TEAM ONCOLOGY SEMINAR

Governed by:
MDアンダーソンがんセンター
Sponsored by:
一般社団法人 オンコロジー教育推進プロジェクト
エーザイ株式会社
小野薬品工業株式会社
協和発酵キリン株式会社
中外製薬株式会社
メルクセローノ株式会社
ノバルティスファーマ株式会社
■当サイトへのリンクのお願い がんチーム医療をもっと普及させるために、ご自身のHPや、お知り合いのHP、ブログなどに、当サイトへのリンクをたくさん貼っていただけませんか。
リンクは、URL: http://www.teamoncology.com/ に、『患者さん中心のがんチーム医療のために:チームオンコロジー.Com』というサイト名で貼ってください。
Share |


地域に根差したチームオンコロジーセミナー2018~“顔が見える”チームで行う全人的地域連携~

セミナーの申し込み受付は終了しました

概要
日程 2018年 5月12日(土) - 5月13日(日) 2日間
会場 じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター) 〒500-8856岐阜県岐阜市橋本町1丁目10-11
ゴール 多職種チーム医療の重要性を学び、地域で理想とする医療体制実践のために必要なネットワーク構築の基礎をつくる。
コンセプト 参加型セミナーを通じて、がん診療にかかわる医師、薬剤師、看護師、MSW、臨床心理士、栄養士などとがんサバイバーがチームとなって、相互理解を深め、地域医療とチーム医療の向上、より効果的な全人的ケアを実践するための知識とスキルの向上を目指します。
実行委員
実行委員長
近藤 千紘虎の門病院 臨床腫瘍科(医師)
副委員長
市成 陽子元岐阜大学医学部附属病院(看護師)
森田 一聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
(薬剤師)
陶山 久司鳥取大学医学部附属病院 腫瘍内科(医師)
吉井 由美奈良県立医科大学腫瘍センター(医師)

実行委員

医師
二村 学岐阜大学医学部 腫瘍外科
中嶋 早苗藤田保健衛生大学 総合消化器外科
寺崎 史浩大垣市民病院 外科
薬剤師
飯原 大稔岐阜大学医学部附属病院
江面 美緒Nova Southeastern University
College of Pharmacy
大里 洋一東京医療センター
松本奈都美聖マリアンナ医科大学附属研究所
ブレスト&イメージング先端医療センター附属クリニック
看護師
苅谷 三月岐阜大学医学部附属病院
藤澤 陽子千葉大学医学部附属病院
山上 睦実東京大学医学部附属病院

※上の各氏のプロフィールはJ-TOPチューター紹介ページをご覧ください。

スーパーバイザー 上野 直人 (テキサス大学MDアンダーソンがんセンター 腫瘍内科教授)
佐治 重衡 (福島県立医科大学 腫瘍内科学講座主任教授)

印刷用にはこちらをご利用ください。案内チラシ(PDF)セミナー案内チラシ

実行委員から参加者のみなさんへ

「チーム医療」という言葉から、どんなチームを連想されますか?多職種が集って治療方針について相談するグループがあればチーム医療といえるでしょうか?チームのリーダーは医師でしょうか?

「地域に根差したチームオンコロジーセミナー」は、地域と病院の多職種がそれぞれの専門性を発揮し、患者さんの満足度を上げるために必要なエッセンスを、講義と参加型セミナーで学ぶことができる企画です。診断から積極的がん治療、緩和治療、終末期医療まで、地域と病院の関係は、チームの一員である患者さんの生活を支える重要な要素のひとつです。

お互いがコミュニケーション力を高め、共有できる理想を語り合うなかで、明日の診療に活きるつながりや学びをお持ち帰りいただけるよう準備をしています。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 

(岐阜セミナー実行委員一同)

▲ このページのTOPへ