掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

その他
遺伝子スクリーニングと社会的問題
ゆう(神奈川県) 2011/10/12
こんにちは、はじめて投稿させていただきます。
BRCA陽性であることが判明した人について、遺伝子スクリーニングの先進国(アメリカなど)では、
・結婚や就労に関する差別等は社会問題になっているのでしょうか?
・個人の遺伝情報はどのように保護されているのでしょうか?
・がん既往歴のないBRCA陽性者は、どのようなサポート(情報提供やカウンセリングなど)を受けているのでしょうか?

今のところ日本では、がん既往歴がなくBRCA陽性と告げられた人が、情報を入手できる場所が非常に限られ、孤立しがちだと感じます。特に若年・未婚女性にとっては、がんを発症する恐怖に加えて、人生設計への不安が重くのしかかって切実なのですが・・・

※復元コメント
|都道府県:神奈川県 |名前:ゆう |掲載日時:2011/10/11 04:29:30 |
上記テーマに対してコメントを投稿します。
フォームに必要事項を入力し、最下部の「入力内容を確認する」を押してください。
タイトル必須
投稿内容必須
名前必須
都道府県必須
性別
年齢
編集キー必須
[半角英数4文字]