<< ホーム << 患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com
開催のお知らせ
プログラム
募集要項
講演スライド
開催結果
掲示板へ
---

第11回セミナー
第10回セミナー
第9回セミナー
第8回セミナー
第6回セミナー
第5回セミナー
第4回セミナー
第3回セミナー
第2回セミナー
第1回セミナー

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


第7回 みんなで学ぼうチームオンコロジーセミナー
セミナーは終了しました

what's new!

2009.05.29  セミナー参加希望者のお申し込みは、締め切らせていただきました。
 多数のご応募ありがとうございました。
2009.05.07  セミナー参加の募集を開始しました。

概要

日時 2009年7月25日(土)~26日(日) 1泊2日
会場 聖路加看護大学アリスC.セントジョンメモリアルホールおよび聖路加国際病院1号館5階研修室A
〒104-0044 東京都中央区明石町10番1号
(担当者:詳細は追ってお知らせ申し上げます)
第7回コンセプト ワークショップを通じ以下の3点を習得する。
1)医師、看護師、薬剤師が、それぞれの専門性を発揮できるチーム作り
2)EBMの手法を用いた化学療法の決定とサポーティブケアの選択
3)患者中心のチーム医療に必要な職種間のコミュニケーションとリーダーシップの要件
第7回準備委員会
代表世話人 津川浩一郎
準備委員  
医師 齊藤光江、高島淳生、杉山直子
看護師 佐保邦枝、佐藤仁美
薬剤師 奥山裕美、信濃裕美、大里洋一、橋本浩伸
※上の各氏のプロフィールはチューター紹介ページをご覧ください。
スーパーバイザー 上野 直人(M. D. Anderson Cancer Center Medical Oncologist)
中村 清吾(聖路加国際病院 ブレストセンター長)

代表世話人から参加者のみなさんへ

 この度「みんなで学ぼうチームオンコロジー」、第7回目のセミナーを聖路加国際病院で開催させて頂くことになりました。このセミナーは米国M.D.アンダーソンがんセンターの留学者を中心に企画・運営されています。M.D.アンダーソンがんセンターのがん診療システムから学んだことをもとに、わが国に最も適した日本型のチーム医療を模索し、それを核にした質の高い患者中心のがん診療の実現を目指しています。第1回目は2006年1月に行われ、回を重ねてまいりました。
 チーム医療を実現するために大切なキーワードは、「EBM:Evidence Based Medicine、「Leadership」、「Communication」の3つと考えています。各医療専門職が良好なCommunicationのもと、それぞれが主体性を持って、適したEvidenceに基づいた議論を行い、診療計画を立案、実践していくことがチーム医療の根幹といえます。本セミナーのレクチャー、ワークショップ、ディスカッションを通じてこれらのキーワードに関し理解を深めていただければと思います。また、今回は特にサポーティブ・ケアにおけるEBMに関しても注目し、医師以外の専門職にも治療方針決定により深く関わっていただきたいと考えています。一人でも多くの方がご自身の施設に持ち帰ることのできるsomethingをこのセミナーで体験していただけるよう、鋭意努力させていただきたいと思います。
 忙しい臨床の日々をお過ごしとは思いますが、是非ともご参加いただき、有意義な時間を共有できればと思っております。
 (代表世話人 津川浩一郎)


▲TOP