米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

ライフスタイル

* 掲示板トップページに戻る

■ 脱毛と床屋  
先日、少し年配の男性の患者さんがぽろりとおっしゃっていました。

「床屋に行きたいんだけど、髪がたくさん抜けるから、
 ごしごしこすられるのもいやだし、病気のことも言いたくないし、
 女房が切ってやるって言うんだけど、変になっても困るし・・・」

女性では化学療法による脱毛のことがよく問題になりますが、
男性も困りますよね。
特に、女性は髪が多少伸びてもそのままにしておけますが、
男性、特に年配の方は短くされていることが多いので、
少し伸びても気になると思います。

理容師さんや美容師さんの間では、こういった患者さんに対して、
どのような認識があるんでしょうか?
なにかバックアップをしてくれるような動きがあるとうれしいですね!
|都道府県:愛知県 |名前:佐藤 由美子 |掲載日時:2009/06/26 22:27:24 |コメント数(21) |
| | |  編集キー:

Re:脱毛と床屋
なるほど、脱毛だけではないですね。
命も、ライフスタイルも、両方尊重できる医療を実現して行きたいですね。
ところで、さきほどNHKのニュースで、
タオルでつくる帽子をがん患者さんに届けるというのをやっていました。
これからの季節、役に立ちそうです。
http://mainichi.jp/photo/archive/news/2009/05/14/20090514k0000e040019000c.html
岩手のボランティア団体の方の運動なようですね。
|都道府県:愛知県 |名前:佐藤由美子 |掲載日時:2009/07/02 22:07:56 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋

がんの患者さんのために少しでも出来ることを!と、聖路加看護大学の学生さん達が自分の髪の毛を延ばしカツラを作りプレゼントしたことを知りました。
http://cancernavi.nikkeibp.co.jp/report/090421_01.html

学生さんの想いがとても伝わってきます。
|都道府県:青森県 |名前:佐藤 |掲載日時:2009/07/03 09:08:54 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
久しぶりに覗きました。脱毛、私も経験しました。

髪だけでなく、身体の毛はすべて抜けます。わき、陰部、まゆ、睫。私は睫が抜けたのが少しショックでした。メイクをしてもどこか力のない顔になり、まさに病人という感じ。でもそれもすぐに慣れました。

人目を気にしないために、ウィッグは有用です。丸坊主になった自分も悪くないのですが、さすがに周囲がびっくりしたのでつけました。一番困ったのは、診断がつき入院までにしなければならないことが山のようにあって(入院準備、仕事の調整、家の調整など)時間がなかったことでした。入院するとすぐに抗がん剤投与が始まり、日々のスケジュールをこなすだけで精一杯。副作用や体力の問題もあり、簡単に外出もできない。ウイッグは高価なものなので買うには勇気が要りました。私の場合は幸いにも友人がすべて調整してくれました。本当にありがたかったです。こうしたサポートが、大変な治療に向き合うエネルギーを与えてくれたように思います。

ウイッグをつけはじめは抵抗感もありましたが、今となってはつけないとまるで洋服を着ていない感じです。その日の気分で自毛かウイッグかと、楽しんでます^^ 

最近になって抗がん剤投与中と終了後では頭髪の手入れが違うことを知りました。こうした情報をタイムリーに入手できることも患者にとっては有用だと思います。
|都道府県:東京都 |名前:Kumiko |掲載日時:2009/07/03 16:13:10 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
かつらというか、ウィッグですよね。
最近は、おしゃれ用のウィッグも流行ってますし、
特に女性は、わりと抵抗なく使用できているかもしれませんね。
やっぱり人毛がよいのでしょうか。
私の髪でもよいのなら、少しでも協力できたらよいのですが。

先日、また別の年配男性患者さんとこの話題になりました。
なんと、その患者さんはウィッグを作られたそうです。
「早く出来てこないか待ち遠しい」と仰っていました。
|都道府県:愛知県 |名前:佐藤由美子 |掲載日時:2009/07/04 23:31:41 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
美容師です。
抗がん剤使用時の脱毛に対応することは、人体に与える抗がん剤などの副作用全般に対応することに通じると思われ、非常にむずかしい事ですが、微力ながら美容の分野からチャレンジしています。
具体的には、30数年追いかけ続けている、アロマや薬草の頭部浴・アロマタッチをメインにした健康美容を提供しています。開発目的は、嗅覚と頭皮刺激を利用した、ストレス解消による自律神経調整と人体の下部から排泄しにくい脂溶性の有害物質の排泄促進、頭皮・頭髪の生理的保護です。
このアロマタッチは体験上脱毛防止・発毛促進にも有効です。その理由は、役割を終えた抗がん剤などの頭部からの排泄促進が、毛根部の細胞へのダメージを防止、回復させるのではないかと考えています。
私たちは自己開発したこの施術を、ヘッドセラピーと位置づけて、体調を崩された方々のための、メンタルサポートを含めたQOLの向上にも役立つ、新たな健康美容として提供し、挑戦を続けています。
開発メンバーは、電気工学出身の美容師と薬剤師の資格を持った美容師など・・・。
|都道府県:東京都 |名前:斎藤慶之 |掲載日時:2010/05/16 18:02:35 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
斎藤さん

30年もがん患者の健康美容に関わられているとのこと、とても敬服いたします。

アロマや薬草の頭部浴・アロマタッチなど、とても気持ちよさそうですね。後頭部の抜け毛が気になりつつある中年男にも魅力的な情報です。

少し気になったのですが、医療の世界では、脱毛対策として冷たい帽子などで頭を冷やすという方法が検討されてきました。これは冷却により頭皮の血行を抑えることで、抗がん剤が毛根に届きにくくするという仮説によるものです。実際に冷たい手袋をすることで、爪の副作用などを抑えることができたという研究結果も報告されています。

逆に温めるということは、血行を促進するので、抗がん剤投与の時期によっては、逆に悪影響が懸念されます。長期に服用する経口抗がん剤なども注意が必要です。

我々医療に携わる者は、科学的に根拠のある情報をもとに、患者さんへの治療やケアを行う必要があります。これをEBM(Evidence Based Medicine)といいます。

このヘッドセラピーについても、個人的な直感や経験ではなく、根拠に基づいたケアであることを示して頂く必要があり、それには臨床的な試験が必要です。

斎藤さんの30年ものご努力を報いるためにも、がん医療の専門家との共同研究を行い、明らかなエビデンスを示していただけることを期待しています。
|都道府県:兵庫県 |名前:上田 |掲載日時:2010/05/21 18:31:00 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
昨年3月からの化学療法で脱毛し、4月からウィッグ生活、今年5月(つまり今月)になりやっと自毛で外を歩けるまでに回復しました。

生え始めの時期から自毛デビューまでの期間の頭皮毛髪ケアについては情報がなく、手探りでやってみていた感じです。化学療法中に頭皮を冷やす療法は、化学療法投与している正にその時間だけで良いと聞いていましたが、どうなのでしょう?ウィッグ屋でもある程度生えたら頭皮のマッサージをするようなことは言ってましたから、それはいいように思っていたのですが。私は自毛を整えるにもどこに相談すればいいのかわからず困っていたところ、ネットで情報をいただき元患者の美容師さんのところでやってもらいました。ベリーショートにはなりましたが、自分の髪だけで歩ける喜びを満喫しています。
|都道府県:東京都 |名前:eu_ko |掲載日時:2010/05/23 15:04:24 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
脱毛の問題は、たとえ「一時的なこと」と説明を受けたとしてもとても辛いことですね。
抜けている間の頭皮のケアや対処など、現場の医療者はなかなか情報がなく、患者さんの対処や体験を聞きながら学ぶ方が多いように思います。

現場では、治療中はシャンプーを使わずに簡単にお湯で頭皮をすすぐなど刺激にならない程度にしておられる方が多いように思います。
|都道府県:京都府 |名前:井沢 |掲載日時:2010/05/24 08:17:44 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
 初めまして、美容師をしています。

私の仕事は外見をその人らしくする仕事と思っています。
皆様の心労立場が違うとはいえ、同じ女性として又、家族を支える立場としてお察し致します。
そして、皆様の実体験のコメントを拝見させて頂き心が痛みました。

 海外では美容ケアーを行っている病気もあり外見のケアーを大切に考えてる病院・地域があるようですが,日本ではまだ認識が薄い様に思います。

私は、普段はサロンで仕事をしておりますが美容の仕事を通し何かお役にたてる事があればと思いコメントさせて頂きました。

私の場合スタートしたばかりですが、ご自宅・医療施設訪問・させて頂き髪のケアーやフェイシャル・ハンドケアー・ウイッグのご相談等を行います。一緒にかんがえませんか?

「バックアップをしてくれるような動きがあるとうれしい」とのコメントにお応え出来る様今後もコメントを拝見させて頂き参考にさせて頂きます


皆様の日常がより良く過ごせる事を願っています。
まだ、寒い日がありますがどうぞご自愛ください。
|都道府県:大阪府 |名前:モトイ |掲載日時:2017/02/24 15:30:06 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
Re:脱毛と床屋
外見の問題はとても重要な課題ですよね、私は美容の仕事を通して出会う方がその人らしく一日を過ごして頂く事です、今病気である方そうでない方に関係なく担当させて頂く皆様、ご家族がその日幸せに過ごせれば何よりです。もし、お役にたてる事があればご相談下さい、サポートします
プライバシーは厳守致しますが、ご病気の事はお伺いしておく方が良いと思います
|都道府県:大阪府 |名前:基 伊津子 |掲載日時:2017/02/28 11:32:36 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
前へ前へ 1|2|3 次へ次へ


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center