チームオンコロジーとは

J-TOPチューター紹介

J-TOP Tutors

看護師:細川 恵子

細川 恵子 Keiko Hosokawa

看護師

聖路加国際病院 St. Luke's International Hospital

医療の中で今や欠かせないチーム医療。多職種とかかわるときに、みなさんはどうアプローチしていますか? よりよい医療を患者さんに提供できるように、皆さんと一緒に考えていけるといいなと思っています。
看護師:森恵子

森 恵子 Keiko Mori

看護師

浜松医科大学医学部看護学科 Hamamatsu University School of Medicine

今後チーム医療のメンバーとして働く、看護師を目指す看護学生達に、学内での授業、臨地実習を通して、チ一ムにおける看護師の役割を考えながら、看護を学んでいけるよう、教育に携わっていきたいと思っています。
看護師:井沢知子

井沢 知子 Tomoko Izawa

看護師

京都大学大学院 医学研究科人間健康科学系専攻 Kyoto University

チームオンコロジーでは、自己のキャリア開発・他職種の理解と尊重・チームBの存在の大切さ・医療者の倫理・真のリーダーシップなど多くを学びました。現場でこの素晴らしい経験を活かせるよう、日々奮闘しています。
看護師:前田邦枝

前田 邦枝 Kunie Maeda

看護師

聖路加国際病院 St. Luke's International Hospital

チームオンコロジー.Comでは、珍しい(?)小児科担当のNurseです。小児科は他科に比べ、チーム医療の素養がもともと高い部署だと思いますが、このWebサイトでさらに磨きをかけられるように、皆様と一緒に勉強してゆきたいと思います。
看護師:高木万利子

高木 万利子 Mariko Takagi

看護師

元聖路加国際病院 Former St. Luke's International Hospital

がん医療に個人プレーで燃え尽きそうな方、私達のセミナーに参加して下さい。自分の病院と外の病院に仲間をみつけたら、気分はリフレッシュし、明日への力があふれます。一緒に日本のがん医療を、チームオンコロジーを推進しましょう。
看護師:古屋由加

古屋 由加 Yuka Furuya

看護師

広島大学病院 総合医療研究推進センター Hiroshima University Hospital/Center for Integrated Research

私にとってチームオンコロジーは、癌だけでなく、さまざまな病気と闘う患者を支える医療のあり方を多角的に捉える際の「核」となるものであり、迷った時に原点にリセットできる駆け込み寺的ホームグランドです。
看護師:奥出有香子

奥出 有香子 Yukako Okude

看護師

順天堂大学医学部付属順天堂医院 Juntendo University Hospital

「患者・家族にとって満足のいく医療」「患者・家族を中心とした医療」「その人らしさやその人の生活を尊重した支援」をチーム医療で実現していきたいと思っています。チームオンコロジー.Comでは、他職種とディスカッションすることで、いつも新しい発見があり、看護師とは何をする役割なのかということを見つめ直すことができる貴重な場です。現在乳腺センターで、忙しさの中にも楽しさを感じつつ日々奮闘しています。
看護師:田口賀子

田口 賀子 Yoshiko Taguchi

看護師

大阪府立成人病センター Osaka International Cancer Institute

チームオンコロジーの活動を通して多くの刺激を受けています。医療者や患者さんを含む、さまざまな人々とネットワークを持ち続け,看護の専門性やすばらしさをアピールしていきたいと考えています。
看護師:北山さゆり

北山 さゆり Sayuri Kitayama

看護師

姫路赤十字病院看護部 Japanese Red Cross Society Himeji Hospital

チームオンコロジーは看護師として歩む私に、大切な仲間とキーワードを与えてくれました。今ではそれが、医療・看護を考え、実践する上での勇気となっています。このすばらしい体験の輪を広げたいです。
看護師:佐藤仁美

佐藤 仁美 Hitomi Sato

看護師

国立がんセンター中央病院17A National Cancer Center Hospital

チームオンコロジーと出会って「家族」ができました。迷ったとき、悩んだとき、いつでも力強い味方です。これから、もっと多くの方が、家族の一員としてチームオンコロジーに参加してくれることを願っています。
看護師:野木雅代

野木 雅代 Masayo Nogi

看護師

元東京医科大学病院 Former Tokyo Medical University Hospital

より良い医療を目指していくことに国境はないということを、チームオンコロジーで学びました。全ての患者様がより良い医療を受けられるよう、私達医療者が一丸となって楽しくチームを結成することが大切だと考えています。
看護師:山口眞由美

山口 眞由美 Mayumi Yamaguchi

看護師

広島大学病院 Hiroshima University Hospital

チームだからこそ患者さんの難しい状況にも最善を目指せる。チームメンバーの一員として、専門性を十分生かし、患者さんが納得できる医療を提供し続けられる看護師でありたいです。
看護師:古賀 範子

古賀 範子 Noriko Koga

看護師

国立がんセンター中央病院 National Cancer Center Hospital

個々ではなく多くの職種が力を集結することで、さらに大きな力に変えていけると感じました。患者さん自身が自分の人生について、どのような生き方をしていきたいか考え選択できる力を養えるよう支援していきたいです。
看護師:高橋智子

高橋 智子 Satoko Takahashi

看護師

順天堂大学医学部付属順天堂医院 Juntendo University Hospital

患者さんの為により良いチーム医療を提供したいという思いをきっかけにチームオンコロジーと出会い、本当に多くのことを学んでいます。自分の貴重な経験を少しでも多くの方に伝え、より良いチーム医療について一緒に考えていきたいと思います。
看護師:帶刀 朋代

帶刀 朋代 Tomoyo Taito

看護師

東京医科大学病院 看護部 Tokyo Medical University Hospital

チームオンコロジーと出会って、これは単なるスキルではなく一人の人間としての成長に関わるキャリアに関連するものだと学びました。まだまだ未熟な自分ですが、足元を確実に固める一歩一歩の地道な活動を心がけています。
看護師:中田登紀江

中田 登紀江 Tokie Nakata

看護師

元 神戸大学医学部附属病院 看護部 Former Kobe University Hospital

ビジョンはもちろんですが、チーム医療で重要なことはディスカッション・スペシャリティ・リスペクトだということをMDACCで実感しました。師長としてみんなと一緒にやりがいと成長できるチーム作りを目指したいと思います。
看護師:千葉育子

千葉 育子 Ikuko Chiba

看護師

国立がん研究センター東病院 National Cancer Center Hospital East

チームオンコロジ―に参加し、「がんチーム医療を担う一員として、看護師は何をするべきか?また、自分には何ができるか?」を、広く深い視点で考えることができました。この体験は私の人生の中でかけがえのないものです。
看護師:濱嶋 夕子

濱嶋 夕子 Yuko Hamajima

看護師

Stanford Cancer Center

チーム医療に大切なことは各職種がそれぞれの専門性を生かして責任を果たすことであるとMDACCでの研修で学びました。それぞれの役割を拡大し、結果として患者さんの満足度を高められるようなチーム医療を目指していきたいと思います。
看護師:大内 紗也子

大内 紗也子 Sayako Ouchi

看護師

京都大学医学部附属病院 Kyoto University Hospital

チーム医療の大切さが叫ばれて久しいですが、はたして「チーム医療」とは何か、チーム医療を実践するために必要なミッションやビジョンとは何か、今後の自分はチームの中で、どんな役割を果たせばよいか、これからの自分のためにたくさんのことを学びました。学んだことを日々少しずつ実践する毎日です。
看護師:苅谷三月

苅谷 三月 Mitsuki Kariya

看護師

岐阜大学医学部付属病院 Gifu University Hospital

チーム医療の実践には、個人のキャリアディベロップメントを明確にし、それぞれがリーダーシップを発揮することだとMDACCで学びました。今後も多くの方々との出会いを大切にし、より良い医療のために共に学びたいと思います。
看護師:江藤美和子

江藤 美和子 Miwako Eto

看護師

ベルランド総合病院看護部 The Bell-land General Hospital

真のチーム医療の実現を目指して、自分が何を目指して実践すればよいのか、MDACCでの研修で見つめなおすことができました。出会ったJMEメンバーや当院のスタッフと力を合わせてビジョンの達成を目指していきます。
看護師:若杉 歩

若杉 歩 Ayumi Wakasugi

看護師

千葉大学大学院看護学研究科博士後期課程 Graduate School of Nursing, Chiba University

チーム医療に悩み、J-TOPに出逢いました。皆さんと一緒にチーム医療について考えられると嬉しいです。
看護師:市成陽子

市成 陽子 Yoko Ichinari

看護師

岐阜県看護協会 Gifu Nursing Association

がん医療の発展のため、多くの仲間とともにチーム医療の実践を目指しています。ミッション・ビジョンを常に心に掲げながら、自身の専門性を高め、チームにおける看護の役割を果たせるよう努力していきたいです。
看護師:藤澤陽子

藤澤 陽子 Yoko Fujisawa

看護師

千葉大学医学部附属病院看護部 Chiba University Hospital

チーム医療において看護師が役割を果たすことの重要性を感じ、周囲に示せるように、これからも学んでいくとともに、チームで協働することのよさや楽しさをぜひ多くの人たちと分かち合っていきたいと思っています。
看護師:藤原登茂

藤原 登茂 Tomo Fujiwara

看護師

聖路加国際大学大学院 看護学研究科 St.Luke's International University, Graduate School

自分が提供したい真の看護を実現するにはどうするべきか。 J-TOPで出会った先生達がそのエッセンスを教えてくださり、世界が広がりました。私もまだまだ学び始めたばかりですので、共に学んでいけたら嬉しいです。
看護師:山上 睦実

山上 睦実 Mutsumi Yamagami

看護師

東京大学医学部附属病院 The University of Tokyo Hospital

“チーム医療”の重要性は認識していましたが、そのために何をすべきか、私が貢献できることは何だろうと研修を通し、深く考えるようになりました。
チーム医療の実践者となるために、看護の専門性を追求し、学び続けること、コミュニケーションと出会いを大切にして、思いや考えを人に伝える言葉を持てるようこれから成長していきたいと思っています。
看護師:田中 美帆

田中 美帆 Miho Tanaka

看護師

大垣市民病院地域医療連携部緩和ケアセンター Ogaki Municipal Hospital

チーム医療の重要性とその大きな力は実感しつつ、看護師としてどのよう取り組むか、悩んでいました。チームオンコロジーに参加させていただき、より深く考えることが出来ました。今後も学びを続けていきたいと考えております。皆さまよろしくお願いいたします。
看護師:保坂 ルミ

保坂 ルミ Rumi Hosaka

看護師

福島県立医科大学附属病院 Fukushima Medical University

患者中心のよりよいチーム医療を実現するための学びの場がここにあります。自身のキャリア開発をしっかりと見据えながら、「看護の専門性を最大限に発揮し、いかにチームに貢献できるか」について考え続ける必要を感じました。真の意味でチーム医療がこの日本に根づくために、共に学び、目指すチームを創り上げましょう。
看護師:淺野 耕太

淺野 耕太 Kota Asano

看護師

京都第二赤十字病院 Kyoto Second Red Cross Hospital

J-TOPのプログラムを通して、チーム医療を学ぶだけでなく、自分自身の実践を再構築する良い機会になりました。この機会を多くの人たちと一緒に共有して、チーム医療の推進を目指していければと願います。
看護師:河村奈緒

河村 奈緒 Nao Kawamura

看護師

静岡県立静岡がんセンター Shizuoka Cancer Center

臨床の現場で悩むことがあると、チームオンコロジーでの学びやメンバーの活動に刺激を受けて、再び臨床で看護に取り組む力を得ています。私も、ミッション、ビジョンに向かって進んで行けるように日々努力していきたいと思います。
看護師:富澤あゆみ

富澤 あゆみ Ayumi Tomizawa

看護師

医療法人社団やまと やまと在宅診療所 Yamato Home care Clinic

地域、在宅の分野では、常に多職種との連携です。J-TOPのプログラムでは、真のチームとは何か?を学ぶ良い機会です。地域、在宅の皆さまのPassion を共有しましょう。
看護師:中村希恵

中村 希恵 Kie Nakamura

看護師

一般財団法人神奈川県警友会けいゆう病院 Keiyu hospital

チーム医療を実践するためには、まず職種間の理解が大切だと考えています。患者さん中心の看護とは何か、患者さんが求めているものは何かを日々感じとれる看護師でいたいと思っています。がん看護・医療への思いを共有できる素敵な仲間と共に語り合いながら、貢献していきたいと思います。

International Tutors

Chiang, Szu-Ting

Chiang, Szu-Ting(Taiwan)

Department of Nursing

National Taiwan University Hospital

It is undoubtedly that through multidisciplinary cancer care can provide patients higher quality of medical care and have better quality of life. By being a JTOP family member and actively participating in various programs.
We can not only improve ourselves, but help others as well.
While developing individual career, I am eager to share and apply what I know and learn to the multidisciplinary team. Moreover,
I want to let more people be aware of the benefits and the importance of team care.
集学的がん治療を通じて、患者に質の高い医療的ケアを提供し、生活の質を高められることに疑いの余地はありません。J-TOPファミリーメンバーになり、さまざまなプログラムに積極的に参加することによって、自分たちを向上させるだけでなく、他者も同様に助けることができます。
個人のキャリア開発と同時に、自分の知識や学んだことを集学的チームで共有し、応用したいと考えています。さらに、チームケアのベネフィットや重要性をもっと多くの人に知ってもらいたいです。