掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

エッセイを読んで
さくらさまへ
S(鳥取県) 2019/09/20
さくらさま
折角投稿頂いたのに、お返事が遅くなって申し訳ありません。
鳥取で腫瘍内科医をしているSと申します。
がんの治療は決断の連続とはいえ、心がお辛いことと思います。この掲示板では治療方針について直接的なコメントはできないことをご容赦ください。

(1)比較的早い段階で手術されたと思います。乳癌の大きさや進み具合からは確かに担当の先生が言われる方針に賛成できそうです。ところが、さくらさまがおっしゃる通り、個々の項目を拝見すると気になるところも確かにあります。病理検査の特定の項目だけで、抗がん剤をするかどうかを決めることはありませんけれど、ご納得がいかない場合は、セカンドオピニオンを担当の先生にお願いする方法や、複数の遺伝子を調べて将来の再発予測をして治療内容を決める(オンコタイプDx)などの方法を検討する方法があります。

(2)ホルモン受容体陽性乳癌ですので、10年程度通院をお願いする方だと思います。その後は、検診に戻っていただくようお願いすることが多いと思います。ですので、もしかすると担当の先生のご説明が、さくらさまに上手く伝わっていないのかなと心配しました。解りにくいときはご質問してくださいね。医療者は、きちんと伝えたつもりなのに、誤解して伝わったということは残念ながらよくあることです。

(3)乳癌が再発や転移をすると、一般的にはやはり難しい状態です。ただし、そのような状況でも場所によっては治る可能性がある場合もあります。その時にしっかりと治療法を相談することがとても大切だと思います。けれど、今はと治すことを考えましょう。運動し、バランスの良い食事をするなど一般的なことをしていただけば、特別になにかしなければならないということはないと思います。「笑って過ごしましょう、同じ時間を過ごすなら、笑っている方が幸せです。」と私が尊敬する先生はこんな風にお伝えになるそうです。

長い治療になります。さくらさまが納得して、根気よく治療と向き合い続けることが大切です。もし医師へ思いを伝えるのが難しいのであれば看護師などの他の職種でもよいのでお話ししていただけると医師とのコミュニケーションがうまくとれることにつながると思います。
治療を始める今がとても大切ですから、医療者とのコミュニケーションを深め、さくらさまにとって良い治療になることを祈っています。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]