<< ホーム << 患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com
開催のお知らせ
プログラム
募集要項
講演スライド
開催結果
掲示板へ
---

第10回セミナー
第9回セミナー
第8回セミナー
第7回セミナー
第6回セミナー
第5回セミナー
第4回セミナー
第3回セミナー
第2回セミナー
第1回セミナー

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


第11回 みんなで学ぼうチームオンコロジーセミナー
セミナーは終了しました

what's new!

2011.11.30 セミナー参加希望者のお申し込みは、締め切らせていただきました。
多数のご応募ありがとうございました。
2011.11.09 セミナー参加の募集を開始しました。

概要

日時 2012年1月21日(土)~22日(日) 1泊2日
会場 青森県観光物産館アスパム
〒030-0803 青森県青森市安方一丁目1番40号
http://www.aomori-kanko.or.jp/access/index.html
(担当者:詳細は追ってお知らせ申し上げます)
第11回ゴール チーム医療の概念を学び、自施設でより良いチーム医療を実践する
第11回コンセプト J-TOP(ジャパン チームオンコロジー プログラム)は、患者中心のチーム医療を実践するための3要素として、
(1)「科学的根拠に基づいた治療方針の決定(EBM)」、
(2)「各職種間のコミュニケーション」、
(3)「専門性を活かしたリーダーシップ」
を掲げています。
「みんなで学ぼうチームオンコロジー」は体験型のセミナーです。本セミナーを通じて、上記要素の重要性に気づき、各職種が役割をオーバーラップさせながらより良いチーム医療を実践していく方法を体験していきます。第11回は、「セミナー終了後、自施設においてチーム医療を実践するには、どうすれば良いか?」をメインテーマとしています。本セミナーが明日からの職場に活かされ、具体的に行動をおこすための “きっかけ” となることを目指しています。
第11回準備委員会
代表世話人 佐藤仁美(看護師)、高島淳生(医師)、奥山裕美(薬剤師)
準備委員  
医師 杉山直子、三輪教子、朝倉義崇、中川智恵、三浦裕司
看護師 古賀範子、高橋智子
薬剤師 橋本浩伸、石塚雅子、橋本亜衣子、閔貴善、河添仁
※上の各氏のプロフィールはJ-TOPチューター紹介ページをご覧ください。
スーパーバイザー 上野 直人(テキサス大学MDアンダーソンがんセンター 腫瘍内科教授)
中村 清吾(昭和大学医学部乳腺外科教授・昭和大学病院ブレストセンター長)

代表世話人から参加者のみなさんへ

 本セミナーは、多職種が活躍するチーム医療(集学的治療・チームオンコロジー)を自施設でどのように実践していくかを命題に、患者中心のチームオンコロジーのあり方を、参加者のみなさんとテキサス大学MDアンダーソンがんセンター留学経験者(JTOPチューター)とが共に学ぶ実践的セミナーです。

 本セミナーは、2011年3月26~27日に青森で予定されていましたが、このたびの大震災のため中止となっています。今回の大震災では、東北地方に大きな被害があった一方で、多くの方々が家族や仲間・チームの大切さを再確認されたと聞いています。みなさまとその想いを共有させて頂きたく、再度、青森で開催するに至りました。

 セミナーの内容は、前回予定していた内容を基本としています。すなわち、「セミナー終了後、自施設においてチーム医療を実践するには、どうすれば良いか?」がメインテーマです。チーム医療の概念を学ぶだけではなく、自施設で明日から出来ることを、参加者のみなさん自身が見つけることに重きをおいています。講義、グループワーク、総合討論に加え、今回は新たに、各自がチーム医療に関して行っている“ちょっとした工夫”の紹介も行います。ここでは、チーム医療を始めようとしていたり、現在行っているチーム医療をより良いものにするための“きっかけ”を具体的に提示することで、より実践的なセミナーになると考えています。

 日頃の臨床では、ゆっくり考えることができない想いを‘仲間’と一緒に共有できるような、温かな研修会となるよう、みなさまを迎える準備をしています。 ご参加を心よりお待ちしております。

(代表世話人 佐藤仁美、高島淳生、奥山裕美)


▲TOP