The 1st TeamOncology Workshop

MDアンダーソンがんセンター
Share |

Qualifications

“The 1st TeamOncology Workshop”は終了いたしました。

定員

医師・看護師・薬剤師 各20名 (計60名)

個人(お一人)での参加も可能ですが、できる限り同一施設の医師、看護師、薬剤師、3名1チームでのお申し込みをお願い申し上げます。
(申込受付:2007年6月中旬より)

注) また、これまでにご参加された方も再度お申し込みいただけますので、是非ご応募ください。

参加条件

<医師・コメディカルスタッフ>

  1. がん治療について基礎的理解をもっていること
  2. チーム医療に強い関心があり、今後チーム医療導入の先駆者となり得る方
  3. 基本的な英語のコミュニケーション能力およびプレゼンテーション能力があること(留学希望者は、TOEFL 213点(旧ベース550点)以上またはTOEIC 700点以上を英語コミュニケーション能力の目安としてください
  4. JME(留学研修)プログラムに選抜された参加者は、必ずヒューストンM.D.アンダーソンでの留学研修を受けること
  5. 参加者は必ず “TeamOncology.Com”の会員になること
※M.D.アンダーソンへの留学研修:Japanese Medical Exchange Programについて
本ワークショップ参加者の中で、M.D.アンダーソンがんセンターが選抜した医師またはコメディカルスタッフの若干名には、M.D.アンダーソンにおける留学研修プログラム(2008年春期実施予定/医師・コメディカル5週間の渡航・滞在費を(財)聖ルカ・ライフサイエンス研究所が負担します)への参加資格が与えられます。
留学研修プログラムへの選抜については、M.D.アンダーソンが独自に行う書類審査とワークショップへの参加姿勢、英語コミュニケーション能力などの総合的な評価に基づき、留学研修プログラムへの適合性が判定されます。
なお、M.D.アンダーソンにおける留学研修プログラムの詳細なカリキュラム内容については、本年度のワークショップ後に選抜された参加者にM.D.アンダーソンより直接通知される予定です。

参加申込方法

1)チームオンコロジーワークショップ

参加を希望される方は全員、下記申込書類一式を各々作成のうえ、ジャパン チームオンコロジー プログラム(J-TOP)事務局までご郵送ください。
【申込締切:2007年8月3日(金) 当日消印有効】

  1. 参加申込書
  2. 乳がんと大腸がんに関する基礎知識セルフチェックシート
  3. 英文課題レポート 「私とチーム医療」

2)M.D.アンダーソンにおける留学研修:Japanese Medical Exchange Program

2007年11月開催の第1回チームオンコロジーワークショップへの上記参加申込書にて、2008年度のM.D.アンダーソンにおける留学研修プログラムへの参加を併せて希望され、また、ワークショップにご参加いただいた方には、後日改めて、留学研修プログラムへの参加申込方法の詳細について、ご連絡させていただきます。

参加者選考基準

1)チームオンコロジーワークショップ(定員を超える応募があった場合)

M.D.アンダーソンでは、定員を超える応募がありました場合には、各応募者よりご提出いただいた英文課題レポートと上記セルフチェックシートによる書類審査をおこない、参加者を選抜いたします。ご了承のほど重ねてお願い申し上げます。

2)M.D.アンダーソンにおける留学研修:Japanese Medical Exchange Program

ワークショップでの参加姿勢ならびに提出書類による審査

などに重点を置いて選考いたします。
なお、選抜された方は、必ずM.D.アンダーソンでの研修に参加してください。