掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
タキサン系
色々悩み中(神奈川県) 2018/08/10
ドセタキセル、パクリタキセル、ナブパクリタキセルの違い、また、投与方法(3週間ごと、1週間ごと)の違いによる効果と副作用はどのようなものでしょうか?

ナブパクリタキセルというのは、あまり掲示板でもヒットしないのですが、あまり使われないのでしょうか?どこの病院でも扱っている訳ではないのでしょうか?

また、抗がん剤は術後いつまでに始めなければならないという期限はあるのでしょうか?

編集削除|編集キー

Re:タキサン系
Y(栃木県) 2018/08/16
色々悩み中さん

初めまして。病院薬剤師のYと申します。
いただいた質問の中から、私からはお薬の特徴に関わる部分について、
お答えしたいと思います。

回答をお読みいただく前にお伝えしたいのですが、
がんの種類に関わらない、一般的ながん治療で使用する薬剤についての
説明になっていますので、色々悩み中さんが知りたいと思っていることに
応えられていないかもしれません。

その場合、差し支えなければ、がんの種類(乳がん、肺がん、胃がんなど)や、
現在の状況(手術前・手術後・進行・再発)についてもお聞かせいただけると
もう少し具体的にお返事できるのではないかと思います。

それでは、いただいた質問について、順にお答えいたします。

◆ドセタキセル、パクリタキセル、ナブパクリタキセルの違いについて

いずれも構造中にタキサン環を有する、タキサン系と呼ばれる薬です。
ドセタキセルとパクリタキセルは、ヨーロッパイチイの針葉抽出物から半合成された
製剤です。
これらは水に溶けにくい性質を持っているため、無水エタノール(アルコール)を
含んだ液体に溶かして治療に使用しています。
ドセタキセルはアルコールを使用せずに溶かす方法もあるので、アルコール
過敏の方も使用できます。パクリタキセルはアルコール過敏の方には使用できません。
パクリタキセルでは薬のアレルギーを起こすことがあるので、あらかじめ
アレルギーを予防する薬も使用します。
ナブパクリタキセルは人血清アルブミンにパクリタキセルを結合させた製剤です。
生理食塩液での懸濁が可能になり、アルコールは使っていません。アレルギー
予防のための薬は必須ではなくなりました。

◆投与方法(3週間ごと、1週間ごと)の違いによる効果と副作用はどのようなもの
でしょうか?

がんの種類によって、薬剤の使用方法が異なるため、一概に3週間ごと、1週間
ごとのどちらが効果が高いと言うことは難しいです。
タキサン系の薬剤に見られる副作用として、白血球減少などの骨髄抑制、脱毛、
しびれ等が挙げられます。
ドセタキセルは浮腫が見られることがあります。
また、投与方法により現れやすい副作用は異なります。1週間ごとのパクリタキセル
投与では末梢神経障害が起きやすい、3週間ごとのドセタキセル投与では
好中球減少が強く出てくる傾向があります。
これらの副作用には個人差があります。生じた場合、副作用の症状を和らげる治療を
行う、原因となる薬剤を減量・休薬する等の対応を取ります。

◆ナブパクリタキセルというのは、あまり掲示板でもヒットしないのですが、
あまり使われないのでしょうか?

抗がん剤には、がんの種類によって使用できるものとできないものがあります。
ドセタキセルやパクリタキセルと比べると、ナブパクリタキセルは使用できる
がんの種類が少ないです。
しかし、進行・再発した膵臓がんの治療では広くナブパクリタキセルを使用されて
います。


もし、わかりにくい部分や、あらたに質問したいと思うことがありましたら、
遠慮なくお聞かせください。

色々悩み中さんの、手助けになれば幸いです。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。