米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

ライフスタイル

* 掲示板トップページに戻る

■ サプリメント  
プラセンタサプリを飲んでみたいのですが、再発予防の妨げになりますか?
|都道府県:愛知県 |名前:キャンディー |掲載日時:2013/04/13 13:00:11 |コメント数(8) |
| | |  編集キー:

Re:サプリメント
何を根拠にプラセンタサプリを飲もうと思われていますか?
|都道府県:海外在住 |名前:上野 直人 |掲載日時:2013/04/15 06:53:38 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
ゾラテックス+ノルバディクスで治療を始めてから肌のつや、はりがなくなり、たるみが気になりだしています。
プラセンタンの美容効果を試してみたいと思いましたが、女性ホルモンのことが気になり相談してみようと思いました。
|都道府県:愛知県 |名前:キャンディー |掲載日時:2013/04/22 17:26:39 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
確かにゾラテックス+ノルバディクスで治療など肌の変化が起こるのは事実です。残念ながらプラセンタンの美容効果は、医学的に証明されていません。また、がん治療との併用に関しては、経験がないというのが今の状況です。

サプリ、漢方薬を使用するかの原則
1.完治するための(医学的に証明されている)治療を受けている時は、基本的に医学的に確実に証明されているサプリ、簡保婦薬をおすすめします。しかも、化学療法、ホルモン薬との薬の拮抗がないもが証明されている必要があります。

2.進行性がんなど完治ができないがん治療を受けている場合、あるいは、すべてのがん治療を終了した時には、健康維持のためにサプリなど考慮できますが。以下の原則が守る必要があります、重度、中程度の副作用が起きていないこと。一定の効果評価が医療従事者(本物医師であること、医学博士では困ります)によりあること。がんの再発あるいは、悪化させる成分が入っていないこと(ステロイド、ホルモンなど、)。

3.食事で摂取可能なサプリは基本的に食事がとるべきであり、錠剤では効果はあまりない。

4.大量にとるサプリは大半怪しいです。

5.主治医にサプリ、漢方薬のウェブ、チラシをみせて、同意を得ること。

すべての代替療法も同じ事が言える。
|都道府県:海外在住 |名前:上野  直人 |掲載日時:2013/04/23 11:52:06 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
乳がんだったタレントの山田邦子さんがプラセンタンのサプリを実際飲んでいるCMがあり飲んでみたいなぁ♪でも大丈夫なのかな?と心配から相談しました。
主治医が男性の先生なので、女性特有の悩みを相談することをためらっていたのですが、やはりきちんと相談することが大切なんですね。
ありがとうございました。
|都道府県:愛知県 |名前:キャンディー |掲載日時:2013/04/25 09:13:09 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
上野先生に質問です。

1.効果が確実に証明されているサプリって何ですか?
2.ステロイドってがんを悪化させるのですか?
3.食事で摂取不可能なサプリって飲んでも大丈夫ですか?
4.少量のサプリなら怪しくないのですか?
|都道府県:宮城県 |名前:ひまじん |掲載日時:2013/05/03 18:35:09 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
1.効果が確実に証明されているサプリって何ですか?
ないというのが今の現状かもしれません。しかし、それは悪いとも言えないのが医学の現状です。しかし、セレニウムなど確実に効果のないサプリがけんきゅにより実証されつつあります。

2.ステロイドってがんを悪化させるのですか?
副作用の対策で使用される範囲内で、がんを悪化させる根拠はありません。がんの悪化よりも、ステロイドの長期使用による体調の悪化が問題です。

3.食事で摂取不可能なサプリって飲んでも大丈夫ですか?
う〜ん、どういうもサプリですか?

4.少量のサプリなら怪しくないのですか?
これも、なんとも言えない質問ですね。何か具体的な例をあげてください。少量のサプリなら、たいてい食事でまかなえますけどね。発展途上国で慢性栄養失調ならまだしも、サプリで体の栄養を今の日本や米国で必要かは疑問ですね。しかし、サプリにもいろいろあるのでひとつひとつのサプリの吟味が必要です。
|都道府県:海外在住 |名前:上野 直人 |掲載日時:2013/05/13 05:34:17 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
現在右乳がん、多発性脊椎転移、右腋窩リンパ節腫大でアブラキサンを毎週(3回)点滴し1回休みで1クールの治療をしています。
以前テレビでアシュワガンダを煎じて飲むといいというようなことを聞いて試してみたいのですが抗がん剤との副作用は心配ないでしょうか?
また効果はどうでしょうか?
実際藁をもつかみたい気持ちです。
|都道府県:山形県 |名前:小春 |掲載日時:2013/09/17 11:42:54 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:サプリメント
小春さま

がん専門病院で看護師をしているIKUと申します。
藁をもつかみたいお気持ちになっている現状をお察しします。

サプリメントについてのご質問ですね。
サプリメントの服用については、実際に患者さんから度々質問されます。
しかし、残念ながらサプリメントの有効性や安全性については科学的な方法で検証されていないことが多く、ご質問の内容に沿った回答ができないのが現状です。

サプリメントの「有効性」や「安全性」、また、その考え方については、以下のホームページを参照してくださればと思います。↓↓
http://ganjoho.jp/public/dia_tre/treatment/alternative_medicine.html
基本的にサプリメントと抗がん剤治療の併用は推奨できないことが多いようです。

小春様の質問にある「アシュワガンダ」とはハーブの一種なのですね。
調べてみると、残念ながら人に対する抗がん作用やその用法用量、安全性については科学的に確立されているとは言いがたく、抗がん剤との相互作用やサプリメントの摂取による副作用が抗がん剤の治療を妨げたり、その効果や副作用の判断をしにくくさせてしまう可能性があるのではないかと考えられます。
以下のホームページでは「アシュワガンダ」も含めた多くのサプリメントの情報が得られますので、参考になさってください。↓
https://hfnet.nih.go.jp/

このように、抗がん治療中のサプリメントの服用はリスクを伴う可能性もありますので、「アシュワガンダ」の服用については、先ずは主治医としっかり相談することをお勧めします。

小春様が、病気や治療に対するお気持ちや考えを主治医にお話しされ、信頼関係を築きながら、円滑に治療が進むことを願っております。
|都道府県:千葉県 |名前:IKU |掲載日時:2013/09/17 18:47:14 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center