米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
一般の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

EDUCATIONAL SEMINAR

* 掲示板トップページに戻る

■ Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告  
国立がんセンター中央病院薬剤部の大塚亮です。初日の報告は私が務めさせていただきます!
多くの関係者の皆様方のお力添えを賜りまして、本日7/20に8名無事にヒューストンに到着することができました。この場を借りてお礼申し上げます。


個人的な話になってしまいますが、時間的な余裕がなく出発前日の夜にパッキングを開始して完了したのが出発当日の午前3時。寝坊をおそれて、結局一睡もせず出発しました...。

約12時間のフライトを終え、まずは入国審査です。
ともあきさん、まりさん、るみさん、私の列とあかりさん、いずみさんの列、みほさんと3つに分断されての手続きでしたが、いずれもスムーズにパスしました。

空港の外に出ると10時の時点ですでに32℃。日本よりも暑く感じます。
その後、お迎えの大型リムジンに乗り滞在先のKirby Place Apartmentsまで移動しました。滞在先は昨年と同様でした。

Kirby Placeでは上野先生の秘書Marcyが出迎えてくれ案内してくました。
お部屋はとても広く、綺麗でとても快適!プールもジムもあります。
JME2016の皆様方の助言もあり、まずは部屋の中を確認しトイレットペーパーなど不足している日用品を確認しました。そうしたらなんと水が出ないことに気づきました!焦りましたが、どうやら私の部屋だけではなくメンテナンスのため敷地内すべての水道が止まっているようでした。(使用可能になったのは18時)

夕方からはJoyce、Theresaが夕食にTex-Mex料理(これはメキシコ風のアメリカ料理のようです)のお店に連れて行ってくださりご馳走になりました。とても美味しかったです。
その後、スーパーに寄っていただき、必要な食料や日用品を大量に買い込んで1日が終了しました。歩いていけない距離ではないですが、車で移動できるときにまとめ買いした方がいいですね。

明日は朝7:30集合です。いよいよMDAでの研修がスタートします!
これから毎日、現地からリポートしていきますのでお楽しみに!


|施設名:国立がん研究センター中央病院 |名前:大塚 亮 |掲載日時:2017/07/21 13:26:03 |コメント数(75) |
| | |  編集キー:

Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day19
愛媛大学乳腺センター村上朱里です。
本日はDay19, 3週目の始まりで研修もほぼ折り返し地点に差し掛かっています。
研修が進むにつれ、メンバーと感じたことや考えたことを共有する時間も増え、同じものを見ていても違うことを感じていたり、同じことを感じていて何故だろう?と一緒に考えることが出来たり、素晴らしい仲間たちにとても刺激を受ける毎日です。

さて、今日はチームごとに午前・午後と分かれてDr.Limの外来見学でした。
MDアンダーソンで患者さんが医療スタッフと話しているのを見るたびに感じていた「日本で出会う患者さんと何か違う」という印象を受けていたのですが、その答えのひとつとして、先日上野先生から「患者力をつけること」について教えて頂きました。
英語で言うと「Patient empowerment」であり、empowermentを調べると「人びとに夢や希望を与え、勇気づけ、人が本来持っているすばらしい、生きる力を湧き出させること」(Wikipediaより)とあります。いわゆる「患者教育」という医療スタッフから一方的に提供されるイメージとは異なり、患者自身が主体性をもち、病状を理解し、またそのための医療者と質問を通した対話を出来るようサポートしていく、というあくまで患者が主体となった概念であり、これも大事な医療行為のひとつであると現在のアメリカでは認識されているとのことです。
またアメリカでは小児科でも医師が患者である子供自身に「質問はないか」と聞き、子供の時から医師に質問をすることが当たり前の感覚が養われていくということも教えて頂きました。確かにこちらで外来を見ていると、診察の最後に「質問はないか」と聞いていることが多く、患者さんも「○○の治療の方がよいのではないか」「どうしてこの治療になるのか」と質問している姿をよく目にします。そして、診察室を出ても多くはサバイバーであるボランティアの方と病気について話をすることが出来たり、図書室へ行けば驚くほど多くの資料や本、DVDなどが置いてあり、エンパワーメントするためのサポートが為されているのを感じます。
今日のDr.Limの外来でも患者さんが質問をし、その質問に答えることで双方向の対話が生まれ、信頼関係が築かれていく様子を見ることができ、「患者力をつける」ことは満足度の高い医療に繋がるのではないかと感じました。
もちろんLim先生のコミュニケーション能力やお人柄も見習うところが多く、日々少しでも多く吸収出来ればと思っています。
チームのプロジェクトも始動し、タイムマネジメントが求められる日々です。体調管理をしながら頑張っていきます。
|施設名:愛媛大学医学部附属病院乳腺センター |名前:村上朱里 |掲載日時:2017/08/08 15:56:22 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
村上先生 みなさま

いつも活気あふれるご報告ありがとうございます。
とても刺激になります。
患者力をつける、と、empowerment、村上先生の見解がとてもしっくりきました。
夢や希望、勇気、人が本来持っているすばらしい生きる力を湧き出させること!
日本語で患者力をつけるというと、おっしゃるように、患者教育とか、知識を増やす、自律といった考え方になりがちですが、そうだよなーと心に沁み入りました。
その姿勢を大切に私もがんばっていきたいと、empowermentされました!

気づかぬうちにお疲れがたまっていることもあるかと思います。休息も大事にしながら楽しんでください。

2015 ふじさわようこ
|施設名:千葉大学医学部附属病院看護部 |名前:藤澤陽子 |掲載日時:2017/08/08 18:42:06 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
皆様
いよいよ研修も折り返し地点を迎えたとのこと、本当に楽しい時間はあっという間にすぎてしまいますね。
患者力のお話、私も禿同です。
ボラ先生の人間力もすごいですよね。
彼女のハグにはどんな人も幸せにしてしまえるパワーが宿っている気がします。

それから、自分のキャリアを見つめなおし、Mission/Visionについて腰を据えて真剣に向き合う機会というのは本当に貴重ですよね。
日本に帰ってきてからはついつい日常に埋没してしまいますが、この時の経験がなければきっとそんなことに気づきもせずに通り過ぎてしまっていただろうなと思います。
Mission/Visionを生み出す苦しみは大変なものがありますが、苦しむ価値はあったとしみじみ思いました。
とはいえ、まだまだ日々これでいいのだろうか?と悶々とする日々ですが…。
渡米中は、8人の仲間で過ごす時間も多いと思うので、ぜひご自身のMissionやVisionについて、そして考えるプロセスについてシェアしてみてください。
またMDAでお世話になっているいろんな人に同じ質問をぶつけてみるのも効果的です。
バックグラウンドや考え方はそれぞれ違いますし、おそらく一つとして同じ答えはないはず。
それからその時はWhy?と聞くのも忘れずに。
ぜひたくさん質問し、たくさん話して理解を深めていってください。
そして今ここでしか感じることができない経験や、その時に感じた印象の鮮度を保ちつつ、これから皆さんの中でじっくり噛みしめ、消化していってください!
MDAでひと回りもふた回りも大きく成長された皆さんとまたお話できる機会を楽しみにしています!
|施設名:奈良県立医科大学 |名前:吉井由美 |掲載日時:2017/08/09 18:48:24 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day20
福島県立医科大学の田巻倫明です。
Day 20(8/9)の報告です。
本日は、Team Aは、MD Andersonの本院から車で約1時間離れたMD Anderson Cancer Center Woodlandsに見学に行きました。米国や世界中から患者が集まる最先端のがんセンターである本院と違い、Woodlandsでは同等のがん医療をCommunity Hospitalで提供しようという趣旨の病院です。MDAのみで運営しているのではなく、St. Luke's病院と提携して、MDAは主にがんの「治療」を主に地域の患者さんたちに提供しています(建物自体は、MDAのものではなく、St. Luke'sのものだそうです)。本院よりも規模は小さく、雰囲気も落ち着いていました。
 Kirby Place Apartmentを朝6時に出発し、到着後にすぐに7時からの乳癌のMultidisciplinary conferenceに参加しました。画像診断医、内科腫瘍医、外科医、放射線科医、病理医などが参加しており、乳癌関連の全患者の治療方針についてこのカンファレンスで検討し、決定するとのことでした。その後、乳腺外科のReyna先生について、外来でのチーム診療を見学しました。Reyna先生、Nurse practitioner、Nurseの3人で、情報共有し協力しながら、楽しそうに外来診療をこなしていたのが印象的でした。MDAのような大規模で臨床・研究・教育とも最先端な病院で研修していると、これが米国の全てのような印象を持ってしまいがちでしたが、実は、アメリカでの医療の大半がこのようなCommunity Hospitalで行われているとのことです。MD Andersonが本院と同様の方針でかつ同様の質でCommunity baseの医療を進めていこうという取り組みなのだそうです。外来見学の後は、昼食をReyna先生とNurse practitionerのSueさんと近くのTexMexのレストランで頂きましたが、色々な話を聞くことができ、大変勉強になりました。
 午後はまた1時間かけて本院に戻り、JanisによるLeadershipについての講義・討論があり、Breast Cancer Management Conference、Dr. DeSnyder先生のリンパ浮腫の講義に参加して、同日の予定を終了しました。
 今日で研修も折り返しです。後半も頑張りたいと思います。
|施設名:福島県立医科大学 |名前:田巻 倫明 |掲載日時:2017/08/10 14:13:05 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
田巻先生、皆様

お疲れ様です。いつも研修報告を楽しく拝見しており、勉強させていただいています。
MD Anderson Cancer Center Woodlandsの見学、素晴らしいですね。2016はそこには見学に行っていないです(よね?)。また、2016ではなかったリンパ浮腫の講義も興味深いです。
日本は台風の影響か、天候が不安定です。引き続き体調に気を付けて充実した研修を楽しんでください!
|施設名:虎の門病院 |名前:尾崎 由記範 |掲載日時:2017/08/10 16:09:33 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day21
福島県医科大学附属病院の保坂ルミです。Day21の報告をいたします。

MDACCでは多岐にわたるチームがSurvivorship Support Serviceを提供しています。
本日は、午前中Breast Survivorship Clinicの見学をしました。このClinicでは、基本的に乳がん治療後5年を経過した患者さんのフォローアップを行っています。1人30分間の予約枠で、1日10人〜15人程度の患者さんにANPが対応していました。ANPは、患者さんのHistoryや診察から状況を評価し、細やかな指導やケアはもちろんのことBone Health ClinicやDepartment of Clinical Nutrition等との調整を行っていました。患者さんの一人がリンパ浮腫治療である弾性着衣を着用していました。ANPは、自宅でのセルフケアの状況を確認しつつPositiveなフィードバックを繰り返していましたので、患者さんのモチベーションは随分と高まったのではないかと感じました。その後、ANPは着衣の替え購入のための助成申請文書を作成していました。ちなみに日本では着衣購入の際に医師の診断書(指示書)が必要で、私の施設では患者さんの手元に届くまで数週間を要します。必要なことが効率よく進められていることを羨ましく思いました。
今後、日本におけるSurvivorのサポートについては検討されるべき課題が多くあると感じました。

MDACCの研修においてはじめから感じていたいことですが、とにかくどこに行っても患者−医療スタッフ間、医療スタッフ間のコミュニ―ケーションが素晴らしい。もちろん日本との文化の違いはあるのかもしれませんが、このスキルが関係性(信頼)の構築、患者の満足度向上に繋がるとすれば、日本においても意図的に何らかのことはできないものかと考えさせられました。まずは、自分の身近なところから見出していきたいと考えています。

 午後からはProton Therapy Centerを見学しました。このセンターは2006年にオープンし、前立腺、肺、頭頚部、食道等に対して先進的放射線治療を提供しています。なんと朝4時から夜12時まで稼働しており、1日100人以上の患者さんが治療を行っているとのことでした。メディケア(65歳以上の高齢者身障者向けの公的保険制度)の適応になっているようです。見学担当者のChamblee氏は、治療後も身体への影響が少ないことから治療と仕事や学業との両立が可能であることを強調されていました。小児への治療体制では、preparationとして木製おもちゃの治療台が用意されていたり、セデーションのための部屋が整備されていたりしました。そしてこのセンター自体にもPatient Libraryがあり、図書やパンフレット、DVT閲覧やネット検索等が可能となっていました。最新の医学および看護学の学術雑誌も用意されていました。
 その後、病棟Nursing Ethics Roundsを見学しました。病棟の看護師さん、Dr. Neumannも参加され、ケースに対するディスカッションを行いました。最後にチーム全体でDr. Neumannとミーテイングを行い、これまでの経過の報告や今後の予定調整などを行ってMDACCをあとにしました。

メンバーそれぞれに少し疲れが出てきているように思えますが、力を合わせて頑張っていきたいと思います。
お世話になっている皆様、本当にありがとうございます。

|施設名:福島県立医科大学附属病院 |名前:保坂ルミ |掲載日時:2017/08/12 03:41:59 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
|施設名: |名前: |掲載日時:2017/08/12 03:42:01 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
このSurvivorship Support Service.
おそらく第3次対がん基本計画のコンテンツになっていくので、ぜひよく勉強してきてください。体力的にもきつくなっているとおもいますが、適宜さぼりながら(?)がんばってください
|施設名:FMU |名前:佐治重衡 |掲載日時:2017/08/12 22:45:56 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告 Day22
がん研有明病院 病理部の大迫智です。

JME2017も早いもので22日目、残すところ2週間ちょっととなりました。グループでの見学やレクチャーに加えて、各自の専門分野の見学、ミッション・ビジョン探し、CV(履歴書)作成、プロジェクトの準備などに追われ、忙しい毎日を送っています。

この日も、典型的な忙しい1日でした。午前中にホスピス見学、午後はバーンアウト(燃え尽き症候群)のレクチャー、アパートに戻って プロジェクトの準備、上野先生とのミーティングと続きました。

本日は、ホスピス見学について記載します。

【Houston Hospice】
MD AndersonのFaculty Centerから2ブロックのところにあるホスピスです。ヒューストン市長の邸宅だった場所を年間1ドルで借りているとのことで、手入れが行き届いた明るい庭園と格式のある建物でした。現在、ヒューストンには80以上のホスピスがあり、施設間の競争が激しいのですが、Houston Hospiceは非営利であることと、小児を扱っていることを特徴としています。

【ホスピス患者】
患者は余命6ヶ月未満であることを医師が証明した人です。ほとんどががん患者かと思っていたら、驚いたことに がん患者は30〜40%で、過半数は非がん患者(慢性心不全、COPDなど)です。

【ホスピスでの多職種チーム】
ホスピスでの多職種チームは、通常の診療における多職種チームとは大きく異なります。看護師、ソーシャルワーカー、チャプレンが主役で、医師はどちらかと言うと脇役です。
ソーシャルワーカーというと患者・家族を支援する職種と漠然と思っていましたが、こちらでは心理学もしくは社会学を専攻した学士号もしくは修士号を持ち、専門性があります。
チャプレンはホスピスに特徴的な職種で、もともとは“教会でなく社会組織に使えるキリスト教の司祭”のことです。キリスト教由来の職種ですが、Houston Hospiceでは宗教性をそれほど出していません。Spiritualityを扱い、患者の話を聞いて、心を平穏にするのが仕事だと言っていました。患者には “Are you in peace?”、“How do you want to die?” とよく尋ねるそうです。
これらの職種以外にも、ボランティア、Bereavement coordinatorという残された家族に対するケアをする職種もあります。

【ホスピスでの4つのケア】
在宅ケア、入院ケア、クライシス・ケア、家族ケア(Respite for family)の4つのレベルがあります。患者の大部分は在宅で診ていて、現在250人ほどだそうです。入院ベッドは30床ほどで、状態が悪くなったときに入院するため 入院期間は5〜7日です。空きベッドも多く見られました。クライシス・ケアは患者の症状が強いときに、看護師が家で24時間付き添うケアです。また、家族が休めるためのケアもあります。

ホスピスを訪問するのは初めてで、訪問前は末期患者が多数入院している 暗い施設かと思っていました。しかし、最初に現れたDr. Trinhが非常に元気で明るい医師でホスピスのイメージが変わりました。また、ホスピスにおけるチーム医療は、通常の診療におけるチーム医療とは大きく異なりますが、職種の専門性が確立している点は共通しているように思いました。
|施設名:公財)がん研究会 有明病院 病理部 |名前:大迫  智 |掲載日時:2017/08/12 22:58:35 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:Japanese Medical Exchange Program2017 現地報告
皆様の報告、日々楽しみにしています。たしかにhouston ホスピスは癌の方のみならず他疾患の方が多くいらっしゃることで、一人一人の人生を医療がどのようにサポートできるか、という本質が見えやすくなりますね。がん診療の専門性のみならず、さらに医療について広い視野を得られるチャンスですね。
|施設名:つくば |名前:坂東 |掲載日時:2017/08/15 08:17:02 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
前へ前へ 1234|5|678 次へ次へ


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center