掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
腎細胞がんか腎盂がんかそれに伴い違う治療法
優璃(埼玉県) 2020/01/19
大変お世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。
86歳の父に、腎細胞がんまたは腎盂がんの疑いが指摘されました。
前立腺がんの診断に使っていたCT画像から指摘されました。

言われてみればがんを疑う状態。
位置が悪く画像からどちらのがんか判断できず今後MRIを撮る。
先に肺のCTを撮ってみたら、肺転移を疑う。ただし、腫瘍性か炎症性かは画像から判断できない。
先日細胞診をしました。今後MRIを撮りその結果を29日に聞きます。

カンファレンスでは
腎細胞がんなら分子標的薬を使う。成績が良いのでこれで大丈夫だと思う。
腎盂がんならシスプラチンを使う。ただし、相当にきつい。成績も悪い。高齢の体に負担が大きい。
ちなみに前立腺がんはホルモン治療を開始して、PSAの値が一気に下がりました。
本人は先生の言葉を素直に聞いて「抗がん剤ですね」などと答えています。
父は今だ現役でフリージャーナリストとして執筆活動や市民活動でボランティアをしています。それが本人も生きがいだと。

腎盂がんの場合、がん情報サービスでもシスプラチンを使うとありますが、副作用や寿命を縮めるだけで、地元のかかりつけ医に話すとお勧めできないと言われます
(かかりつけ医が大学病院の教授宛に父のことを紹介しています。)
全く自覚症状もなく、食欲もあり、経過を見るのはどうだろうなどと言います。

最悪を想定して、腎盂がんだった場合ですが、放射線治療、免疫チェックポイント阻害薬(キイトルーダ )などほかの選択肢はないものでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]