TEAM ONCOLOGY SEMINAR

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


地域に根差したチームオンコロジーセミナー2015〜“顔が見える”チームで行う全人的地域連携〜

セミナーは終了しました

概要
日時 2015年3月7日(土)〜8日(日) 1泊2日
会場 松山大学薬学部講義室 (松山大学へのアクセス
〒790-8578 愛媛県松山市文京町4-2

(詳細は追ってお知らせ申し上げます)

ゴール チーム医療の概念を施設内から施設外との連携に広げ、地域におけるがん医療のモデルを創る。
コンセプト 本セミナーでは、がん医療に携わる医師、薬剤師、看護師、MSWと在宅医療に携わる医師、保険薬局薬剤師、訪問看護師、ケアマネージャーなどがチームとなって行う在宅医療、地域連携について、参加型セミナーを通し、参加者全員が理解を深め、実践できるための知識とスキルを身につけることを目指します。
実行委員
実行委員長
河添 仁  愛媛大学医学部附属病院 薬剤部(薬剤師)
副委員長
豊田 昌徳  神戸大学医学部附属病院 腫瘍・血液内科
(医師)

実行委員

医師
青儀 健二郎  国立病院機構四国がんセンター
乳腺・内分泌外科
三浦 裕司  虎の門病院 臨床腫瘍科
向原 徹  神戸大学医学部附属病院 腫瘍センター
薬剤師
上田 宏  市立伊丹病院 薬剤部
橋口 宏司  横浜南共済病院 薬剤部
看護師
帶刀 朋代  東京医科大学病院 看護部

※上の各氏のプロフィールはJ-TOPチューター紹介ページをご覧ください。

スーパーバイザー 上野 直人(テキサス大学MDアンダーソンがんセンター 乳腺腫瘍内科教授)
青儀 健二郎 (国立病院機構四国がんセンター 乳腺・内分泌外科)

印刷用にはこちらをご利用ください。案内チラシ(PDF)セミナー案内チラシ

実行委員から参加者のみなさんへ

 「地域に根差したチームオンコロジーセミナー」では、“顔が見える”チームで行う全人的地域連携(がん医療における身体的・心理的・社会的な問題等)をテーマに、がん医療に携わる医師、薬剤師、看護師、MSWと在宅医療に携わる医師、保険薬局薬剤師、訪問看護師、ケアマネージャーなどがチームとなって行う在宅医療、地域連携について、参加型セミナーを通し、参加者全員が理解を深め、実践できるための知識とスキルを身につけることを目指します。

愛媛県は、“がんになってもお互いに支え合い、安心して暮らしていける社会をつくる”ことを決意し、愛媛県がん対策推進条例を制定して、平成22年より取り組んでおります。本セミナーのゴールは「チーム医療の概念を施設内から施設外との連携に広げ、地域におけるがん医療のモデルを創る」です。顔の見える関係を創ること、治療を行っている側と生活を支えている側のお互いの立場を理解することを“仲間”と一緒に共有できるような温かなセミナーとなるよう、みなさまを迎える準備をしています。 ご参加を心よりお待ちしております。

(実行委員一同)

▲ このページのTOPへ