米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

治療とその選択

* 掲示板トップページに戻る

■ 原発不明がんについて  
82歳母の原発不明がんのことでご相談させていただきます。
昨年の6月、息切れを訴えたため病院に行くと、胸水が大量に溜まっており、癌性胸膜炎と診断されました。胸水からは腺がん細胞が見つかり、CTや胃カメラ、大腸内視鏡などを行いましたが、原発巣は不明でした。3週間の入院中に2.5Lの胸水を抜いて、胸膜癒着術をし、胸水が溜まらなくなったので退院となりました。
退院後は体調が良く普通の生活を送っておりました。7月にはPET-CT、10月には甲状腺の細胞診とCTを受けましたが、原発巣は不明のままでした。
今年の1月に左脇に腫瘤を触れたため、生検とCTをしました。生検では腺がんが見つかりましたが、原発不明ステージ4の診断でした。腫瘤は7cmくらいで、そのうち皮膚を破って表面に出てくるだろうと言われました。
一般血液検査や腫瘍マーカーは異常なしです。
母は食欲もあり、少し息切れはあるものの、栄養状態もよく、普通の生活を送ることができています。

お尋ねしたいのは次の2点です。

1. セカンドオピニオンについて

現在は地方都市の総合病院にかかっていますが、原発不明がんに詳しい病院でセカンドオピニオンをしていただくと、原発巣がわかったり、他の有効な治療法を提案していただける可能性がありますか。

2. 治療について

母が82歳と高齢であり、本人が抗がん剤治療を望んでいないこともあり、主治医からは症状が出たら対症療法や緩和ケアを行いましょうと言われています。
しかし、家族としてはこのまま無治療というのはどうなのだろうかという疑問があります。もし、副作用が少なく効果が期待できる最新の治療法があれば教えていただけないでしょうか。

原発不明がんということで情報が少なく 、本人も家族も心配でたまりません。どうぞよろしくお願いいたします。
|都道府県:山口県 |名前:lily |掲載日時:2017/02/13 10:00:23 |コメント数(4) |
| | |  編集キー:

Re:原発不明がんについて
lily 様

腫瘍内科をしている三浦裕司と言います。
お母様が原発不明がんと診断されたとのことで、ご心配なお気持ちをお察し致します。
また、現在お母様の症状も軽度で、普通の生活をお送りになっているとのことで何よりです。

ご投稿いただきました内容から、画像検査、血液検査、今年の1月には腫瘍組織を採取して病理検査と、一通りの検査を受けておられるように思います。
原発不明がんの場合、原発の推定(原発巣が存在しない場合でも)が治療選択にとても重要であり、一つの病理検査で大きな情報が得られたりする場合もあります。
もう既におかかりの病院で十分検討が行われており、セカンドオピニオンを受けても同じ結果になることもありますが、原発不明がんの経験の多い病院にセカンドオピニオンを受けることは、複数の専門家の目を通すという意味でも、検査の再確認になりますし、何よりご本人とご家族のご安心のためにも有効ではないかと思います。

また、治療法の決定については、ご本人のご希望やご年齢も非常に大事な要因だと思います。
ただ、使用する薬剤によって副作用も期待される効果も様々ですので、具体的な治療法の提示がないと皆様も決めようがないのではないかと推察します。
極端な例を挙げると、原発巣が見つからなくても、組織検査の結果ホルモン受容体が陽性の場合、乳がんを想定して治療されることがあり、その場合はホルモン治療が適応されることがあります。ホルモン治療も副作用がないわけではありませんが、通常の抗がん剤治療と比べると、だいぶ生活の質が変わってきます。

上記を踏まえても、腫瘍内科など原発不明がんの診療に精通している科へ、一度セカンドオピニオンを受けるのは、良いのではないかと思います。

お母様、ご家族の皆様が安心して過ごされることができるための一助となれば幸いです。

三浦
|都道府県:東京都 |名前:三浦裕司 |掲載日時:2017/02/14 07:08:37 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:原発不明がんについて
三浦先生

お忙しい中、早速のご丁寧なお返事、誠にありがとうございます。
原発不明がんの診断に納得するために、また新たな治療法を探すためにもセカンドオピニオンを受けたいと思います。その中で、副作用の少ない有効な治療法が見つかれば幸いです。
先生のご親切なアドバイスをいただき、セカンドオピニオンへ踏み出すことができます。本当にありがとうございました。
|都道府県:山口県 |名前:lily |掲載日時:2017/02/14 09:38:32 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:原発不明がんについて
lily様

ご返信ありがとうございます。
2013年と少し古い情報になりますが(基本的な概念は今も変わりません)、Cancer Channelというweb siteで、原発不明がんについて患者さん向けに説明させていただいた動画が配信されております(下記URL)。顔付き動画で少し恥ずかしいのですが、セカンドオピニオンをお受けになる際の予備知識として少しでもお役に立てれば幸いです。

http://www.cancerchannel.jp/post19324

三浦
|都道府県:東京都 |名前:三浦 裕司 |掲載日時:2017/02/14 15:02:49 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:原発不明がんについて
三浦先生

お忙しい中、度々ご返信下さり誠にありがとうございます。
先生のビデオを拝見させていただきました。素人の私にも原発不明がんのことがわかりやすく丁寧に解説してあり、セカンドオピニオンを受ける際にとても役立つものでした。
ビデオを拝見して1つだけ気になったことがあります。
母の場合には、乳がんや婦人科系の検査を受けていないことです。母は閉経後20キロほど体重が増えたので、そちらのがんも気になっていたのですが、全身のCTやPETのみの検査でした。
また、主治医の先生がおっしゃったことで思い出したことがあります。
6月の胸水細胞診で、免疫染色から腸管由来の細胞が出たため、消化器系の検査をしたということです。胃や大腸から原発巣が見つからなかったので、もしかしたら小腸かもしれないが、可能性は低いだろうということでした。
セカンドオピニオンについてですが、母は望んでいないので、姉と私が行くことになりそうです。今、どこの病院がいいか検討中です。
いろいろと本当にありがとうございました。
|都道府県:山口県 |名前:lily |掲載日時:2017/02/14 20:14:13 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center