンパワーする。
My mission is empowering young adult cancer survivors and their caregivers through communication, education and research.
研修を経て創出した Vision
若いがんサバイバーたちが自立して過ごせるような社会をつくる。
My vision is to create a society with young adult cancer survivors who have autonomy in their lives.
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, PhD, APRN, AOCN
Theresa Johnson, BSN, RN, CBCN
研修報告書(PDF)
薬剤師:江面 美緒 名前江面 美緒Mio Ezura 職業薬剤師
Pharmacist
勤務先新潟大学医歯学総合病院
Niigata University Medical and Dental Hospital
研修を経て創出した Mission
組織的な教育プログラムを通して、化学療法の副作用を最小限かつ、効果を最大限に引き出す高い質の薬物療法を提供するがん薬物療法のスペシャリストを育て発展させる。
My mission is to establish and develop a group of clinical oncology pharmacists, through a systematic residency program, who will provide high quality pharmacy care to improve therapeutic effects while minimizing side effects of chemotherapy.
研修を経て創出した Vision
血液疾患の患者さんが、治療前と全く変わらずにQOLを保ち、かつ不安や苦痛を伴わない世界最高の薬物療法を提供できるような環境を創る。
My vision is to have an environment that provides chemotherapy and supportive care with no pain, or fear while maintaining QOL for patients and their families with hematologic malignancies by delivering the world's best clinical pharmacy care.
指導教官 Mentor
Dina K. Patel, Pharm D, BCOP
Jeffrey C. Bryan, Pharm D
研修報告書(PDF)
薬剤師:森田 一 名前森田 一Hajime Morita 職業薬剤師
Pharmacist
勤務先聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
St. Marianna University Yokohama City Seibu Hospital
研修を経て創出した Mission
病院内外の医療者で高機能なチームを形成し、臨床薬剤師として臨床、研究、教育を通して薬物治療においてリーダーシップを発揮して、すべてのがん患者にエビデンスに基づくファーマシューティカルケアを提供する。
I will create a high performing team with members in and out of my hospital and play a leadership in the field of drug therapy as a clinical pharmacist thorough clinical practice, research and education, and then provide pharmaceutical care based on evidence for all cancer patients.
研修を経て創出した Vision
院内にとどまらず地域薬局や患者会とも連携して治療に対して切れ目ないサポートシステムを構築することにより、全てのがん患者とその家族が治療に伴う不安や苦痛を感じることなく治療を継続できる社会の実現。
A seamless system of patient care delivered by both medical staffs, community pharmacists, and patient advocates leads to the society that all patients with cancer and their family could received their treatment without any suffering and anxiety.
指導教官 Mentor
Neelam K. Patel, Pharm D, BCOP
Katherine Tipton Patel, Pharm D, BCOP
研修報告書(PDF)

2014年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 17 - May 24, 2014)
※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:佐々木裕哉 名前 佐々木 裕哉 Yuya Sasaki 職業 医師
勤務先 久留米大学病院
研修を経て創出した Mission
私のミッションは iPS細胞のような人工的な細胞を利用した造血幹細胞移植ができる技術を構築することです。この技術の利点は、ドナー由来造血幹細胞 (骨髄液、末梢血幹細胞、臍帯血) を必要とせず、また、HLA の適合についてきちんと調整することで、ハイリスクの GVHD (移植片対宿主病) を回避できる可能性があることです。これが私の究極の目標です。
研修を経て創出した Vision
血液がん患者さんが高いQOL を維持しながら長生きできる世界の実現-人工的血液幹細胞の使用による移植方法の樹立-
指導教官 Mentor
Aysegul A Sahin, MD
Janis A. Yadiny, MLS
研修報告書(PDF)
医師:下村昭彦 名前 下村 昭彦 Akihiko Shimomura 職業 医師
勤務先 国立がん研究センター中央病院
研修を経て創出した Mission
日本において、患者さんが副作用に悩まされることのない新規分子標的薬の開発を通じて、乳癌を根絶する。
研修を経て創出した Vision
化学療法なしに乳癌を治癒出来る世界を作る。
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
研修報告書(PDF)
看護師:江藤美和子 名前 江藤 美和子 Miwako Eto 職業 看護師
勤務先 社会医療法人生長会ベルランド総合病院
研修を経て創出した Mission
病院と周辺コミュニティにおいて、エビデンスに基づいた緩和ケアシステムを構築する。
研修を経て創出した Vision
シームレスな多職種による緩和ケアシステムを通じて、全ての進行がん患者と家族に安楽と安心を提供する環境を創出する。
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, RN, MS, AOCN
研修報告書(PDF)
看護師:若杉歩 名前 若杉 歩 Ayumi Wakasugi 職業 看護師
勤務先 千葉大学大学院看護学研究科附属看護実践研究指導センター
研修を経て創出した Mission
看護実践の場で生き生きと働く看護師で日本を満たすことで、我々看護師のケアを通して、がん患者さんとそのご家族が誇りを失わずに生活できる社会を創造する
研修を経て創出した Vision
自律した教育研究者として、がん患者さんとそのご家族、チーム医療に貢献できる高い能力を有する看護師を看護基礎教育から継続的に育成し、臨床実践の場で有用な研究の実践を通して、教育−研究−実践をつなぐ架け橋となる
指導教官 Mentor
Nicholas Szewczyk, RN, MSN,NP-C
研修報告書(PDF)
薬剤師:藤田行代志 名前 藤田 行代志 Yukiyoshi Fujita 職業 薬剤師
勤務先 群馬県立がんセンター
研修を経て創出した Mission
高機能なチーム医療による優れた支持療法と医薬品の適正使用を通じて、がん治療における副作用を軽減するとともに、治療効果を改善する
研修を経て創出した Vision
それぞれの患者にとって最高の個別化医療を提供する事によって、がん治療に関する患者の苦しみをなくす
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
研修報告書(PDF)
薬剤師:山田摩耶 名前 山田 摩耶 Maya Yamada 職業 薬剤師
勤務先 岐阜大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
環境の改革による薬剤師のモチベーションアップを行い、コミュニケーション、リーダーシップの概念を広めるとともに、日本での薬剤師の職能拡張に貢献する。
研修を経て創出した Vision
薬学的知識とコミュニケーション能力、リーダーシップ力を兼ね備えた薬剤師が増え、チーム医療に積極的にapproachすることで 患者と薬剤師がともに自らの人生をEnjoyできるような世界の創設。
指導教官 Mentor
Neelam Patel, PharmD, BCOP
Dina K. Patel, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)

2013年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 22 - May 24, 2013)
◎ The 11th JME Program 2013(全体報告書)
※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:小島 康幸 名前 小島 康幸 Yasuyuki Kojima 職業 医師
勤務先 聖マリアンナ医科大学 外科学 乳腺・内分泌外科
研修を経て創出した Mission
治療の有効性の向上と副作用の軽減を追求し、人々の協力を得ながらエビデンスに基づいた方法で、患者さんやがんサバイバー目線から見ても、がんサバイバーが満足して過ごすことを支援できるプログラムを実現する。
研修を経て創出した Vision
がんに打ち勝ち、住んでいる社会において様々な必要なケアを提供することで、がんサバイバーの全ての希望が実現できるチームを率いる。
指導教官 Mentor
Naoto T. Ueno, MD, PhD, FACP
Hiroko Bando, MD, PhD
研修報告書(PDF)
医師:ノル シャズリナ ビンティ スライマン 名前 ノル シャズリナ ビンティ スライマン
Nor Shazrina Binti Sulaiman
職業 医師
勤務先 神戸大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
新規で、安全かつ有効な放射線治療を提供すること。
他科と協力して、エビデンスベースと患者中心の臨床、教育とリサーチとを行い、最先端の放射線治療をがん患者に平等に届けること。
研修を経て創出した Vision
高精度放射線治療による低侵襲かつ患者に優しいがん治療を全世界に提供するドリームチームのリーダーになること。
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
Zhongxing Liao, MD
Toru Mukohara, MD, DMedSci
研修報告書(PDF)
看護師:大内 紗也子 名前 大内 紗也子 Sayako Ouchi 職業 看護師
勤務先 京都大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
血液疾患と闘うすべての人に緩和ケアを。
研修を経て創出した Vision
  • 血液腫瘍内科病棟においてエクセレントな医療及び看護ケアを提供する。
  • エクセレントな看護ケアの質を保つために看護学生および看護師を対象とした教育システムを構築する。
指導教官 Mentor
Nicholas Szewczyk, RN, MSN,
NP-C
Yoshiko Taguchi, RN, MSN, CNS
研修報告書(PDF)
看護師:苅谷 三月 名前 苅谷 三月 Mitsuki Kariya 職業 看護師
勤務先 岐阜大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
  1. 全ての医療者が患者のQOLをサポートできる。
  2. 根拠に基づいた緩和ケアの提供を行う。
研修を経て創出した Vision
緩和医療チーム活動を通じて、全てのがん患者がよりよく生きられるようにリードする。
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, RN, MS, AOCN
Masayo Nogi, RN, MSN
研修報告書(PDF)
薬剤師:下雅意 彩 名前 下雅意 彩 Aya Shimogai 職業 薬剤師
勤務先 済生会兵庫県病院
研修を経て創出した Mission
多職種連携チームを創り、その一員としてエビデンスに基づいた最適な支持療法を実践し地域に繋げることにより、入院から在宅までどの段階でも切れ目ない薬学管理を提供します。
研修を経て創出した Vision
すべてのがん患者に対して、がんの痛みや化学療法に関する苦痛から解放し地域全体で支える最適な薬学的管理を提供する。
指導教官 Mentor
Dina K. Patel, PharmD, BCOP
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
Hiroshi Ueda, BCOPS
研修報告書(PDF)
薬剤師:宮道 二葉 名前 宮道 二葉 Futaba Miyaji 職業 薬剤師
勤務先 北里大学病院
研修を経て創出した Mission
  • 病院と地域薬局の間にある患者情報の欠落・コミュニケーションの欠落を埋める。
  • 地域多職種連携チームを作り患者に最適なケアを提供する。
研修を経て創出した Vision
地域薬局でがんの予防・患者教育を含めた新しいヘルスサービスを提供し地域住民が心から頼れる薬局を作る。
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
Katherine Tipton, PharmD, BCOP
Hironobu Hashimoto, BCOPS
研修報告書(PDF)

2012年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 23 - May 25, 2012)
◎ The 10th JME Program 2012(全体報告書)
※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:坂東 裕子 名前 坂東 裕子 Hiroko Bando 職業 医師
勤務先 筑波大学 医学医療系 乳腺甲状腺内分泌外科
研修を経て創出した Mission
乳癌診療の専門家として、医療者、非医療者を含め多職種が協力して実践する地域のすみずみまで行きとどいたチーム診療の実現に邁進する。
研修を経て創出した Vision
乳癌患者、サバイバー、その家族が幸福で希望に満ちていられるように、サイエンスに真心をこめて、日本の地域のすみずみまで環境整備を行う。
指導教官 Mentor
Barry W. Feig, MD, FACS
Paul F. Mansfield, MD, FACS
研修報告書(PDF)
医師:宮本 京介 名前 宮本 京介 Keisuke Miyamoto 職業 医師
勤務先 東京都済生会中央病院
研修を経て創出した Mission
リサーチマインドをもった臨床家として、全ての肺がん患者さんから痛み、苦しみ、恐れを解放する。
研修を経て創出した Vision
総合診療・感染症のスキルを活かした腫瘍内科医として、チーム医療の実践、教育、研究を通して、がん患者さんが感染症に煩わされない世界を創り出す。
指導教官 Mentor
Zhongxing Liao, MD
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
研修報告書(PDF)
看護師:千葉 育子 名前 千葉 育子 Ikuko Chiba 職業 看護師
勤務先 国立がん研究センター東病院
研修を経て創出した Mission
化学療法によって生じた困難を抱える患者(サバイバー)ケアに関するエビデンスを作り、発信する。
研修を経て創出した Vision
化学療法によって生じた困難を抱える全てのがん患者(サバイバー)を救うためにがん看護を発展させる。
指導教官 Mentor
Christi Bowe, MSN, NP-C
Joyce L. Neumann, RN, MS, AOCN
研修報告書(PDF)
看護師:M嶋 夕子 名前 M嶋 夕子 Yuko Hamajima 職業 看護師
勤務先 東京医科大学病院
研修を経て創出した Mission
看護の専門性を発揮した患者教育や意思決定支援を行い、また患者さんのよき代弁者となれるよう、看護のボトムアップに努める。
研修を経て創出した Vision
看護師による患者中心の教育を通じ、全ての患者さんのヘルスケアリテラシーを高めて、満足して意思決定、治療を受けることができるがん医療を構築する。
指導教官 Mentor
Nicholas A. Szewczyk, RN, MSN, NP-C
Joyce L. Neumann, RN, MS, AOCN
研修報告書(PDF)
薬剤師:山口 徹郎 名前 山口 徹郎 Tetsurou Yamaguchi 職業 薬剤師
勤務先 神戸大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
多職種連携のチームを構築し、入院と外来のがん治療のシームレス化を図ることで、研究や個別化治療、患者サポートの最適化などの薬学的管理を提供すること。
研修を経て創出した Vision
がん薬物療法のスペシャリストとして、副作用に起因する治療脱落をなくす環境を提供すること。
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
Katherine Tipton, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)
薬剤師:横田 真里 名前 横田 真里 Mari Yokota 職業 薬剤師
勤務先 聖マリアンナ医科大学病院
研修を経て創出した Mission
薬物療法やがん治療に関する知識や能力を高めることにより、エビデンスに基づいた医療を多職種チームで作り、実践する。
研修を経て創出した Vision
すべてのがん患者に対して、QOLを改善できるベストな薬物治療を提供することで患者を満足させる。
指導教官 Mentor
Dina K. Patel, PharmD, BCOP
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)

2011年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 25 - May 27, 2011)
◎ The 9th JME Program 2011(全体報告書)
※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:豊田 昌徳 名前 豊田 昌徳 Masanori Toyoda 職業 医師
勤務先 神戸大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
  1. 大腸がんの知識を追求し、臨床試験や地域活動を通じて、大腸がんの死亡減少に貢献する。
  2. 多職種の連携によって、がん患者さんとその介護者に最良のサポートを提供する。
  3. チーム内からコミュニケーションを改善し、健全なコミュニケーションを広めていく。
研修を経て創出した Vision
みんなが大腸がんについてよく知っており、がん患者さんがいきいきと生活できるような社会を創る。
指導教官 Mentor
Barry W. Feig, MD, BA, BS
研修報告書(PDF)
医師:三浦 裕司 名前 三浦 裕司 Yuji Miura 職業 医師
勤務先 虎の門病院
研修を経て創出した Mission
腎がんを持つ人々が平和な生活を送れるような、革新的な治療を開発する。
研修を経て創出した Vision
人間的な温かさと科学的な根拠を兼ね備えた、チーム医療による適切かつ優れた治療を提供する事によって、腎がんに関わるあらゆる苦悩から人々を解放する事。
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
研修報告書(PDF)
看護師:帶刀 朋代 名前 帶刀 朋代 Tomoyo Taito 職業 看護師
勤務先 東京医科大学病院
研修を経て創出した Mission
私は、学習の継続とEBMの実践によって、泌尿器がん患者に対する質の高いケアを実践するモデルとなります。
研修を経て創出した Vision
私は、泌尿器がん患者を差別も偏見もなく受け入れ最小の制限と生活の質が保たれる社会を作りたい。
指導教官 Mentor
Nicholas A. Szewczyk,RN, MSN, NP-C
研修報告書(PDF)
看護師:中田 登紀江 名前 中田 登紀江 Tokie Nakata 職業 看護師
勤務先 神戸大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
私は医療倫理について高度なチーム医療を実践するがん医療のモデル病棟を創ります。
研修を経て創出した Vision
私はがん患者が倫理的に擁護された医療環境を創ることに貢献します。
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, MS, BSN, AOCN
研修報告書(PDF)
薬剤師:河添 仁 名前 河添 仁 Hitoshi Kawazoe 職業 薬剤師
勤務先 愛媛大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
  1. 患者中心のチーム医療、合意形成を通して、エビデンスに基づいた標準治療、最良と考えられる支持療法を提供する。
  2. 「コミュニケーション技術」と「リーダーシップ」を学び、教育プログラムとして分かりやすく薬学生に提供する。
  3. 多施設共同臨床試験に携わり、医療ニーズに応える有効な支持療法を確立する。
研修を経て創出した Vision
チーム医療、合意形成を通して、最良と考えられる薬物療法を処方できるよう薬剤師の役割を拡張し、患者のためにより良い満足を保証する。
指導教官 Mentor
Dina K. Patel, PharmD, BCOP
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)
薬剤師:橋口 宏司 名前 橋口 宏司 Koji Hashiguchi 職業 薬剤師
勤務先 横浜南共済病院
研修を経て創出した Mission
私の使命はチームで協力し副作用と症状をコントロールする事と、患者と家族に正しい情報を提供する事です。
研修を経て創出した Vision
症状コントロールとメンタルサポートを行う事でがん医療における薬剤師の役割を確立し、チームで協力しがん患者と家族のQOLを維持する。
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
Katherine Tipton, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)

2010年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 26 - May 28, 2010)

◎ The 8th JME Program 2010(全体報告書)

※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:朝倉 義崇 名前 朝倉 義崇 Yoshitaka Asakura 職業 医師
勤務先 国立がん研究センター中央病院
研修を経て創出した Mission
  • リンパ腫に対する標準治療を、特に幹細胞移植の領域において、確立すること。
  • がん診療において、チーム医療・ケア(multidisciplinary
    care)を広めること。
  • 日本において、がん患者さんのサバイバーシッププログラムを造り上げること。
研修を経て創出した Vision
がん患者さんをその苦しみから解放すること。
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
研修報告書(PDF)
医師:中川 智恵 名前 中川 智恵 Tomoe Nakagawa 職業 医師
勤務先 順天堂大学医学部附属 順天堂医院
研修を経て創出した Mission
私のMissionは、新しい知見を生み出す情熱と好奇心と忍耐を兼ね備えた科学者になることです。
研修を経て創出した Vision
私のVisionは、がん予防とがんに対する非侵襲的で圧倒的な効果を持つ治療法を確立することです。
指導教官 Mentor
Barry W. Feig, MD, BA, BS
研修報告書(PDF)
看護師:古賀 範子 名前 古賀 範子 Noriko Koga 職業 看護師
勤務先 国立がん研究センター中央病院
研修を経て創出した Mission
  • 患者さんも含めたすべてのチームメンバーが目標を共有し、互いに働きかけながら目標に向かって活動する集学的チーム医療を推進していきます。
  • 集学的チーム医療における看護師の役割を社会全体に広めていきます。
  • 科学的根拠のある看護実践を支援するために、看護研究がさらに発展するよう看護師へ働きかけていきます。
研修を経て創出した Vision
  • がんを体験した全てのサバイバーが、自ら意思決定し納得した生活を送れ、自らの人生に希望を持ち続けられる社会をつくります。
  • サバイバーが自らの能力を高め日常生活を送るための支援システムを構築し、社会へ普及させていきます。
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, MS, BSN
研修報告書(PDF)
看護師:高橋 智子 名前 高橋 智子 Satoko Takahashi 職業 看護師
勤務先 順天堂大学医学部附属 順天堂医院
研修を経て創出した Mission
私は看護師のコミュニケーション能力を評価する専門家となり、日本の看護師にコミュニケーションスキルについて教育する。
研修を経て創出した Vision
私は一般看護と看護師のコミュニケーションスキルの分野で専門家になる。
指導教官 Mentor
Nicholas A. Szewczyk,RN, MSN, NP-C
研修報告書(PDF)
薬剤師:橋本 亜衣子 名前 橋本 亜衣子 Aiko Hashimoto 職業 薬剤師
勤務先 国立がん研究センター中央病院
研修を経て創出した Mission
  1. チーム医療に参加する他職種との協力関係を強化する。
  2. チーム医療におけるヒエラルキーを取り除き、薬物療法においてリーダーシップを発揮する。
  3. 後輩薬剤師や薬学部生に臨床薬学の指導を行うことで、チーム医療の推進を図る。
  4. 医療コミュニケーションを評価する方法を学び、医療に関する情報を分かりやすく、正しく伝える。
研修を経て創出した Vision
チーム医療における薬剤師の役割を確立し、分かりやすく安全な治療を提供する。
指導教官 Mentor
Dina K. Patel, PharmD, BCOP
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)
薬剤師:閔 貴善 名前 閔 貴善 Kuiseon Min 職業 薬剤師
勤務先 順天堂大学医学部附属 練馬病院
研修を経て創出した Mission
患者にとって、化学療法をより簡便で副作用の少ない受けやすいものにしていくため、現行の化学療法をより簡便化するような臨床試験に携わり、また、副作用の早期発見→早期治療のためのシステム作りをする。
研修を経て創出した Vision
病気としての「がん」をレベルダウンする。たとえば、風邪のように身近で、予防もできて罹患しても簡単に治せるようなものにレベルダウンする。
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)

2009年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 6 - May 8, 2009)

◎ The 7th JME Program 2009(全体報告書)

※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:三輪 教子 名前 三輪 教子 Noriko Miwa 職業 医師
勤務先 市立西脇病院
研修を経て創出した Mission
再発乳がんの専門家になって、乳がんの再発のしくみを明らかにし、再発のない治療法および再発患者さんの治療法を確立し、患者さんを含めたチーム医療でこれを実践する。
研修を経て創出した Vision
世界中の女性のよりよい人生のために、すべての乳がんの再発をなくし、すべての乳がん再発患者を治癒させる。
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
研修報告書(PDF)
医師:向原 徹 名前 向原 徹 Toru Mukohara 職業 医師
勤務先 神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター
研修を経て創出した Mission
私のミッションは、がんに対するエビデンスに基づいたチーム医療を実践・伝承する最高の医師・教師になることであり、患者と他の医療者に放散する喜びと高潔をもってこれに臨む。さらに、分子情報に基づく個別化がん治療を患者に提供すべく、世界をリードする臨床家科学者になる。
研修を経て創出した Vision
私は日本におけるがんのケアとトランスレーショナルサイエンスを世界最高レベルにする。
指導教官 Mentor
Paul F. Mansfield, MD, FACS
研修報告書(PDF)
看護師:野木 雅代 名前 野木 雅代 Masayo Nogi 職業 看護師
勤務先 東京医科大学病院
研修を経て創出した Mission
看護師のキャリア向上のためのプロモーション活動を、チームや施設内だけでなく、国民全体へ示していきます。そして、看護師満足度の向上と専門性の拡大を目指します。
研修を経て創出した Vision
すべての看護師がプロ意識を持ち、科学的根拠に基づきながら看護を行えるようにします。また、向上心を持って働くことが、スタッフ満足度へつながり、後には患者満足度へつながると考えます。
指導教官 Mentor
Nicholas A. Szewczyk,RN, MSN, NP-C
研修報告書(PDF)
看護師:山口 眞由美 名前 山口 眞由美 Mayumi Yamaguchi 職業 看護師
勤務先 広島大学病院
研修を経て創出した Mission
私は乳がん患者のQOL向上のためのサポートプログラムを開発します。
研修を経て創出した Vision
乳がん患者のQOLと満足度の向上のために看護の質を向上します。
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, MS, BSN
研修報告書(PDF)
薬剤師:飯原 大稔 名前 飯原 大稔 Hitoshi Iihara 職業 薬剤師
勤務先 岐阜大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
科学的根拠に基づいた有害事象のない薬物療法および有害事象をコントロールするための支持療法の確立をめざし臨床研究を実施する。
薬物療法の効果と副作用を観察するための患者の診察方法と、患者に適切な薬物療法を提供するための技術を修得する。また、後進の育成に努める。
研修を経て創出した Vision
患者の生存、満足度、そして生活の質を向上させるために、有害事象のない薬物療法を提供する。また、薬剤師が患者を診察することにより、より良い薬物療法の提供に貢献する。
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
研修報告書(PDF)
薬剤師:石塚 雅子 名前 石塚 雅子 Masako Ishizuka 職業 薬剤師
勤務先 名古屋大学医学部附属病院
研修を経て創出した Mission
エビデンスを生み出すべく研究に傾倒し、薬学への専門性を深めることにより、理想の患者ケアを実現する。
研修を経て創出した Vision
研究者として専門性を深め、他の医療者とパートナーシップを築くことにより、患者により良い医療を提供する。
指導教官 Mentor
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)

2008年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告

Japanese Medical Exchange Program (April 21 - May 23, 2008)

◎ The 6th JME Program 2008(全体報告書)

※写真は、各自が選んだ研修時のベストショットです。
医師:杉山 直子 名前 杉山 直子 Naoko Sugiyama 職業 医師
勤務先 北里大学病院
研修を経て創出した Mission
最高の医療を提供するために必要な知識や心構えを、医療者、患者さん、および社会へ教育することによって、集学的チーム医療の育成に尽力します。
研修を経て創出した Vision
若い医療者および研究者が、彼らのミッションとビジョンを達成するのを手助けできるような、良いメンターになりたい。
指導教官 Mentor
Barry W. Feig, MD, FACS
研修報告書(PDF)
医師:高島 淳生 名前 高島 淳生 Atsuo Takashima 職業 医師
勤務先 国立がんセンター中央病院
研修を経て創出した Mission
転移性胃がんの患者さんの生活の質(QOL)を高く保ちながら、生存期間を延ばすために、新たな臨床試験を創り実施する。
研修を経て創出した Vision
質の高い臨床試験によって、転移性胃がんの世界的な新標準治療を創る。
指導教官 Mentor
Richard L. Theriault, DO, MBA, DSc(Hon.)
研修報告書(PDF)
看護師:北山 さゆり 名前 北山 さゆり Sayuri Kitayama 職業 看護師
勤務先 姫路赤十字病院
研修を経て創出した Mission
がん治療を受けている患者さんに対し、症状マネジメントへの満足度を高めるよう努力する。そして活動の評価をするため、患者さんの症状が軽減したかどうか等の調査を行う。
研修を経て創出した Vision
  1. 患者さんへケアを提供する。
  2. 患者さんへQOL向上のため、治療を行っている間のセルフケアと症状マネジメントに関しての教育を行う。
  3. 他の看護師さんに、患者のQOLを考えた時、症状マネジメント、セルフケアの重要性、そしてそれに対するアプローチの方法について伝える。
  4. チーム医療の中での役割を果たしていく。
  5. 患者さんが医療の中心的役割を果たせるようになるまであきらめない。
指導教官 Mentor
Joyce L. Neumann, MS, BSN
研修報告書(PDF)
看護師:佐藤 仁美 名前 佐藤 仁美 Hitomi Sato 職業 看護師
勤務先 青森県立保健大学
研修を経て創出した Mission
すべての患者さんが満足できる科学的根拠のある看護を提供します。
研修を経て創出した Vision
患者さんに質の高い根拠に基づく最善の看護技術を実践することによって安全な看護を提供します。
指導教官 Mentor
Terri S. Armstrong, DSN,APRN,BC
研修報告書(PDF)
薬剤師:大里 洋一 名前 大里 洋一 Yoichi Osato 職業 薬剤師
勤務先 東京医科大学病院
研修を経て創出した Mission
自分に関係するすべての人の才能を開花させる。
研修を経て創出した Vision
薬学的な知識と技術と情熱で人々に夢と希望を与える世界一ファンタスティックな薬剤師になる。
指導教官 Mentor
Jeffrey C. Bryan, PharmD
研修報告書(PDF)
薬剤師:橋本 浩伸 名前 橋本 浩伸 Hironobu Hashimoto 職業 薬剤師
勤務先 国立がんセンター中央病院
研修を経て創出した Mission
私は、がん患者さんのためにより効果的で総合的な支持療法を確立したいと思います。
研修を経て創出した Vision
私は、より効果のある支持療法を確立することでより快適ながん治療を提供したいと思います。
指導教官 Mentor
Hillary A. Prescott, PharmD, BCOP
研修報告書(PDF)

2007年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告書

Japanese Medical Exchange Program (April 9 - June 1, 2007)
◎ The 5th JME Program 2007(全体報告書)
医師:齊藤 光江 (順天堂大学医学部附属 順天堂医院)
医師:佐々木 英二 (半田市立半田病院)
看護師:奥出 有香子 (順天堂大学医学部附属 順天堂医院)
看護師:田口 賀子 (大阪府立成人病センター)
薬剤師:浦川 龍太 (公立学校共済組合近畿中央病院)
薬剤師:田嶋 美幸 (順天堂大学医学部附属 順天堂医院)

2006年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告書

Japanese Medical Exchange Program (April 3 - May 26, 2006)
◎ The 4th JME Program 2006(全体報告書)
医師:中嶋 早苗 (村上記念病院)
医師:村上 茂 (広島大学原爆放射線医科学研究所)
看護師:名和(高木) 万利子 (聖路加国際病院)
看護師:古屋 由加 (広島大学病院)
薬剤師:磯 朝枝 (栃木県立がんセンター)
薬剤師:佐藤 由美子 (名古屋市立城北病院)

2005年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告書

Japanese Medical Exchange Program (April 23 - June 17, 2005)
◎ The 3rd JME Program 2005(全体報告書)
医師:柏葉 匡寛 (岩手医科大学)
医師:中山 貴寛 (市立堺病院)
看護師:井沢 知子 (兵庫県立成人病センター)
看護師:佐保 邦枝 (聖路加国際病院)
薬剤師:上田 宏 (市立伊丹病院)
薬剤師:岡野 愛子 (高松赤十字病院)

2004年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告書

Japanese Medical Exchange Program (April 16 - June 4, 2004)
医師:松岡 順治 (岡山大学医学部)
看護師:細川 恵子 (聖路加国際病院)
看護師:森 恵子 (岡山大学医学部)
薬剤師:信濃 裕美 (聖路加国際病院)
薬剤師:日野(中村) 美波理 (岡山大学医学部)

2003年度 MDアンダーソンがんセンター研修報告書

Japanese Medical Exchange Program (April 7 - May 30, 2003)
◎ The 1st JME Program 2003(全体報告書)
医師:青儀 健二郎 (国立病院四国がんセンター)
医師:金 隆史 (広島大学原爆放射線医科学研究所)
医師:佐治 重衡 (東京都立駒込病院)
医師:清水 千佳子 (国立がんセンター中央病院)
看護師:垣本 看子 (国立がんセンター中央病院)
薬剤師:奥山 裕美 (東京都立駒込病院)


*PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader(日本語版)」が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。




▲TOP
  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center