米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

EDUCATIONAL SEMINAR

* 掲示板トップページに戻る

■ Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告  
国立がんセンター中央病院薬剤部の大塚亮です。初日の報告は私が務めさせていただきます!
多くの関係者の皆様方のお力添えを賜りまして、本日7/20に8名無事にヒューストンに到着することができました。この場を借りてお礼申し上げます。


個人的な話になってしまいますが、時間的な余裕がなく出発前日の夜にパッキングを開始して完了したのが出発当日の午前3時。寝坊をおそれて、結局一睡もせず出発しました...。

約12時間のフライトを終え、まずは入国審査です。
ともあきさん、まりさん、るみさん、私の列とあかりさん、いずみさんの列、みほさんと3つに分断されての手続きでしたが、いずれもスムーズにパスしました。

空港の外に出ると10時の時点ですでに32℃。日本よりも暑く感じます。
その後、お迎えの大型リムジンに乗り滞在先のKirby Place Apartmentsまで移動しました。滞在先は昨年と同様でした。

Kirby Placeでは上野先生の秘書Marcyが出迎えてくれ案内してくました。
お部屋はとても広く、綺麗でとても快適!プールもジムもあります。
JME2016の皆様方の助言もあり、まずは部屋の中を確認しトイレットペーパーなど不足している日用品を確認しました。そうしたらなんと水が出ないことに気づきました!焦りましたが、どうやら私の部屋だけではなくメンテナンスのため敷地内すべての水道が止まっているようでした。(使用可能になったのは18時)

夕方からはJoyce、Theresaが夕食にTex-Mex料理(これはメキシコ風のアメリカ料理のようです)のお店に連れて行ってくださりご馳走になりました。とても美味しかったです。
その後、スーパーに寄っていただき、必要な食料や日用品を大量に買い込んで1日が終了しました。歩いていけない距離ではないですが、車で移動できるときにまとめ買いした方がいいですね。

明日は朝7:30集合です。いよいよMDAでの研修がスタートします!
これから毎日、現地からリポートしていきますのでお楽しみに!


|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚 亮 |掲載日時:2017/07/21 13:26:03 |コメント数(75) |
| | |  編集キー:

Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
JME2017の皆様
5週間の研修、お疲れ様でした!この5週間、ヒューストンから届く新しいお知らせにワクワクしながら毎日を過ごしておりました。フレッシュな知らせに心洗われました。厚く御礼申し上げます。帰国後もどうぞご指導の程、何卒宜しくお願い申し上げます。ハリケーンが接近しているとのこと、無事の帰国をお祈りしております。
|施設名:久留米大学 |名前:佐々木裕哉 |掲載日時:2017/08/26 02:12:41 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
愛媛大学乳腺センター村上朱里です。
既に現地を離れ、全員機内です。

他のメンバーも書いてあるように、素晴らしいメンバーとともに、素晴らしい5週間を過ごさせて頂きました。
この学びを還元していけるよう、また自分を高めていけるよう取り組んでいきたいと思います。

現地では直接メンターのいない部署であっても、どの部署へ行っても温かく迎えて頂け、JMEの歴史を感じるとともに、コーディネートして下さっている上野先生、メンターやマーシーを始めとする皆さまのおかげとつくづく感じました。
また、日本でも準備から何もかも教えて頂き、この現地報告にもコメントを頂き、影に日向に支えて下さった笛木さん、メンターの皆さま、関わって頂いた全ての皆さまに感謝申し上げます。本当にありがとうございました。
|施設名:愛媛大学乳腺センター |名前:村上朱里 |掲載日時:2017/08/26 10:23:28 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
JME2017のみなさま

5週間の研修、お疲れさまでした。
自分の過去9年間を振り返っても、JMEはlife-changing experienceであったことは間違いがありません。

ただ、JMEは終わりではなく、始まりだとも思っています。JME後J-TOPのサークルのなかで、多くのことを学んできました。

みなさんが望むかどうかに関わらず、JME卒業生ということで、周りの目も変わるでしょう。期待に応えようとあまり焦りすぎず、一歩一歩、一緒にやっていきましょう。

それでは、また日本でお会いできるのを楽しみにしています。
|施設名:国立がん研究センター東病院乳腺・腫瘍内科 |名前:向原徹 |掲載日時:2017/08/26 10:44:57 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 帰国報告
Joyce先生やMarcyや全てのメンターの先生方のご配慮、ご尽力により、ハリケーンを避けて、一日早い飛行機に乗り、8名全員が成田に戻りました。
先程、それぞれの帰路につきました。

まだ日本に帰ってきた実感はありませんが、メンバーと交わした握手で、毎日会って、まさに同じ釜の飯を食べたかけがえのない仲間と一緒であったと、これからの寂しさとともに再認識しました。

日米のメンター、スタッフ、スポンサー、全ての方に感謝申し上げます。
ありがとうございました。

新しいスタートです。ミッションを達成し、ビジョンに近づけるように日々を過ごして行こうと思います。
|施設名:虎の門病院 |名前:那須いずみ |掲載日時:2017/08/26 16:13:36 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
お帰りなさい!無事に帰国されて何よりです。
5週間、お疲れ様でした。
これからも学びの共同体として、日々の気づきや学びを時々共有しながら、共に学び成長できたら幸いです。これからも、どうぞよろしくお願いいたします!
|施設名:元北里大学医学部 |名前:島 久美子 |掲載日時:2017/08/26 21:24:44 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
前へ前へ 1234567|8|


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center