TEAM ONCOLOGY SEMINAR

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
エーザイ株式会社
小野薬品工業株式会社
協和発酵キリン株式会社
シスメックス株式会社
第一三共株式会社
中外製薬株式会社
東レ株式会社
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


地域に根差したチームオンコロジーセミナー2017〜“顔が見える”チームで行う全人的地域連携〜

セミナーの申し込み受付は終了しました

概要
日程 2017年 4月22日(土)〜23日(日) 2日間
会場 ベイシア文化ホールベイシア文化ホールへのアクセス
〒371-0017群馬県前橋市日吉町1-10-1TEL:027-232-1111
ゴール 患者に関わる全ての人々によるチームで、患者中心のがん診療を行うために必要な知識とスキルを多職種で共有し、連携実践の基礎をつくる。
コンセプト がん診療にかかわる医師、薬剤師、看護師、MSW、臨床心理士などと、がんサバイバーがチームとなって行う地域連携について、参加型セミナーを通じて、全員が理解を深め、実践できるようになるための知識とスキルを身につけることを目指します。
実行委員
実行委員長
藤田 行代志群馬県立がんセンター(薬剤師)
副委員長
若杉 歩千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程
(看護師)
森田 一聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(薬剤師)
下村 昭彦国立がん研究センター中央病院(医師)

実行委員

医師
近藤 千紘虎の門病院
佐々木 裕哉久留米大学病院
豊田 昌徳神戸大学医学部附属病院
杉山 直子ジェノミック・ヘルス・ジャパン合同会社
薬剤師
飯原 大稔岐阜大学医学部附属病院
河添 仁愛媛大学医学部附属病院
山田 摩耶元・岐阜大学医学部附属病院
看護師
大内 紗也子京都大学医学部附属病院
佐藤 仁美虎の門病院
藤澤 陽子千葉大学医学部附属病院

※上の各氏のプロフィールはJ-TOPチューター紹介ページをご覧ください。

スーパーバイザー 上野 直人 (テキサス大学MDアンダーソンがんセンター 腫瘍内科教授)
清水 千佳子(国立がん研究センター中央病院 乳腺・腫瘍内科 外来医長)

印刷用にはこちらをご利用ください。案内チラシ(PDF)セミナー案内チラシ

実行委員から参加者のみなさんへ

様々な団体の活動により「チーム医療」は日本においても一般的なものになっております。ただ、「チーム医療」という言葉は多くの方が知っていても、多職種がチームとなることで、お互いの力を引き出し、より厚みのある医療を患者さんに提供する…そんな高機能なチーム医療を実践しているところはまだまだ少数かと思います。

「地域に根差したチームオンコロジーセミナー」では、病院と地域医療における高機能なチーム医療の実現を目指し、そこに至るまでに必要なプロセスを理解していただくことを目的に、「“顔が見える”チームで行う全人的「地域連携」を講演・グループワークを通じて検討していきます。本セミナーで得られる経験は、全国各地域で応用できるものと考えております。

がんの積極的治療を行っている側と地域での生活を支えている側が顔の見える関係のようにお互いを理解し、“仲間”として一緒に協働できるような温かなセミナーとなるよう、皆様を迎える準備をしています。ご参加を心よりお待ちしております。

(実行委員一同)

▲ このページのTOPへ