掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
H.Y (東京都) 2018/05/24
妻が子宮頚部小細胞癌の再発で治療中です。次の薬の選択肢がないため、遺伝子解析(MSKインパクト)を受けたところ、ROS1の意義不明fusionが検出されたとのこと。
検査担当医の見解では、「このROS1がドライバー遺伝子である可能性が高い」とのことでしたが、主治医に相談したところ、治験は現在なく、意義不明fusionではクリゾチニブも使うことはできないとのことでした。再発当初から、主治医は緩和ケアを主眼として積極治療には乗り気でない状況です。当方としては、妻はまだ元気で体力もあり、あきらめきれない状況で、クリゾチニブが効く可能性があるのなら、最終的には自費ででも使うことを考えています。クリゾチニブの使用について、効果とリスクの面からどう思われますでしょうか。また、研究ベースでも何でも、国外でも構いませんので、ROS1を対象とし、部位を特定しない治験等はありませんでしょうか

編集削除|編集キー

Re:ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
S(東京都) 2018/05/31
H.Y.さま。腫瘍内科医のSと申します。奥様の治療中とのこと、ご心労お察しいたします。
MSKインパクトでROS1の意義不明fusionが検出されたとのことですが、fusionに限らず意義不明はやはり意義不明以上のものにはなり得ません。ドライバーであることがわかっていない以上、ROS1をターゲットとした薬剤の治療対象にはならないと考えます。仮にクリゾチニブなどのROS1阻害剤を使うことができ効果が見られたとしても、再発がんに対する薬物療法の効果は一時的なものです。一方、意義不明にも、ドライバーの可能性の低い意義不明と可能性の高い意義不明とがあります。実際にその検査結果を知っている検査担当医が、意義不明のfusionを"ドライバーの可能性が高い”と判断した理由を聞いてみても良いかもしれません。
治験に関しては、https://clinicaltrials.gov などで検索すると見つかる可能性がありますが、その場合も多くは”意義不明fusion”は適格外としていることが多いと思います(治験ごとに異なります)。

編集削除|編集キー

Re:ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
H.Y (東京都) 2018/06/01
お忙しい中アドバイス頂き、誠にありがとうございます。ご意見を参考にさせて頂き、引き続き自分に出来る限りのことをしていきたいと思います。
私の投稿で、1点訂正させてください。
「ドライバー遺伝子である可能性が高い」というご発言は、MSK の検査を担当して下さった医師の発言ではありません。当該の先生からは、検査結果を治療に繋げるべく、大変なご助力を頂いておりますが、意義不明であることの意味合いも十分にご説明頂いております。当方はMSK 以外の遺伝子検査や、セカンドオピニオンも多数受診しており、その中で他の医師から頂いたご発言でした。
簡潔な投稿にしようと省略してしまい、不正確な内容になってしまったことをお詫び申し上げます。

編集削除|編集キー

Re:ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
H.Y(東京都) 2019/01/07
ご相談させて頂いたH.Yです。
今更で申し訳ありませんが、もしも、同じ病気で、検索等されて記事を見ている方がいらっしゃった場合のため、その後の経過をご報告させて下さい。
ご相談後、他の大学病院で追加の遺伝子検査(RNAの解析を含むもの)をしていただき、平成30年8月にGOPC-ROS1が検出されました。(MSK-IMPACTの担当をしてくださった先生が、本当に医療の枠を超えるような尽力をしてくださり、当時は研究段階だった検査にご紹介くださいました。現在は先進医療に指定されている検査です)。
その結果を受けて9月からクリゾチニブを服用開始し、10月のCTでは腫瘍が画像上確認できないまでに著効しております。
以前にご回答でも頂いておりますとおり、治癒したわけではなく、いつかは薬剤耐性が生じることは、頭では理解しているつもりです。それでも、今後の治療や、研究中の次世代分子標的薬など、遺伝子解析前とは選択肢の数が格段に違います。何より現在、妻が病気になる前と同様の元気な姿で家族一緒に過ごせる時間は、何物にも代えがたい、大切なものです。沢山の方のお力添えをいただき、また、幸運に恵まれ、本当に感謝の気持ちしかありません。
遺伝子解析から実際の治療に繋がる可能性は10%程度と言われておりますし、私達のケースは例外的な幸運かもしれません。それでも、治療法が確立されていない希少がんの場合には、このような検査を一つの選択肢として検討する価値はあると思います(金銭的な負担は大きいため、標準治療や生活に支障が出ないかどうか、また、10%の可能性では低すぎると考えるかどうか等、判断は人それぞれあるかとは思います)。
検討される場合には、いくつかの種類の検査があるため、それぞれの違いを良く調べることも必要かと思います。対象とする遺伝子数の多さ、融合遺伝子を対象に含めるか否か、RNAを検査対象とするか、また金額もそれぞれ異なっており、とくに私達のケースでは、実は他にも遺伝子検査を受けているのですが、一番詳しい検査でなければ結果が出なかったことになります。
また、遺伝子検査にあたっては検体の状態も重要(RNAも解析する場合にはとくに)ですので、手術する場合にはあらかじめ検査を想定して組織を保存してもらった方が良いようです。
長々と申し訳ありません。私達自身が、遺伝子解析を検討した際に、実際に受けた方の意見を探しても見つからなかった経験がありますので、どなたかの参考になればと書かせていただきました。
今後も闘病は続きますので、引き続き、精一杯やって行こうと思います。
ありがとうございました。

編集削除|編集キー

Re:ROS1の意義不明fusionが検出され​た子宮頸部小細胞がん
掲示板委員 橋口(神奈川県) 2019/01/08
当掲示板の委員をしております薬剤師橋口と申します。
H.Y様、経過のご報告ありがとうございました。
クリゾチニブが著効しているとのことで私達も大変嬉しく思っております。
H.Y様が仰るとおり遺伝子検査に関する情報を求めている方はたくさんいらっしゃると思います。このようにご経験を掲示板に残していただくと、掲示板を訪れる皆様にとって大変有用な情報になるのではと思っています。

ご報告ありがとうございました。
H.Y様とご家族の良い時間が続きますように我々もお祈りしております。
また何かありましたらいつでもこの掲示板へお越しください。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。