米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

患者と医療者のコミュニケーション

* 掲示板トップページに戻る

■ 薬の投与期間について  
乳癌手術をし、ホルモン治療3年目に担当医が病院から診療所に移られたので担当医について診療所に変わりました。その間投薬期間は3か月毎。その後再発したため総合病院で手術をしていただきました。そのまま総合病院で新しい担当医の元でホルモン治療を始めていますが担当医が開業されたのでそちらで治療をすることにしました。開業された医院で初診時に「今まで病院では3か月毎に投薬できていたが、診療所では2が月になるみたいで・・・むにゃむにゃむにゃ」となんとなく言いにくそうにされてたのですがその時はなんだか?不思議に思いながらも、すぐ気づかず処方箋を2か月でいただきました。えっ?と思いながらそのまま2か月の処方箋をいただきましたが、よく考えると以前の担当医の診療所では3か月毎で出していただいてたので、薬局で尋ねると「病院、診療所に関係なく投薬制限のある薬でないので、3か月毎に出せますよ。」と言われました。癌治療はお金がかかるので3か月毎でお願いしたいのですが、先生にどのようにお伝えすればスムーズに処方箋を3か月毎にしていただけるのか悩んでいます。どうぞよろしくお願いいたします。
|都道府県:愛知県 |名前:オリーブ |掲載日時:2018/04/04 11:30:06 |コメント数(2) |
| | |  編集キー:

Re:薬の投与期間について
オリーブさま

こんにちは。病院薬剤師のYと申します。
質問をいただいてから、回答をお返しするまでに時間が
かかってしまい申し訳ありませんでした。

オリーブさんが書かれた
”主治医に、薬を処方してもらう日数を増やしてもらいたい
けれど、どのように伝えたらよいか”
という悩みですが、同じような相談を私も患者さんから
受けることがあります。
その際にお伝えしていることを、オリーブさんにもお話し
したいと思います。

まずは、
”お薬をもらう日数の希望がある場合は、主治医に患者さん
からお話しても大丈夫ですよ。遠慮しないでくださいね。”
と、患者さんにお話しています。
そのときの患者さんのお返事や表情をみて、
”もし良ければ、私から〇〇さんの気持ちを主治医に伝えて、
希望されるお薬の日数にできるか聞いてみましょうか。”
と、お話しします。
そうすると”自分で話してみます”という方もいますし、
”あなた(薬剤師)から、聞いてもらえますか”という方も
います。

オリーブさんは、主治医とは総合病院からの関わりという
こともあり、主治医に直接、気持ちや希望を伝えられる間柄に
なっているのではないでしょうか。
もしくは、お薬の日数について質問をした薬局の薬剤師に、
オリーブさんの気持ちと希望をお話して、薬剤師から
主治医に伝えてもらうことも一つの方法です。

もし、3ヶ月の処方がかなわなくても、2ヶ月しか処方できない
理由を改めて知ることにつながれば、
”それではどうしようか”と、ご自身の考えを先に進められると思います。

医療者に自分の気持や希望を伝えることは勇気がいるかもしれません。
私は、患者さんから相談されたときに、その方の悩みを少し
でも減らせるお手伝いをできることを嬉しく思います。
それは、オリーブさんの主治医も薬局の薬剤師も同じだと思います。

オリーブさんが気持ちを伝えられますように。
納得した治療が続けられますように。
応援し、祈っています。
|都道府県:栃木県 |名前:Y |掲載日時:2018/04/13 08:58:33 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:薬の投与期間について
病院薬剤師 Y様
お忙しい中、真摯にお答えいただきありがとうございます。
先生にどのように伝えればいいのかずっと悩んでいました。
口下手なので先生に上手く伝えれるか心配なので調剤薬局の薬剤師さんから尋ねていただると知りホッとしています。
ほんとにありがとうございまいた。
|都道府県:愛知県 |名前:オリーブ |掲載日時:2018/04/16 18:12:01 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center