米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 Team Science Oncology Workshop Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


カテゴリー名

ライフスタイル

* 掲示板トップページに戻る

■ 脱毛と床屋  
先日、少し年配の男性の患者さんがぽろりとおっしゃっていました。

「床屋に行きたいんだけど、髪がたくさん抜けるから、
 ごしごしこすられるのもいやだし、病気のことも言いたくないし、
 女房が切ってやるって言うんだけど、変になっても困るし・・・」

女性では化学療法による脱毛のことがよく問題になりますが、
男性も困りますよね。
特に、女性は髪が多少伸びてもそのままにしておけますが、
男性、特に年配の方は短くされていることが多いので、
少し伸びても気になると思います。

理容師さんや美容師さんの間では、こういった患者さんに対して、
どのような認識があるんでしょうか?
なにかバックアップをしてくれるような動きがあるとうれしいですね!
|都道府県:愛知県 |名前:佐藤 由美子 |掲載日時:2009/06/26 22:27:24 |コメント数(21) |
| | |  編集キー:

Re:脱毛と床屋
見た目の事は男性でも女性でもとても大事な事はだと思います。
私は美容師の立場から皆様の悩みに答えていきたいと、思い病院関係へ声をかけさせて頂いております、多くの医療現場で美容師の仕事が患者の方のお役にたてる事を願っています。
|都道府県:大阪府 |名前:基 伊津子 |掲載日時:2017/03/21 11:31:43 |
| | |  編集キー:
Bookmark and Share
▲TOP
 
■ 記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。
■ 長い半角英数字(URL等)は、一部ブラウザで表示が崩れる原因となりますのでご注意ください。
 
 
前へ前へ 12|3|


  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center