米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

EDUCATIONAL SEMINAR

* 掲示板トップページに戻る

■ Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告  
国立がんセンター中央病院薬剤部の大塚亮です。初日の報告は私が務めさせていただきます!
多くの関係者の皆様方のお力添えを賜りまして、本日7/20に8名無事にヒューストンに到着することができました。この場を借りてお礼申し上げます。


個人的な話になってしまいますが、時間的な余裕がなく出発前日の夜にパッキングを開始して完了したのが出発当日の午前3時。寝坊をおそれて、結局一睡もせず出発しました...。

約12時間のフライトを終え、まずは入国審査です。
ともあきさん、まりさん、るみさん、私の列とあかりさん、いずみさんの列、みほさんと3つに分断されての手続きでしたが、いずれもスムーズにパスしました。

空港の外に出ると10時の時点ですでに32℃。日本よりも暑く感じます。
その後、お迎えの大型リムジンに乗り滞在先のKirby Place Apartmentsまで移動しました。滞在先は昨年と同様でした。

Kirby Placeでは上野先生の秘書Marcyが出迎えてくれ案内してくました。
お部屋はとても広く、綺麗でとても快適!プールもジムもあります。
JME2016の皆様方の助言もあり、まずは部屋の中を確認しトイレットペーパーなど不足している日用品を確認しました。そうしたらなんと水が出ないことに気づきました!焦りましたが、どうやら私の部屋だけではなくメンテナンスのため敷地内すべての水道が止まっているようでした。(使用可能になったのは18時)

夕方からはJoyce、Theresaが夕食にTex-Mex料理(これはメキシコ風のアメリカ料理のようです)のお店に連れて行ってくださりご馳走になりました。とても美味しかったです。
その後、スーパーに寄っていただき、必要な食料や日用品を大量に買い込んで1日が終了しました。歩いていけない距離ではないですが、車で移動できるときにまとめ買いした方がいいですね。

明日は朝7:30集合です。いよいよMDAでの研修がスタートします!
これから毎日、現地からリポートしていきますのでお楽しみに!


|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚 亮 |掲載日時:2017/07/21 13:26:03 |コメント数(75) |
| | |  編集キー:

Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
皆様、真夏のヒューストンを楽しまれているようで何よりです。
Joyce宅でのプール&バーベキュー、楽しそうですね!
あっつい日にプールにダイブ、いいなぁ!
愛犬のゾーイも元気でしたか?

アリさんは、私も初日に洗面台のところでお会いし、その足でアリの巣コロリ的なものを買いに行きました。
あと外にごみ袋を出しておくと、アリさんたちがせっせとたかりますのでご注意ください。
現地のお砂糖たっぷりのケーキやお菓子は特に彼らの大好物のようです。
蛇足ですが、アメリカのGさんもデカいらしいので、Gさん用の置いとくやつもついでに買っとくことをおすすめします。
そういえば、ナース部屋にはハエの家族が親戚筋まで伴ってやってきたこともありました…。
ちなみにその時は、とある勇敢な看護師さんが虫よけスプレーで無事に勝利してましたね。。。

それから出入国記録の件、ほんとに災難でしたね。。。
最近はキオスクでセルフチェックインができるようになったりで機械化が進んでいると思いきや、そんなところは相変わらず人の手だったとは…。
さすがアメリカ、何が起きるかわかりませんね。
それにしても、ちゃんとトラブルに対処されているところはさすがです。
厄払いということで、ここからは気を取り直して楽しんでください!

引き続き、皆様のレポートを楽しみにしてます!
|施設名:奈良県立医科大学 |名前:吉井 由美 |掲載日時:2017/07/27 09:12:08 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day7
国立がん研究センター中央病院 放射線診断科の菊池真理と申します。
DAY7の報告をさせて頂きます。

MD Anderson cancer centerは想像以上にスケールが大きく、驚かされる事ばかりです。
これまで8人全員で行動を共にしてきたJME2017ですが、今日から初めてグループや個人に別れての参加となりました。Aチームはさらに2つになり、乳癌手術とサバイバーシップクリニックを見学し、Bチームは放射線治療外来に付きました。治療の中でも細分化され、我々は胸部の見学でしたが、8つの個室があり、次々に診察をされていました。
放射線治療医は全部でなんと70人だそうです。患者さんの50%はテキサスより、45%は全米の他州より、5%はinternationalとの事です。
お昼は研究倫理とIRBについてのDr,Richardの講義を受けました。

夕方にはDr.Neumann+三浦先生とのミーティングが行われ、まず「現状困った事はない?」と質問して頂いた時にはとても安心感を覚えました。研修の目的を明確にし、指針を示して下さりました。更に、プログラムにはない、個人的に興味のある領域への参加や専門家の紹介もして下さるとの事で、洗練された専門性と懐の深さに感銘致しました。

到着してまだ一週間ですが、今日までの経験により、訪れる前以上にワクワクしています。
この様な大変素晴らしく、貴重な経験をさせて頂く機会を下さり、多くの関係者の皆様に感謝致します。

(個人的な話ですが、日本でツ反陰性だった為、胸部単純写真も撮影して行きましたが、再度ツ反の注射をされてしまいました。本日判定日で当然のことながら、陰性でやっとpassと言われ、卒業できました^-^)
|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:菊池真理 |掲載日時:2017/07/27 18:54:36 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day7
国立がん研究センター中央病院 放射線診断科の菊池真理と申します。
DAY7の報告をさせて頂きます。

MD Anderson cancer centerは想像以上にスケールが大きく、驚かされる事ばかりです。
これまで8人全員で行動を共にしてきたJME2017ですが、今日から初めてグループや個人に別れての参加となりました。Aチームはさらに2つになり、乳癌手術とサバイバーシップクリニックを見学し、Bチームは放射線治療外来に付きました。治療の中でも細分化され、我々は胸部の見学でしたが、8つの個室があり、次々に診察をされていました。
放射線治療医は全部でなんと70人だそうです。患者さんの50%はテキサスより、45%は全米の他州より、5%はinternationalとの事です。
お昼は研究倫理とIRBについてのDr,Richardの講義を受けました。

夕方にはDr.Neumann+三浦先生とのミーティングが行われ、まず「現状困った事はない?」と質問して頂いた時にはとても安心感を覚えました。研修の目的を明確にし、指針を示して下さりました。更に、プログラムにはない、個人的に興味のある領域への参加や専門家の紹介もして下さるとの事で、洗練された専門性と懐の深さに感銘致しました。

到着してまだ一週間ですが、今日までの経験により、訪れる前以上にワクワクしています。
この様な大変素晴らしく、貴重な経験をさせて頂く機会を下さり、多くの関係者の皆様に感謝致します。

(個人的な話ですが、日本でツ反陰性だった為、胸部単純写真も撮影して行きましたが、再度ツ反の注射をされてしまいました。本日判定日で当然のことながら、陰性でやっとpassと言われ、卒業できました^-^)
|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:菊池真理 |掲載日時:2017/07/27 19:03:16 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day8
1週間経ちました!
このようなすばらしい機会を与えてくださり、サポートしてくださる全ての方に感謝いたします。

8日目について報告いたします。
午前中は一昨日同様、Dr.Limの入院患者さんの回診に同行しました。
午後はThe Health Museumの見学に行きました。この博物館は子供向け(?)に人体についてわかりやすく展示をしているようなところでした。
本日はMD Anderson Dayだったので、MDAの職員がブースを出して、子供にがん予防について啓蒙していました。MDAのmissionのひとつなんだな、と実感しました。
個人的にはホルマリンから出された、人間の脳や心臓を直接触り、切り開かれた中を見て、触ることができ、薬剤師として貴重な体験ができたことがおもしろかったです。

いつも日中は院内にいるため、外の暑さを忘れていましたが、museumへの移動中は湿気もあり、茹だるような暑さでした。
みんなでMetroにも乗れて、excursionのような、楽しい午後の研修でした。
|施設名:虎の門病院 |名前:那須いずみ |掲載日時:2017/07/28 08:24:38 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day9
ようやく掲示板も一巡し、また私の番がまわってきました。
国立がん研究センター中央病院の大塚亮です。
ようやくjet lagに体が順応してきましたが、Texasの強い日差しと暑さにはまだまだ慣れそうにありません。

さて9日目の今日は、日本とアメリカの看護師の制度の違いについて学びました。日本の正看護師はアメリカでいうRegistered Nurse。しかし、アメリカには外来診療や投薬(抗がん剤以外)まで行うことができるNurse Practitioner(NP)という資格が存在します。もともと医師不足解消を目的にできた制度のようでなんとNPは独立開業もできるそうです。驚きですね。

JME programではメンバーそれぞれにmentor(簡単にいうと指導者)がいます。
1週間が経過し、一通りメンバー全員がmentorとの1回目の面談を終え、今回の主たる目的である自らのcareer developmentについて考え始めました。5週間のprogramが修了する頃にはmissonとvisonについて明確に言えるよう、引き続き1日1日を大切にしていきたいと思います。
|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚亮 |掲載日時:2017/07/29 14:46:56 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
大垣市民病院の田中です。本日10日目(29日)の報告を担当いたします。よろしくお願いいたします。

10日間を振り返り、本当に貴重な時間であるとともに、5週間は長いようで、すぐに過ぎてしまうことも感じています。

本日は、暑くなる前にと朝8時に皆で集合し、「target」というスーパーへ行きました。食品や日用品などの品ぞろえも多く、来週に向けて必要なものを揃えることが出来ました。

その後は、各自部屋の掃除や洗濯など生活を整えつつ、課題に取り組みました。

夕食は、8人揃って外食をしました。JME2017、とても素敵なメンバーに出会うことが出来ました。メンバーとの時間は、様々な学びを得る時間となり、支えとなっています。

明日からも1日1日を大切に過ごしていきます。


|施設名:大垣市民病院地域医療連携部緩和ケアセンター |名前:田中  美帆 |掲載日時:2017/07/30 19:48:42 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
JMEのみなさま

そろそろ疲れがでるころですが、元気そうで何よりです。
みなさんのことは、日米執行委員会のWeb会議でも報告を受けています。

こちらは、先週JSMOミーティングがあったこともあり、みなさんの掲示板に素早くレスポンスできずにすみませんでした。神戸はヒューストンほどではないですが暑かったですよ。。。

私がヒューストンに行ったのは、既に8年前ですが、成田で初めまして、と挨拶した仲間は5週間後にはずっと長く付き合っていたような仲間となり、今までその友情は続いています。不思議な体験ですよね。5週間もあると、いろいろコンフリクトが生じたりもあるかもしれませんが、その状況を建設的に解決することもJMEの一部です。

恐らく、2度とはない機会なので、満喫してください。
すごく羨ましいです。

また、レポート待ってます。

向原徹
|施設名:神戸大学医学部附属病院腫瘍センター |名前:向原徹 |掲載日時:2017/07/31 08:37:53 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
JMEの皆様

研修お疲れ様です。田中さんの10日目報告から週末をはさみ12日目になりますね。楽しい時間はより早く感じますね。吸収することがいっぱいで毎日時間が惜しいくらいだと思いますが、向原先生の投稿にもありますように疲れやコンフリクトが起こってくる時期です。疲れをためないように、コンフリクトを楽しんでくださいね。
現地レポート楽しみにしていますが、あまり負担にならない程度で!

|施設名:大阪国際がんセンター |名前:田口 |掲載日時:2017/07/31 11:24:10 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day11
愛媛大学乳腺センター村上朱里です。
コメントを頂いた先生方、ありがとうございます。
滞在も10日を過ぎましたが、今のところ元気で過ごしています。
明日からまた研修に忙しい日々となりますので疲れをためないようにしていきたいと思います。

さて、今日は日曜日、USメンターの方々には週末も含めて色々サポートして頂き感謝しかありません。
午前中からブランチに点心を食べに連れて行って頂き、朝食を我慢して行った私達はすごい勢いでたくさんの点心を平らげました。
その後は買い物に行ったり部屋で過ごしたり思い思いに過ごしたあと、夕方は野外劇場へシェイクスピア劇を見に連れ出してくださり、公園の中の芝生の上で観劇、といった贅沢な時間を過ごしました。

また、週末は先週の研修を振り返る時間でもあります。
先週は研修開始でどうしてもMDAの大きさ(施設のみでなく人的資源など様々な資源の)に圧倒されハード面にばかり目が向いてしましましたが、ハイパフォーマンスであるためには当然施設や人数の多さだけではないものがあるはずで、職種間のコミュニケーションや患者さんを含めた様々な教育体制、といったところにより注目して週明けからの研修を送りたいと思います。
|施設名:愛媛大学医学部附属病院乳腺センター |名前:村上朱里 |掲載日時:2017/07/31 14:33:08 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
皆様お疲れ様です。
週末を皆さんで楽しんでいらっしゃる様子が眼に浮かぶようです。US mentor のみなさんもお元気ですか?どうぞよろしくお伝えください。
昨年の7人もいつの間にか家族のような感じになって、Jeff がちょっと引いてしまうくらいという場面がありました。JMEの期間は研修の時間だけでなく全ての時間がチームビルディングにつながっていて、大切な仲間が得られる貴重な機会かと思います。
また一週間が始まりますが、体調に気をつけて頑張ってください p(^-^)q
|施設名:昭和大学病院 |名前:田澤 咲子 |掲載日時:2017/07/31 15:34:47 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
前へ前へ 1|2|345678 次へ次へ


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center