チームオンコロジーとは

J-TOPチューター紹介

J-TOP Tutors

薬剤師:奥山裕美

奥山 裕美 Hiromi Okuyama

薬剤師

昭和大学病院  Showa University Hospital

患者さんへの治療を考える時、最新の薬物治療と疾患についての知識と理解は欠かすことができません。医療に対して熱意を持って取り組み、他の職種と対話し協力し合っていくことが、最良の医療を提供することにつながると信じています。
薬剤師:山崎 真澄

山崎 真澄 Masumi Yamazaki

薬剤師

癌研究会有明病院 The Cancer Institute Hospital for JFCR

“患者さんの為に自分は薬剤師として、医療人として、いったい何が出来るのであろう?”という大きな疑問と不安を持つようになったのが、私が“チームオンコロジー”を真剣に考えるきっかけでした。ベットサイドで患者さんと向かい合い、治療に積極的に参加するほどぶつかる壁にチームオンコロジーは必須であると思います。
薬剤師:信濃裕美

信濃 裕美 Hiromi Shinano

薬剤師

社団法人 CSPOR-BC CSPOR-BC

チーム医療を始めると・・・医師の治療方針が、看護師の視点が、薬剤師の行動が、SSDの考え方が、少しずつ理解できます。1つのチームで3つも4つも「おいしい知恵」がもらえます。チーム医療の扉を開いてみませんか?そこはわくわくするようなお得な知恵がたくさんあります。
薬剤師:中村美波理

中村 美波理 Bibari Nakamura

薬剤師

元 聖路加国際病院 Former St. Luke's International Hospital

チームオンコロジーに出会い、多くのメンバーから刺激を受けて、たくさんの事を学びました。Mission & Vision、Leadership、Communication、 EBM、Career Developmentなど、重要なキーワードの意味をいつも考え、立ち返ることで、道が開けていくんだと思います。
薬剤師:岡野愛子

岡野 愛子 Aiko Okano

薬剤師

高松赤十字病院 Takamatsu Red Cross Hospital

チームオンコロジーは私にとって“元気の源”です!医療チームの中で薬剤師として患者の治療に真の意味で寄与することの楽しさ、難しさ、すばらしさを教えられました。そしてまた共に頑張る仲間にも出会えました。
薬剤師:上田宏

上田 宏 Hiroshi Ueda

薬剤師

市立伊丹病院 Itami City Hospital

がんチーム医療における薬剤師の役割とは何か?私はチームオンコロジーにその答えを見つけました。理想的ながんチーム医療のあり方と自らの役割拡張を正しく理解することが、がん医療に携わる薬剤師の使命であると考えています。
薬剤師:吉澤朝枝

吉澤 朝枝 Tomoe Yoshizawa

薬剤師

栃木県立がんセンター Tochigi Cancer Center

M.D.アンダーソンがんセンターで2006年5月に受けた研修はチームオンコロジーを知る上で大変貴重な体験となりました。自信と誇りと優しさに満ちたスタッフとの出会いは大切な宝物です。
薬剤師:佐藤由美子

佐藤 由美子 Yumiko Sato

薬剤師

名古屋市立西部医療センター薬剤科 Nagoya City West Medical Center

当院はベッド数500床の総合病院で、がんの専門病院ではありませんが多くのがん患者さんが通院、入院しています。だから、チームオンコロジーが必要です。その実現を目指し、紆余曲折しながら日々歩んでいます!
薬剤師:浦川 龍太

浦川 龍太 Ryuta Urakawa

薬剤師

大阪大学歯学部附属病院 Osaka University Dental Hospital

患者さんの満足とは何かを考え、日々試行錯誤しています。動物占いで「落ち込みの激しい黒ひょう」だった私は、落ち込んでいることも多々ありますが、皆さんのあたたかい声に励まされ、頑張っています。
薬剤師:田嶋美幸

田嶋 美幸 Miyuki Tajima

薬剤師

順天堂大学医学部付属順天堂医院 薬剤部 Juntendo University Hospital

自分が患者になった時、安心して治療を受けることのできる医療を目指して―― チームオンコロジーの一員として参加できることに喜びを感じています。
薬剤師:大里洋一

大里 洋一 Yoichi Osato

薬剤師

国立病院機構東京医療センター National Hospital Organization Tokyo Medical Center

日本の薬剤師の将来は希望に満ちていると思います。薬剤師を今よりも、もっとやりがいのある職種にみんなで変えていきましょう!
薬剤師:橋本浩伸

橋本 浩伸 Hironobu Hashimoto

薬剤師

国立がんセンター中央病院 薬剤部 National Cancer Center Hospital

チームの一員として、患者さんに、より安全に、より安心して治療を受けていただけるような薬剤師になりたいと思っています。
薬剤師:飯原大稔

飯原 大稔 Hirotoshi Iihara

薬剤師

岐阜大学医学部附属病院 Gifu University Hospital

チーム医療を通してがん患者の生存、治療満足度、生活の質に貢献できる薬剤師を目指しています。チームの中で役割と責任を果たすために、薬剤師の職域を広げていく必要性を感じています。
薬剤師:石塚雅子

石塚 雅子 Masako Ishizuka

薬剤師

名古屋大学医学部附属病院薬剤部 Nagoya University Hospital

チームオンコロジーで、良い仲間、良いmentorと出会うことができました。より良い治療を目指して、今後も多くの方と意見交換していきたいです。
薬剤師:橋本亜衣子

橋本 亜衣子 Aiko Hashimoto

薬剤師

元国立がん研究センター中央病院 Former National Cancer Center Hospital

チームオンコロジーに参加したことで、チーム医療について深く考え、多くの人の意見を聞く機会が得られました。アクティブ・リスニングをこころがけ、患者さん、他職種との理解を深めるよう努めています。
薬剤師:閔貴善

閔 貴善 Kuiseon Min

薬剤師

順天堂練馬病院 薬剤科 Juntendo University Nerima Hospital

チームにおける薬剤師のあり方や、これからの薬剤師の職域をまだまだ模索中ですが、微力ながら、チームに貢献し患者さんに貢献できるような薬剤師でありたいと思っています。
薬剤師:河添仁

河添 仁 Hitoshi Kawazoe

薬剤師

慶應義塾大学薬学部 医療薬学・社会連携センター 医療薬学部門 Keio University Faculty of Pharmacy

チームオンコロジーを通して多くのことを学び、メンター、仲間に出会うことができました。患者中心のより良いチーム医療を皆さんと一緒に考え、創っていきたいと思います。明日は今日より少し成長した自分でありますように。
薬剤師:橋口 宏司

橋口 宏司 Koji Hashiguchi

薬剤師

横浜南共済病院外来化学療法センター Yokohama Minami Kyousai Hospital

最良の医療とはどういうものか、チーム医療において薬剤師としてどの様な役割を担っていくか。医療者として、また人間として成長していくために、これから皆さんと一緒に学んでいきたいと思っています。
薬剤師:山口 徹郎

山口 徹郎 Tetsurou Yamaguchi

薬剤師

元 神戸大学医学部附属病院 Former Kobe University Hospital

MD Anderson Cancer Centerで、チーム医療のあるべき姿、私たちが目指すべき方向性を学びました。実現への道のりは厳しいかも知れません。しかしBreakthroughを可能にし得る仲間、Visionを一にする仲間と出会いました。日本のがん医療に変革をもたらすべく、仲間と共に前進していきたいと思っています。
薬剤師:鈴木真里

鈴木 真里 Mari Suzuki

薬剤師

東葛病院 Tokatu hospital

「患者さんのQOLを改善できるようなベストな薬物治療を考えられる薬剤師」を目指しています。多くの方々との出会いや学びを大切にして、共に成長していきましょう。
薬剤師:下雅意彩

下雅意 彩 Aya Shimogai

薬剤師

済生会兵庫県病院 Saiseikai Hyogoken Hospital

がん医療においてチームでの関わりが必須。チームがより良く機能するには他職種を知り自分自身を知ること。チームオンコロジーを通して、職種や国境を越えてたくさんの方々と出会えたことに感謝しています。これからも人と人とのつながりを大切にしながら、がん医療に貢献します。
薬剤師:宮道二葉

宮道 二葉 Futaba Miyaji

薬剤師

北里大学 薬学部 Kitasato University School of Pharmacy

“Work with physicians, not for them.” 患者のためにチームで共に働く。誰のために、何のために自分が存在するのか常に自問して突き進んでいます。日常のささいなことの積み重ねがやがて習慣となり、文化となるようにチーム医療においてリーダーシップをとり日本中に広めましょう。
薬剤師:藤田行代志

藤田 行代志 Yukiyoshi Fujita

薬剤師

群馬県立がんセンター 薬剤部 Gunma Prefectural Cancer Center

チーム医療はすぐに実現できるものではなく、多くの時間と気遣いが必要な面倒くさいもの。でも、その結果生まれてくるものは、必ずや患者さんにより良い医療をもたらし、医療スタッフにもやる気をもたらすものと信じています。
薬剤師:辰巳摩耶

辰巳 摩耶 Maya Tatsumi

薬剤師

元岐阜大学医学部附属病院 Former Gifu University Hospital

患者さんやご家族の不安・苦痛が軽減し、希望にそった生活が送れるよう、それぞれのライフスタイルを考慮した薬剤の提案を心がけています。
提供する側もされる側も、ともに満足のいく医療が提供できるようなチームを目指します。
薬剤師:江面美緒

江面 美緒 Mio Ezura

薬剤師

ノバ・サウスイースタン大学薬学部 Nova Southeastern University College of Pharmacy

患者さんだけでなく、家族、友人含め、周りの人へも希望ある医療を提供したいと思っています。一人の力ではできませんが、チームなら可能です。チーム医療の在り方をこれからもみなさんと試行錯誤しながら考えていきたいと思います。
薬剤師:森田一

森田 一 Hajime Morita

薬剤師

聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 St. Marianna University Yokohama City Seibu Hospital

所属施設によってがん患者さんをサポートする環境は様々だと思います。日本のどこにいても患者さんが最高の多職種チームに支えられて治療を受けられるように、チームオンコロジーでの学びを活かしていきましょう。
薬剤師:島 久美子

島 久美子 Kumiko Shima

薬剤師

元北里大学医学部 Former Kitasato University School of Medicine

現在は臨床を少し離れたところから、医療者のリーダシップに注目しながら、臨床現場で日々患者さんのために頑張っておられる先生方をサポートしています。少し異なる立場や視点から、皆さまのお役に立てたら幸いです。
薬剤師:松本奈都美

松本 奈都美 Natsumi Matsumoto

薬剤師

聖マリアンナ医科大学附属研究所ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック St. Marianna University Breast & Imaging Center

たくさんの素晴らしい出会いを大切にし、みなさんと共に学びを深め、自分にできることを模索しながら、医療に貢献していきたいと思います。
薬剤師:大塚亮

大塚 亮 Ryo Otsuka

薬剤師

国立がん研究センター中央病院 National Cancer Center Hospital

1人の力だけでは限界がありますが多職種が協働することで可能性は無限に広がります。患者さんが主体的に治療を受けられるようなチームをみんなで作っていきましょう。
薬剤師:那須いずみ

那須 いずみ Izumi Nasu

薬剤師

虎の門病院 Toranomon Hospital

チームでCollaborationしながらMissionを実行し、Passionを持ってVisionに近づいていきたいです。チームオンコロジーで学ぶことはたくさんあると思います。みんなでがんばりましょう!
薬剤師:豕瀬諒

豕瀬 諒 Ryo Inose

薬剤師

大阪市立大学医学部附属病院 Osaka City University Hospital

チームオンコロジーに参加することで、自分のやりたいこと、やらなければいけないことが明確になります。皆様の持つ素晴らしいVisionをチームオンコロジーのメンバーと一緒に叶えていきましょう。
薬剤師:土屋雅美

土屋 雅美 Masami Tsuchiya

薬剤師

宮城県立がんセンター Miyagi Cancer Center

自分のMission, Vision, and Core Valuesが明確になると、おのずと自分の進むべき方向が見えてくると思います。患者さんのためはもちろん、一緒に仕事をする仲間たちのために、薬剤師として自分ができることを、責任をもってこなしていくことがよい医療の提供につながるものと考えています。

International Tutor

THERESA AMAPOLA NUNEZ, RPh

THERESA AMAPOLA NUNEZ(Philippine)

RPh​

Oncology Pharmacist

INSTITUTION: UNIVERSITY OF SANTO TOMAS HOSPITAL

Given the privileged to be part of JTOP workshop, it has made me realized that as a pharmacist. I should not just be content preparing chemo drugs but deeply understand the true meaning of my profession.
JTOP taught me to have a better understanding and be sensitive enough towards our patients.
To be able to do that we should be part of an effective medical team that can come up with multidisciplinary approach to provide hollistic care.
JTOPのワークショップに参加する栄誉を得たことを踏まえて、薬剤師として気付いたことがあります。 それは、医薬品を調製することだけに満足せず、自分の職業の真の意味を深く理解する必要があるということです。
患者さんをもっとよく理解し、患者さんに対して十分に敏感になることをJTOPから学びました。それをできるようになるには、集学的アプローチによって全人的なケアの提供を可能にする、効果的な医療チームの一員となる必要があります。