掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

治療とその選択
ALPの高値について
まる(大阪府) 2018/12/12
2016.12左乳房浸潤性乳頭乳管がんとの診断。全摘後病理検査の結果ステージ1、ルミナールB+HER2陽性タイプで抗がん剤治療(TC療法)からハーセプチン治療を経て現在ノルバデックス服用中です。
3ヶ月ごとに採血を行い、1年ごとにマンモグラフィと胸部レントゲンを行なっております。
今回初めてALPの値が639という高値でした。腫瘍マーカー(CA15-3.CEA)は基準値内です。診察時とくに主治医からALPの話はなく、診察後に採血結果表を頂き初めて目にした次第です。AST.ALT.γGTPは基準値内ですし、これまでALPは基準値内だっただけに骨転移じゃないかと心配です。現在腰痛はありますがロキソニンを飲めば治まります。
ALPの値が高くなってもまた基準値内に戻ることがあるのでしょうか?

編集削除|編集キー

Re:ALPの高値について
古屋(広島県) 2018/12/19
まるさま 

  はじめして。
  広島の病院で看護師をしている 古屋と申します。 
  掲示板へのご投稿ありがとうございます。

  まるさまは
  TC療法を経て、ハーセプチンを終了し、
  現在ノルバデックスによるホルモン療法継続中とのこと。

  今回、初めてALPが上昇し、
  それが正常値にもどるのか? というご質問ですね。

  きっと、初めてのことで
  少し不安もおありだと思いますが、
  
  ALPは正常値に戻ることはあります。 
   ※当サイトの医療者チーム内の見解です。
 
  これまでの治療経過から、
  現在は、3ヶ月毎の採血と、 
  1回/年のマンモグラフィーと胸部レントゲンによるフォローアップ中との
こと。

  次回の採血検査の結果によって、
  また主治医の先生のご判断があると思いますが
  その際にも、まるさまご自身が不安に思っていることを先生に相談してみ
てはいかがでしょうか。  
  
  診察室では 主治医の先生から 特に説明はなく
  あとから検査結果に気付いて、初めての高値でもあり
  「本当に大丈夫かしら?」 と気になるものですよね。

  また、不安なことがあれば ご相談ください。 

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。