米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

EDUCATIONAL SEMINAR

* 掲示板トップページに戻る

■ Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告  
国立がんセンター中央病院薬剤部の大塚亮です。初日の報告は私が務めさせていただきます!
多くの関係者の皆様方のお力添えを賜りまして、本日7/20に8名無事にヒューストンに到着することができました。この場を借りてお礼申し上げます。


個人的な話になってしまいますが、時間的な余裕がなく出発前日の夜にパッキングを開始して完了したのが出発当日の午前3時。寝坊をおそれて、結局一睡もせず出発しました...。

約12時間のフライトを終え、まずは入国審査です。
ともあきさん、まりさん、るみさん、私の列とあかりさん、いずみさんの列、みほさんと3つに分断されての手続きでしたが、いずれもスムーズにパスしました。

空港の外に出ると10時の時点ですでに32℃。日本よりも暑く感じます。
その後、お迎えの大型リムジンに乗り滞在先のKirby Place Apartmentsまで移動しました。滞在先は昨年と同様でした。

Kirby Placeでは上野先生の秘書Marcyが出迎えてくれ案内してくました。
お部屋はとても広く、綺麗でとても快適!プールもジムもあります。
JME2016の皆様方の助言もあり、まずは部屋の中を確認しトイレットペーパーなど不足している日用品を確認しました。そうしたらなんと水が出ないことに気づきました!焦りましたが、どうやら私の部屋だけではなくメンテナンスのため敷地内すべての水道が止まっているようでした。(使用可能になったのは18時)

夕方からはJoyce、Theresaが夕食にTex-Mex料理(これはメキシコ風のアメリカ料理のようです)のお店に連れて行ってくださりご馳走になりました。とても美味しかったです。
その後、スーパーに寄っていただき、必要な食料や日用品を大量に買い込んで1日が終了しました。歩いていけない距離ではないですが、車で移動できるときにまとめ買いした方がいいですね。

明日は朝7:30集合です。いよいよMDAでの研修がスタートします!
これから毎日、現地からリポートしていきますのでお楽しみに!


|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚 亮 |掲載日時:2017/07/21 13:26:03 |コメント数(75) |
| | |  編集キー:

Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day29
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day29
福島県立医科大学附属病院の保坂ルミです。29日目の報告をいたします。

本日、私はATC Tourに参加しました。MDAでは、ATCとして6つのセクションに別れており、その一つを薬剤師さんについて見学しました。主として治療室(個室に電動ベッド、モニタ―、輸液ポンプ、洗面台、クローゼットを完備、付き添いは1人まで)、調剤室等の見学とフローについて教えていただきました。薬剤部門のボードには、薬剤師さんとPharmacy Techniciansのシフト表(朝6時〜21時)が張り出されており、土・日曜日も稼働していることを考えると対応できる患者数は必然と多くなります。ちなみのこの日のMDA(ATC)全体では400人の患者さんが外来化学療法を受けたようです。ここ1か月では平日約350〜500人/日、週末約130〜230人/日の患者に対応していました。日本では考えられないことです。
薬剤師さんは治療を受ける患者のデータ、プロトコール等を確認し、ラベルの発行、調剤薬剤へのラベル貼付、抗がん剤の受け渡し等システマティックに行っていました。ある患者さんへ投与する薬剤の「Preparation Protocol」という用紙を見せていただきましたが、40〜50項目にわたりpreparationの詳細が記載されいました。他に貼付するラベルに抗がん剤のロット番号が記載されていたことや患者が持参するAmbulatory Infusion Pompについてカルテのシステムに必要事項を入力し、ポンプを看護師さんに届ける等の管理を行っていたことは私にとって新しいことでした。
午後からは、Pathology Tourに参加しました。Dr.Sahinからレクチャーを受けた後に実際のPathology部門を見学しました。普段は患者さんの病理結果のレポートを読む程度なのですが、レクチャーを通して理解が深まり(Tumor Size、Margin Evaluation、Breastの特徴等)、Frozen SectionやImmunocyto-Chemistryなど実際の部門見学を通して最終レポート結果に至るまでのプロセスを知ることができました。特に切除した組織の断層撮影が可能なこと、そして何よりもレポート結果が数日ということに驚きました。
また、この日は上野先生とのディスカッションがありました。主にMDAに関すること、MissionとVision、Servant Leadership等についてでした。この時間の後には、いつも自分と向き合う時間ができます。

学べば学ぶほどに学ばなくてはならないことが多くあることに気づく毎日です。

|施設名:福島県立医科大学附属病院 |名前:保坂ルミ |掲載日時:2017/08/21 20:20:05 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day30
がん研有明病院 病理部の大迫智です。

JME2017も早いもので30日目、残すところ1週間です。本日は、午前中はATC(外来治療室)見学、午後にMBTI (Myers-Briggs Type Indicator) のレクチャーを受けました。本日のMBTIを含め「リーダーシップ・キャリア開発」の研修は、今後将来に渡って役に立つであろうと感じています。

「リーダーシップ・キャリア開発」のレクチャーは、2月のリーダーシップ・アカデミーでもありました。しかし、初めて聞く概念で 時間やトピックも十分ではなかったので、個人的には十分に理解できたとは言い難い状況でした。JMEでは8人の少人数で、毎回各テーマについてロールプレイを含めたレクチャーを受け、理解が深まってきました。

この日のテーマであるMBTIとは、4つの指標で性格を16タイプに類型化する、自己理解のための指標です。4つの指標には、@ Extravert vs. Introvert、A Sensing vs. iNtuition、B Thinking vs. Feeling、C Judging vs. Perceivingがあり、それぞれの指標について詳しく説明を受けました。2月のアカデミーでもMBTI判定の宿題があり、60前後の質問から性格タイプを判定しましたが、質問が抽象的で答えるのが難しく、なかば適当に答えたのを覚えています。今回はじっくり説明を受けて判定しましたが、結果は同じ性格タイプでした。実は、2月の段階では「性格占い」のイメージがあり 信じていなかったのですが、今回 結果に一貫性があることに驚き信じるに至りました。この自分の性格をどのように活用するのかが、今後の課題です。

この他に、一連のレクチャーのなかで印象的だったのが、リーダーシップについてです。よいリーダーシップとは「Servant Leadership」、すなわち「よいリーダーはフォロワーに奉仕する」という考えです。リーダーは先頭に立って周囲を引っ張っていくイメージが強かったので、目から鱗が落ちました。また、よいリーダーは「心理的に安全な環境(Psychological Safety)」をチーム内に作ること、「感情に動かされない決断、思いやりのある実行(Dispassionate Decision-making, Compassionate Implementation)」を行うことが印象に残りました。職場に戻ったら、これらを意識してチーム作りを行ったり、チームに参加します。
|施設名:公財)がん研究会 有明病院 病理部 |名前:大迫 智 |掲載日時:2017/08/22 01:13:37 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
JME2017のみなさま

残すところ1週間ですね。
お元気そうにされていて、何よりです。

みなさんのレポートを読ませていただくと、一言でいうと、とても羨ましいです。私が行った2009年より、内容がアドバンスになっていることもあると思いますが、学ばれていることは、極めて実践的であると、今のほうが思えるからです。

咀嚼しきれないことがあってもOKだと思います。きっと、あとでこのことか、と思える瞬間もやってきます。

身体を壊さないように、あと少しHoustonを満喫してください。
|施設名:神戸大学医学部附属病院腫瘍センター |名前:向原徹 |掲載日時:2017/08/22 07:10:40 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
たくさんのことを吸収されているようで大変羨ましく思います。私たちがJMEに参加したときと違う部分も多いようですので、帰国されてからのご報告を楽しみにしております。
あと数日だと思いますが、体調に気をつけてがんばってください!

下村
|施設名:NCCH |名前:下村昭彦 |掲載日時:2017/08/22 08:34:32 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day31
がんセンター中央病院 放射線診断科の菊池真理です。Day31の報告をさせて頂きます。

本日土曜日は夕方からBreast oncologyのBora先生が、”Movie Night”と称して、ご自宅に招待して下さいました。7月にお引越しされたばかりで、Midtownのおしゃれな街中にある、とてもStylishなご自宅で、入った瞬間から、みなで感嘆の声!をあげていました。Bora先生の書かれた沢山の絵も飾られていて、Artisticでとても素敵なご自宅でした。最後は(Movie Nightらしく?)、日本でもおなじみのチャッキーが登場するホラー映画 “Child Play”を見て、皆で盛り上がりました(^-^)。

報告は今回で最後?となってしまう可能性があるので、前日のMRI読影見学で判明したMDAと日本のMRIの使われ方の大きな違いとそこから派生する診断方法の違いについてレポートさせて頂きます。
Breast imaging radiologistは全部で13人:7人はBreast imageしか読まない。
(ちなみに、私の聞いた限りではBreast pathologistは11人、Breast surgeon は16人)
Breast専門の7人で読影する1日の検査数は以下の如くでした。
MMG: Screening 70-100 case/day, Diagnosis 70-80 case/day
Specimen MMG reading:2-10 case/day
ST-MMT 4case/day
US: 72case/day を4人で(一人当たり18case/day)
所見によっては、その場でFNAやCNBもする!seedingも必ず!:約2-10case/day
MRI: 8-16 case/dayを2人で
MRI guided biopsy:1case

違い@【Specimen MMG reading 】
日本でも部分切除検体の石灰化の評価はすぐに読影して手術室の外科医に連絡を行っているが、全摘標本では術中の検体読影は一般的に行っていないと思います。
MDAでは、全摘標本も術中に病理医が割面を入れ、割面標本MMGが撮影され、Radiologistが石灰化の範囲、腫瘍の進展、断端についてコメントをpathologistに電話で返事→pathologistはRadiologistと自分の診断を併せて、手術室にいる外科医に返事をする。という一連の作業が行われていて、MRI読影担当のradiologistは迅速にSpecimen MMG readingも行い、病理医へ電話での返事およびレポートしなければならないことから、MRI読影の途中で何度もSpecimen MMG readingの依頼がきていました。

違いA【MRIについて】衝撃の事実が発覚!
日本では病院のBreast MRIはその大部分が術前の広がり診断目的で行っていると思われますが、MDAで行われているBreast MRIのほぼ99%(Radiologist曰く) or 60%(技師さん曰く)(正確な所を知るためにもう少し多くの方に確認する必要がありますが)がhigh riskの女性に対する screening MRIである点です。
我々Radiologistからすると乳管内成分を含めた進展範囲の診断には感度の最も高いMRI検査が必要であるとの共通認識があるが、MDAではRadiologist曰く、「広がり診断のMRIをradiologistがrecommendしてもsurgeonがやってくれない。」そうで、それが彼らのストレスになっている様でした。 MDAでは多くの症例で術前の広がり診断にMRIを行わず、MMGとUSだけで行う為に(以下radiolosist曰く)
@多数の生検がなされ、クリップ留置されている。→生検するradiologist+診断するpathologistの負担を増加させている。
A全摘標本でも術中に詳細な断端確認が必要となり→術中にpathologist(標本に割面を入れて、断端診断)+radiologist(検体MMGの詳細な読影)の負担を増加させている。

全摘術中に割面にして迅速診断している点には当初驚きましたが、外科医にとって非常に有り難いシステムですが、それはPathologistと Radiologistの貢献(「gray hairになっちゃう!」と言っていました。)の上に成り立っている事がわかりました。
MDAで術前MRIによる広がり診断がほとんどされない背景には、MRI検査costが日本よりも格段に高い所に所以していると思われ、国の事情に併せた検査、診断が行われているのを目の当たりにしました。
|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:菊池真理 |掲載日時:2017/08/23 00:35:37 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
なるほど。我々腫瘍内科医は、局所療法について興味がもてていないことを認識しました。恐らく、同じものをobserveしても、日米の違いにすら気づかなかったかもしれません。

radiologistのJMEは1年目、pathologistは2年目、両職種が、tumor boardを一緒にすること以上にチーム医療に深く入っていく余地は、十分にありそうですね。これまで、医師では腫瘍内科医、外科医が中心であったJMEに、新しい視点を入れていただけると、とても有益だと思います。


|施設名:国立がん研究センター東病院乳腺・腫瘍内科 |名前:向原徹 |掲載日時:2017/08/23 06:51:16 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day32
Houstonで過ごす最後の日曜日をむかえてしまいました(涙)。
振り返ると悪い顔したCHUCKYがいるのではないかと昨日の余韻を残しつつ早起きしてState Parkに連れて行ってくださるDr. Theriault夫妻を待ちました。
Brazos Bend State ParkはHouston市街地から車で50分ほどのところにあり、池や沼地が点在しているところです。野生のワニがいることで有名だそうですが、この時期は水温が高いため陸地に上がる必要がないため、池で目だけを出してじっとしているワニを観察しました。美しい鳥や蜘蛛、昆虫も観察できて昆虫好きのメンバーを中心に大変盛り上がりました。たくさん歩いた後は大きな木の下でフルーツとスナックでピクニックです。ビジターセンターで1歳の赤ちゃんワニを触った後はHoustonに戻って遅いランチでした。Therialt先生からプレゼントと心温まるカードをいただき、充実した気分で家に戻りました。


さて、Clinical Pharmacistの業務内容ですが、私は日本で外来業務には携わっていないので、リンパ腫と骨髄腫の入院患者に対する業務内容について比較したいと思います。
@入院患者の持参薬確認はしません。処方箋から今まで内服していた薬剤を確認します。また、一部の高額な内服抗がん剤以外は、継続内服する薬剤は病院から改めて処方されるため持参薬は使用しません。
A医師1名±フェロー(医師)とMid-level2名と薬剤師1名で構成されたチームで毎日ラウンドし、薬剤師は臓器機能に応じた投与量調節やTDMを実施します。バンコマイシン、メトトレキサート、ボリコナゾールなどをTDMするのは日本と同様ですが、ポサコナゾールが頻用されており、血中濃度を測ることがあるようです。
B一人の薬剤師の受け持ち入院患者数は12〜15人程度です。日本ではフロアや科ごとに担当していますが、MDAではAに記載したチームの医師に薬剤師がつきます。2〜3人の医師(チーム)を担当することもあるようです。また外来3週間担当と入院6週間担当をローテーションするそうです。
C退院処方は病院内の薬局か近所の薬局で患者自身が受け取ります。下剤などの必要時のみ内服する薬剤は薬剤師が症状を聞いて、処方量を調節できます。退院時薬の説明は口頭のみで実施していましたが、場合によっては薬剤名と服用時点を記載した薬情のようなものを電子カルテから出力し、患者に交付して患者の理解を助けます。


レナリドマイドやポマリドマイドの管理についてもMid-levelが関与するところが多いようです。考え方は日本と同じですし、すべてチームで話し合いながら実施していますが、血中濃度や処方をオーダーできるというのが大きな違いだと感じました。

また、薬剤で特に驚いたのが
・Peg G-CSF(日本のジーラスタ)が小さなデバイスに入っておりそれを患者に貼り付けると24時間後に自動的に皮下注されるもの(Neulasta Onpro)が頻用されており、外来通院の負担を軽減していること
・リツキシマブの皮下注が適応が通ったとのこと。今後、利便性の点から多用されるであろうとのこと
でした。

私にとってより身近な血液科入院患者担当の薬剤師の仕事を半日でも見れたことはとても勉強になりました。もちろん単に違いの発見だけではなく、日本のほうが優れていると思った点や見習いたいと思った点もあります。また、日本に帰ってから、今まで以上に臨床業務に力を入れていこうと思います。
|施設名:虎の門病院 |名前:那須いずみ |掲載日時:2017/08/23 11:06:12 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
ご覧になったかもしれませんが、入院患者の持参薬確認は別途外来で行っていましたね。Clinical Pharmacistが週?交代で担当して行っていました。持参薬の継続・中止、増量・減量について薬剤師が提案し、医師が承認するというスタイルでした。
ブスルファンの血中濃度測定も行っていて、1日1回投与なんですよね。

日本で使われていない薬剤情報も興味深い!
Neulasta Onproは衝撃です!日本でも早く出ないかな…協和発酵キリンのMRさんに聞いてみよう。。
リツキシマブの皮下注製剤は、package insert見たら初回は点滴静注して、2回目以降に使用するようですね。

水曜が最終発表日でしょうか?頑張って下さい!
|施設名:群馬県立がんセンター |名前:藤田行代志 |掲載日時:2017/08/23 12:41:03 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告  DAY37
更新が滞ってしまい、申し訳有りません。DAY37最後の報告をさせていただきます。
国立がん研究センター中央病院薬剤部の大塚です。

昨日はfinal presentationの日でした。これまでの5週間で我々が学んできたことや、日本に持ち帰れるようなprojectを考えようと言うことで2つのteamで1つのshared vision, shared missionのもと考えてきました。私たちteamBは乳がんの手術(mastectomy)の入院期間を短くするために、どのように多職種で連携して取り組んでいくかについてプレゼンをしました。(ちなみに日本では10日程度ですがMDACCでは1泊入院です)。準備不足は否めませんでしたが、teamAもteamBも素晴らしいプレゼンテーションでした。

そして、夕方はFarewell Reception。とても素敵なsteakhouse で5週間の美味しいステーキを堪能しながらメンターの方々と最後のdinnerを楽しみました。それぞれがメンターから修了証を受け取った時には感無量でした。

振り返ってみるとこの5週間は本当にあっという間だったな、と感じます。日米の医療制度の違いや日常臨床の違いを知ることはとても楽しく勉強になりましたし、何よりこれまで自らのcareer developmentについてじっくり考える機会はなかったので大変貴重でした。そして私はメンターの先生方からだけではなく、JME2017のメンバーたちからもたくさんのことを学ばせていただきました。ハリケーンが出国予定だった土曜日にHoustonに直撃することから、急遽出国が早まってしまったのは残念でなりません。

本日でJME2017は終了してしまいますが、本当の始まりはこれからだと思います。MD anderson で学んだことをそれぞれの施設でどう生かしていくか。全てを消化するのには少し時間がかかるかもしれませんが、まずは今回学んだことをshareすることから始めていきたいと思います。5週間で出会った全ての人に感謝します。そして苦楽を共にしたJME2017のメンバーにも感謝したいと思います。本当にありがとうございました。
|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚 亮 |掲載日時:2017/08/26 00:12:44 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
2005年のカトリーナ以来の巨大ハリケーン ハービーがヒューストンに向かっているため、予定を1日早めて帰国します。いまメンバーは全員チェックインし、飛行機搭乗を待っています。

前年のJME2016メンバーが「神様がくれた5週間」という表現をしていました。そのときはわかりませんでしたが、今になって この5週間は 本当に「神様がくれた5週間」だったと実感しています。
MDアンダーソンのメンターたち、マーシー、笛木さん、そして 5週間をともに過ごした素晴らしメンバーたちに感謝します。
|施設名:公財)がん研究会 有明病院 病理部 |名前:大迫  智 |掲載日時:2017/08/26 00:53:26 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
前へ前へ 123456|7|8 次へ次へ


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center