掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
肺がんタグリッソ後の治療について
まる(東京都) 2020/11/21
非小細胞肺がんのタグリッソ後治療について教えてください。

患者治療歴は以下の通り
70代 女 EGFR陽性、PD-L1>80%
・放射線+カルボプラチン+パクリタキセル(完了)
・イミフィンジ(2ヶ月で中止:がん性胸膜炎)
・アリムタ(6ヶ月で中止:多発脳転移)
(→脳転移はガンマナイフで消失)
・タグリッソ(9か月で肺原発付近増悪)
現在は、他臓器転移も見られず。咳はあるが、普通に家事を行える状態。

タグリッソ耐性にあたり、医師からは次はドセタキセル、その次はTS-1、その後は治療終了を提案されました。

まだ元気であり、ドセタキセル以外もあると思いますが、以下について一般的にはどう考えられるでしょうか。

1.原発付近の増悪だけで、脳には効いているかもしれないタグリッソを止めてドセタキセルで脳転移再発が早まらないか。
(タグリッソ耐性とはいえ多少はがんの勢いは抑えてると思うが、突然やめていきなりがんが勢いを増すことは無いのか)
2.他の先発のEGFR薬にかえたり、増悪してもタグリッソ継続もあると聞くが、どんな場合か。
3.アリムタとタグリッソの交互に使用する研究があるらしいが、本件にはアリムタ再使用の可能性はないのか。
4.使用履歴のあるイミフィンジとは作用箇所が違うので、免疫チェックポイントのキイトルーダを試す価値は無いか。

以上よろしくお願いいたします。





上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]