米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

EDUCATIONAL SEMINAR

* 掲示板トップページに戻る

■ Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告  
国立がんセンター中央病院薬剤部の大塚亮です。初日の報告は私が務めさせていただきます!
多くの関係者の皆様方のお力添えを賜りまして、本日7/20に8名無事にヒューストンに到着することができました。この場を借りてお礼申し上げます。


個人的な話になってしまいますが、時間的な余裕がなく出発前日の夜にパッキングを開始して完了したのが出発当日の午前3時。寝坊をおそれて、結局一睡もせず出発しました...。

約12時間のフライトを終え、まずは入国審査です。
ともあきさん、まりさん、るみさん、私の列とあかりさん、いずみさんの列、みほさんと3つに分断されての手続きでしたが、いずれもスムーズにパスしました。

空港の外に出ると10時の時点ですでに32℃。日本よりも暑く感じます。
その後、お迎えの大型リムジンに乗り滞在先のKirby Place Apartmentsまで移動しました。滞在先は昨年と同様でした。

Kirby Placeでは上野先生の秘書Marcyが出迎えてくれ案内してくました。
お部屋はとても広く、綺麗でとても快適!プールもジムもあります。
JME2016の皆様方の助言もあり、まずは部屋の中を確認しトイレットペーパーなど不足している日用品を確認しました。そうしたらなんと水が出ないことに気づきました!焦りましたが、どうやら私の部屋だけではなくメンテナンスのため敷地内すべての水道が止まっているようでした。(使用可能になったのは18時)

夕方からはJoyce、Theresaが夕食にTex-Mex料理(これはメキシコ風のアメリカ料理のようです)のお店に連れて行ってくださりご馳走になりました。とても美味しかったです。
その後、スーパーに寄っていただき、必要な食料や日用品を大量に買い込んで1日が終了しました。歩いていけない距離ではないですが、車で移動できるときにまとめ買いした方がいいですね。

明日は朝7:30集合です。いよいよMDAでの研修がスタートします!
これから毎日、現地からリポートしていきますのでお楽しみに!


|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚 亮 |掲載日時:2017/07/21 13:26:03 |コメント数(75) |
| | |  編集キー:

Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
大塚先生、皆様、移動お疲れ様です。無事に入国、部屋にも入れたようで良かったです!ついに明日からMDA初日ですね。頑張ってください!
|施設名:虎の門病院 |名前:JME2016おざき |掲載日時:2017/07/21 18:15:48 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
長旅お疲れさまでした!
無事にヒューストンに上陸、そしてトイレットペーパーも調達できたようでなによりです。
これから5週間、ヒューストンの真っ青で広い空の下、非日常の時間をおもいっきり満喫して下さい!
まずは外の暑さと部屋の異常な寒さにやられないように気をつけてくださいね…。
がんばってください!
|施設名:奈良県立医科大学 |名前:吉井由美 |掲載日時:2017/07/21 18:40:31 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告2
大垣市民病院の田中と申します。2日目21日の報告を担当させていただきます。
よろしくお願いいたします。

多くの皆様からのサポートによってこの研修があることを強く実感する一日となりました。改めて心から感謝申し上げます。

本日は、初めてシャトルバスを利用し、MDアンダーソンがんセンターを訪れました。

到着後、オリエンテーションから始まりました。Marcyから今後のスケジュール、バスの利用方法、Optional program について説明をいただきました。
その後、三浦裕司先生より「Cultural Presentation」のお話をうかがい、私たちの自己紹介をしました。

その後、JoyceとMarcyと一緒に、VISA officeへ向かい、1人1人担当Visa & Immigration Advisorと面談をしました。

昼食は「Cool Beans Caf&eacute;」、サラダ・ハンバーガー・チキンなど、とてもおいしい食事を頂きました。

午後は、院内の各場所のオリエンテーションを受けました。Marcyの丁寧な案内のもと、1時間以上様々な場所をまわりました。広大な敷地であることは把握していましたが、花や緑の写真や絵画が多く飾られ、日の光が取り込まれた素敵な空間でした。

その後は、JoyceとMarcyとの全体面談、3名は各メンターとの面談がありました。

18時30分よりWelcome Reception に招待して頂きました。お店は「Churrascos」でした。前菜やステーキなどとてもおいしかったです。また、皆さまとの会話など、素敵な時間を共有させていただくことが出来ました。

明日は、全体の予定はありませんが、各自来週に向けて取り組む予定です。
ありがとうございました。
|施設名:大垣市民病院 |名前:田中美帆 |掲載日時:2017/07/22 14:47:20 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
二日目お疲れさまです。
拝見していると、昨年のことが昨日のことのように懐かしく思い出されます。
移動や時差で皆さんお疲れのことと思いますので、週末は少し体を休められることをお勧めします。
来週から、長いようであっという間の日々の始まりかと思います。充実した研修になりますようお祈りしています。
|施設名:昭和大学病院 |名前:田澤 咲子 |掲載日時:2017/07/22 15:22:59 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 day3
愛媛大学乳腺センター村上朱里と申します。
ヒューストンに到着してはや3日目、土曜日の今日はoff dayでしたので、初めての休日の様子をお届けします。

まずはjet lagや旅の疲れをよく休んで癒しなさい、とのことでしたので、朝からジムへ行った方もいればゆっくり睡眠をとった方もいて、朝は思い思いに過ごしました。

お昼からは買い出しにメンバー6人で近くのwalgreens という薬局へ出かけて買い物をした後、近くの中華&ベトナム料理屋でランチにしました。炒飯や野菜炒めといった日本でも馴染みの味にほっとする時間でした。
そのまま帰途へ、といいたい程じりじりと日が刺す時間でしたが、4人のメンバーは更に食材の買い出しにKROGERというスーパーに向かいました。
日本との食材の違いに感心したり探し回ったりしながら買い物を終え、再び照り返しの強い中アパートメントへ帰宅。

ここで寝てしまってはjet lagの解消にならないと思い、メンバーとおしゃべりをしたり、アパートのプールで泳いだりして何とか昼寝をせず乗り切りました。

夜は持参したたこ焼き機でたこ焼きパーティー!…のはずだったのですが、スーパーでタコを発見できず、アレンジたこ焼きとして海老やソーセージなど、いろいろな食材を入れて皆でわいわい作って楽しく過ごしました。
やっとゆっくりとそれぞれのバックグラウンドであったり、趣味や特技の話が出来たりして、JME2017、チーム感が出てきたなと思っています。

これで来週からの本格的な研修開始に元気に取り組んでいけそうです。


|施設名:愛媛大学医学部附属病院乳腺センター |名前:村上 朱里 |掲載日時:2017/07/23 16:06:21 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
たこ、、H martかSeiwaさんですかね〜。
そのうち。
|施設名:虎の門病院 |名前:三浦裕司 |掲載日時:2017/07/23 16:48:46 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
たこ焼き器持参!すごいアイデアです。食生活の充実は大切ですね。レポートを楽しみにしています。
|施設名:筑波 |名前:坂東 |掲載日時:2017/07/24 10:01:20 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day4
福島県立医科大学の田巻倫明がDay 4の報告を致します。

本日はヒューストンで初の日曜日でした。

午前は各自で自由に過ごしました。ちなみに私は疲れと多少の時差ボケが残っていましたので、10時過ぎまで寝ておりまして、ゆっくりとした午前中でした。メンバーの中には近くのTargetというお店に日用品を調達に行かれた人達もいました。

午後はJoyceが御自宅にJMEメンバーを招待して下さいました。MD Andersonから車で30分くらいのところにある素敵なご自宅で、お庭のプールで楽しく遊ばせてもらい、バーベキューのハンバーガーやホットドッグをご馳走になりました。TheresaやJoyceのご家族とも楽しくリラックスした時間を過ごさせて頂き、明日から本格的に始まる研修に向けて英気を養うことができた(?)かと思います。明日からの研修、頑張ります!
|施設名:福島県立医科大学 |名前:田巻 倫明 |掲載日時:2017/07/24 12:11:26 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day5
福島県立医科大学附属病院看護師の保坂ルミと申します。本日の報告を担当させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

早くもヒューストン到着5日目(月曜日)となりました。
雨上がりのむし暑い朝、7時過ぎのシャトルで出発。まずはAcademic and VISA Administrationでのオリエンテーションに参加し、終了後に顔写真入りのID Badgeをいただきました。Badgeを眺めつつ、よしチームメンバーと共にこの5週間を頑張っていこう!と決意を新たにしました。失くしてしまわないようすぐにShopに向かい、MDACCの名前入りストラップを購入しました。

ランチはCaf&eacute;で。試食コーナーまであって驚きました。MDACCには、あちこちにCafeやShopがあってどこに行こうかと迷います。メンバー数人がお寿司を美味しそうに食べていましたが、なぜか私はまだ日本食は恋しくなりそうにはありません。

午後からはMay's ClinicにてLe-Petross 先生とVolunteerの素敵な女性からBreast Center等についての説明を受けた後、MDACC Tourとなりました。歩く・・、歩く・・。素晴らしい施設・設備・サービス等に感動しながらも、脚の疲労感は蓄積する一方でした。誰かにまたそこへたどり着ける?と尋ねられれば、首をかしげるしかありません。

慣れない毎日、私のお部屋には小さな訪問者が。それは、ありさん。はじめベッドの上を横切っているところを発見。Fire antかと思い後退りましたが、今のところかまれたりはしていないので様子を見ることにします。三浦先生の講義(Cultural Presentation)でもFire antについてお話があり、少し気持ちを楽にさせることができました。あまり訪問してほしくはないのは事実ですが。さて、明日も早朝のシャトルにて出発です。真夏のヒューストンで熱く研修に励んでいきたいと思います。
|施設名:福島県立医科大学附属病院 |名前:保坂ルミ |掲載日時:2017/07/26 17:20:36 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day6
がん研有明病院 病理部の大迫智です。

このたびは、世界有数のがん専門病院で研修を受けるという、素晴らしい機会を与えてくださり、J-TOPの方々に感謝いたします。
まだ やや時差ボケぎみですが、おかげさまでメンバーにも恵まれ、楽しく充実した日々を送っています。

本日は、私ともう1人のメンバーが遭遇したトラブルについて、記録を兼ねて記載します。

【概要】
パスポートのスタンプおよび入国審査官からWB(ビジネス型ビザ免除)での入国を確認していたが、出入国記録 I-94にはWT(観光型ビザ免除)と記録されていた。これにより、Research Intern としての研修開始がペンディングとなり、最初の数日間 オブザーバー(IDバッジやパソコンの支給なし、病院の物品に一切触れられない)としての研修となった。

【経緯】
1)7/20(木) ヒューストン国際空港着。
2)キオスク端末でのセルフチェックイン:ビジネスでの入国を選び、出てきた紙片にもWBと記載されていることを確認。
3)入国審査官による審査:ビジネスでの入国を伝え、パスポートのスタンプがWBになっていることを確認。さらに、スタンプ押印後も再度 口頭でWBでの入国であることを確認。
4)7/21(金) I-94のホームページで入国クラスがWTになっていることを発見。
5)MDA内のVISAオフィス:パスポートのWBスタンプよりもI-94でのWT記載が優先され、Research Intern としての手続きができず。JoyceとMarcyがすぐに対応してくれたおかげで、オブザーバーとして 他のメンバーから遅れることなく研修を開始。
6)7/25(火) Customs & Border Protection(ヒューストン国際空港の近く):I-94の記載をWTからWBに変更(Marcyの車でMDAから往復1時間半、現地待ち時間 1時間)。11AM〜2:45PMの間、他のメンバーが受けている研修を受けられず。
7)7/26(水) MDA内のVISAオフィス:オリエンテーション後に、Research Intern としての研修が開始予定。

【原因】
MDA内のVISAオフィスの担当者の話では、おそらく入国審査官の "human error" であろうとのこと。ちなみに、WTになっていた2人を担当した入国審査官は同一人物であった。

【今後の対策】
WBで入国することが最重要であることを認識し、パスポートおよび入国審査官から口頭でWBでの入国を確認していたにもかかわらず、メンバー8人中2人が I-94ではWTでの入国となっていた。
今後は、下記の@Aに加え、Bを入国審査官に口頭で確認した方がよいかもしれない。
@ セルフチェックインの紙片の記載がWBであること
A パスポートのスタンプがWBであること
B I-94でもWBであること
|施設名:がん研有明病院 |名前:大迫 智 |掲載日時:2017/07/26 22:32:28 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
|1|2345678 次へ次へ


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center