米国テキサス大学M.D.アンダーソンがんセンター Japan TeamOncology Program (J-TOP) 患者さん中心のがんチーム医療のために
チームオンコロジー.Com

  << ホーム
掲示板チームオンコロジー
医療関係者の方
一般・医療関係者の方へ
連載コラム それぞれの立場から ヤングオンコロジースペシャリストの声 MDA ニュースリリース 臨床試験について プレスカンファレンス 新聞・雑誌から 米国がん情報の購入 自然災害発生後のがん対処法
チームオンコロジーについて
がんのチーム医療
(チームオンコロジー)とは
MDアンダーソンがんセンターの概要と見学レポート MDAコミッティ紹介 J-TOPチューター紹介 J-TOP執行委員会・運営委員会 チームオンコロジーへの道
チームオンコロジーを学ぶために
CD-ROMバックナンバー購入 TeamOncology Leadership Academy Training Program in Houston チームオンコロジーセミナー 研究会・勉強会情報
チームオンコロジー.Com 入会
よりよいチーム医療のために 会員特典 入会申込(会費無料)
会員ログイン
Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


患者さん 掲示板

カテゴリー名

治療とその選択

* 掲示板トップページに戻る


■下記テーマに対してコメントを投稿します。
■フォームに必要事項を入力し、最下部の「確認」ボタンを押してください。
■  タイトル    
■  投稿内容    
■  名前    
■  都道府県    
■  性別
■  年齢
■  編集キー    
 [半角英数4文字]





■ 原発不明がんについて  
82歳母の原発不明がんのことでご相談させていただきます。
昨年の6月、息切れを訴えたため病院に行くと、胸水が大量に溜まっており、癌性胸膜炎と診断されました。胸水からは腺がん細胞が見つかり、CTや胃カメラ、大腸内視鏡などを行いましたが、原発巣は不明でした。3週間の入院中に2.5Lの胸水を抜いて、胸膜癒着術をし、胸水が溜まらなくなったので退院となりました。
退院後は体調が良く普通の生活を送っておりました。7月にはPET-CT、10月には甲状腺の細胞診とCTを受けましたが、原発巣は不明のままでした。
今年の1月に左脇に腫瘤を触れたため、生検とCTをしました。生検では腺がんが見つかりましたが、原発不明ステージ4の診断でした。腫瘤は7cmくらいで、そのうち皮膚を破って表面に出てくるだろうと言われました。
一般血液検査や腫瘍マーカーは異常なしです。
母は食欲もあり、少し息切れはあるものの、栄養状態もよく、普通の生活を送ることができています。

お尋ねしたいのは次の2点です。

1. セカンドオピニオンについて

現在は地方都市の総合病院にかかっていますが、原発不明がんに詳しい病院でセカンドオピニオンをしていただくと、原発巣がわかったり、他の有効な治療法を提案していただける可能性がありますか。

2. 治療について

母が82歳と高齢であり、本人が抗がん剤治療を望んでいないこともあり、主治医からは症状が出たら対症療法や緩和ケアを行いましょうと言われています。
しかし、家族としてはこのまま無治療というのはどうなのだろうかという疑問があります。もし、副作用が少なく効果が期待できる最新の治療法があれば教えていただけないでしょうか。

原発不明がんということで情報が少なく 、本人も家族も心配でたまりません。どうぞよろしくお願いいたします。
|都道府県:山口県|名前: lily|掲載日時:2017/02/13 10:00:23


▲TOP
  FAQお問い合わせプライバシーポリシーサイトマップ All Rights Reserved, Copyright (C) The University of Texas MD Anderson Cancer Center