掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
浸潤性小葉癌のトリプルネガティブの予後
大自 広(東京都) 2019/04/16
69歳の母が23年目二度目の浸潤性小葉癌のトリプルネガティブ、リンパ節転移ありで、ステージⅡb~ステージⅢaの乳癌と診断され、現在2回目の抗癌剤治療中です。抗癌剤→抗癌剤→手術の予定です。

調べてると、悪いことばかりわかってきて、こちらでも詳しく教えていただきたく宜しくお願い致します。

小葉癌のトリプルネガティブと通常乳癌のトリプルネガティブの予後の悪さなどは、やはり変わるのでしょうか?
また、小葉癌のトリプルネガティブの方が予後が悪いとか合う抗癌剤が少ないとかそういうことはあるでしょうか?
トリプルネガティブの分子タイプは小葉癌が一番悪性度が高いのではと不安に思っているのは、どこかの研究で、「LAR腫瘍は浸潤性小葉がんを、IM腫瘍は髄様がんを多く含んでいた。」
「LARサブタイプは最悪の予後との関連が示された」
ということがかかれていたからです。
その辺を詳しく教えていただきたく宜しくお願い致します。

また、今回、PET検査で遠隔転移がみられなかったので、手術も予定に入っていますが、小葉癌の遠隔転移は子宮、卵巣、胃…などとのことでしたら、PET検査にうつらないので、再度検査依頼をした方がよろしいのでしょうか?

長くなりましたが、宜しくお願い致します。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]