掲示板「チームオンコロジー」

Bulletin board

患者と医療者のコミュニケーション
トリプルネガティブ乳癌の予後について
えみ(埼玉県) 2019/10/04
初めてこの掲示板に投稿させていただきます。
今年3月に乳癌検診のマンモで乳癌疑いを指摘され、4月に確定診断されました。
現在は術前抗がん剤治療中(EC⇒ドセ)です。
(病理検査結果)
・浸潤性乳管癌(サイズ45×36×26)
・遠隔転移なし リンパ転移あり ステージ2B
・HG3 NG3 HIB1 95%
・ホルモン陰性 HER2陰性 トリプルネガティブ
※1年前のマンモ検査では全く異常がなく、増殖の早い癌と言われてます。

ECの抗がん剤終了時の検査では、サイズは半分、容積は1/4に縮小し、主治医も大変喜んで下さってます。幸い抗がん剤の副作用もひどくないので、仕事も続けながら治療中です。

乳癌と診断されて半年、幸い信頼できる主治医に診ていただき、前向きに治療しております。
増殖の早い癌であること、微小転移のリスクも主治医から説明されており、理解しておりますが、自分の身体にある癌のこと、予後についてもう少し知りたくなりました。抗がん剤が効いて縮小したことで、欲が出たのかもしれませんが(笑)…。
仕事は個人事業を営んでおり、今は治療スケジュールを優先して無理なく続けておりますが、いつまで続けられるのか、迷惑をかけないように縮小や閉鎖も視野に入れた方が良いのかも気になっております。
トリプルネガティブの場合、早い時期にに転移するという情報を目にしましたが、私の場合はしこりが大きかったこと、増殖スピードから転移する可能性が高いと思っておりますが、この考え方で間違っていないでしょうか?抗がん剤が効いているので、そのリスクが(もしかしたら)低くなっていることも考えられるでしょうか?
トリプルネガティブ乳癌は、今後分子標的の治療が認可されるというニュースも喜ばしく思っております。
お答えいただける範囲で構いません。ご助言いただけるとありがたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。



編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
N(静岡県) 2019/10/21
えみさん、投稿をいただいていたのにお返事が遅くなってしまい、すみませんでした。
私たちチームで話したことを代表して、看護師のNがお返事を書かせていただきます。

投稿の内容から、えみさんが今だけではなく、この先のこと、周りのことについて考えられるようになったことは大変良いことだと思いました。また、自分のご病気について十分な知識をお持ちだと感じました。
えみさんご自身の思いや考えを直接主治医の先生に伝えられてはいかがでしょうか?えみさんの身体のことは担当医が一番詳しいと思います。しかし、信頼できる主治医だからこそ、伝えられた現実を受け止めなくてはならないという不安も大きいですよね。腫瘍の性質や年齢によって、治療効果(それぞれの治療法で生存率や再発率が何%くらい改善するのか)を予測することができるサイトがあります(英語でのサイトであることをご了承ください)。こちらを大まかに参考にされてから主治医に相談するのも良いかもしれません。もし、お話にくい場合は、看護師や薬剤師さんにご質問されたり相談されてはいかがでしょうか?
主治医やその他の医療者の方と一緒にえみさんの今後について考えていく場が持てることを願っております。
CancerMath.net
http://www.lifemath.net/cancer/
Predict
http://www.predict.nhs.uk/predict.html

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
えみ(埼玉県) 2019/10/24
N様
ご多忙のところチームで検討いただき、返答いただき感謝しております。

早速教えていただいたサイトを確認させていただきました。(パソコンが翻訳してくれました!)
主治医に相談することを躊躇したのは…主治医の前では「治療に前向きでポジティブな患者」なので、腫瘍が縮小したこともとっても喜んで下さっている主治医に予後のネガティブな質問するのはなあ…と思ってしまっていました。
前向きな気持ちの裏には後ろ向きの気持ちがあり、これから長い癌人生悩み多き日々になるのだと覚悟しております。主治医を始め医療従事者との良好な関係がどれだけ救いになるか、患者の立場となり実感しております。

予後のことについては、タイミングを見て主治医に相談するつもりでおります。
ありがとうございました。

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
M.O(秋田県) 2020/03/27
すみません。
私がトリプルネガティブ患者なので、検索中にたどり着きました。
2011年8月に乳がんがわかり、10月に手術、11月から抗がん剤治療をし、9年目を迎えました。
ずっと肺に小さな影があるため、定期的な通院を続けて経過観察しています。

トリプルネガティブでリンパ節転移もありⅡBでした。
顔つきも悪く、悪性度も高いタイプだったので、再発転移は覚悟していましたが、幸い再発転移もなくここまで生きています。
ネットを見ると、予後が悪いということで、不安なことばかり目についてしまいますが、こうやって「トリプルネガティブ乳がん」でも、元気になった人もいるということをお伝えしたくて、コメントしてしまいました。

私も抗がん剤が良く効きました。泣きたくなる日もありましたが、かかわっていただいた先生や看護士さん、家族のみんなに支えられ、今は笑うことができるようになりました。
治療がうまく進み、お元気になられますように願っています。

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
美幸(大阪府) 2020/03/30
2020.3.19私もトリプルネガティブで手術で左乳房全摘とリンパを切除ました
ドレーンの採取量が減り3月29日退院しました4月中頃には検査に出した結果を受け次の治療段階に進む予定です
取り除いた安心とリンパに肉眼でわかる癌が複数あった事を考えるとこの先何を優先して時間を使うべきか不安が拭いきれません良いかもしれないという情報で食事を改めたりとりあえず仕事は長期休暇を取り治療専念早期回復を願ってやまないところです
三男は今年高校生、四男は中学二年にこの春進級します。障害のある長男抱えてのシングル生活介護を必要とする父を抱えた社会人なりたての次男には頼ることもままならず巣立つまでに手のかかる息子たちとのこれからの時間を過ごすにはどこから優先すべきか悩みます手術の後の痛み感じながら予後についての状況を知りたくてこの記事に出会いました。生き抜きたいまだまだ死ねません。今日退院後の検診で15cc
溜まっていた血を抜きました
針の痛さも消毒の冷たさも何も感じることができなかった自分の体の変化に改めて気づき悲しくなりました
仕事しながら治療されている方の話や手術されてその後治療受けられて元気にされている方がいることを知り少しほっとしました

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
えみ(埼玉県) 2020/03/31
M.O様

こんにちは。えみです。
コメントありがとうございます!
乳癌手術、治療後お元気でお過ごしとのこと、嬉しく拝読させていただきました。
私は術前抗がん剤のECでしこりが縮小して喜んでおりましたが…ドセタキセル終了間近に急速に増大してしまい、12月に全摘手術しました。
化学療法効果は1Aという残念な結果になりましたが…やるべき治療は全てやったので、予後を心配して生活するよりも、毎日を笑顔で過ごせたほうが「免疫力もアップするよねっ」と気持ちを切り替えて生活しています。

これからの癌サバイバー生活、一日一日を大切にして生きたいなあと思っております。癌になったことで辛いことも(たくさん!)ありますが、たくさんの出会いも感謝もあります。
この掲示板での出会いにも感謝です!

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
えみ(埼玉県) 2020/03/31
美幸様

えみです。
乳癌手術お疲れさまでした。私は12月に全摘手術しましたが、やはりリンパ液が溜まってしまい…思っていたよりも長く痛みと腫れが引かずに辛かったです。
でも今はすっかり腫れも痛みもなくなりました。時間が解決してくれます。
病理検査の結果を見てからこれからの治療が決まるのですね!
抗がん剤治療の副作用は個人差があるようですが、今は副作用を抑える薬があるので、私は寝込むようなことはなかったです。味覚障害が地味に辛かったですが…。
治療中はとにかく「終わること」を目標に頑張っていたように記憶しています。

美幸さん、まだまだ「お母さん」の役割もあるので、大変なことも多々あると思います。「お母さん」の役割が治療の励みになることを願っております。
美幸さんの治療が順調に進むこと…応援してます!

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
M.O(秋田県) 2020/03/31
美幸様
えみ様

思いきって投稿してよかった、と思いました。
皆さん、不安ですよね。ものすごくわかります。
美幸さんは術後間もなく、治療方針もこれからですね!まずは、退院おめでとうございます!

術後、自分の体の変化に気持ちがついていけず、つらい時期をむかえるかもしれません。
でも、必ず明けない夜はない、と思って、前向きに心を強く保ってくださいね!!

えみさん、私も全摘でした。結果は、全摘にしてよかったです。
残していたら、放射線治療で通院するのもつらくなったかもしれないし、何より再発のリスクを残してしまうことがこわかったので、結果として全摘で大正解でした。

そもそもが、3センチ近くなっていて、浸潤ガンで乳管を伝って広がってきていたので、部分摘出したところで、結局全摘にせざるを得なかったと思います。
基本的に、怖がりなので…もう痛い思いはしたくなくて…再建もせずに9年目です。

私も美幸さんと同じシングルです。
乳癌がわかったとき、娘たちは小1.小3でした。当時、トリプルネガティブを検索していても、不安なものばかり目について、正直、ここまで自分自身が復活できると思っていませんでした。

トリプルネガティブの情報が少ない中、私と同じトリプルネガティブの方の不安な気持ちを少しでも取り除けるのなら、と思ってます。
よく言われているのは、トリプルネガティブは術後3年を乗り越えると再発率がぐっとさがる、ということです。
これは本当だと信じています。身を持って感じています。

今、もしくはこれから、辛い時期にさしかかったとしても、必ず乗り越えられると信じています。心から応援しています!!

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
かなこ(大阪府) 2020/06/05
えみ様
その後、お身体の調子はいかがですか。
私は、先日トリプルネガティブ
ステージ2aまたは2b
リンパ移転あり
核グレード3
ki67 51%と診断されました。
えみ様の前向きに治療に向かう姿に
力を貰え、連絡をさせていただきました。

私も今後EC抗がん剤を使用します。
なんとしてでも、生きたいと思ってます。
娘が成人するまで、娘が結婚するまで、
そんな風に考えながら不安な毎日です。

早く分子標的の治療も認可されますよう、
えみ様が元気に予後を過ごされますよう
願っています。

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
えみ(埼玉県) 2020/06/07
かなこ様

えみです。
コメントありがとうございます。

これから抗がん剤治療が始まるところ…
ちょうど1年前の私と同じです。
「なんとしてでも、生きたいと思っています。」の一文を読んで…泣きそうになりました。
かなこさんの強いパワーが伝わってきました。

半年間の抗がん剤治療、終わってみればあっという間でした。
かなこさんは、きっと乗り越えられると思います。
「癌細胞をやっつけてくれることを信じて!!」頑張ってくださいね。
…ちなみに私は抗がん剤終了後半年たちましたが
脱毛した髪が伸びてベリーショートになり、ウイッグ卒業しました。

今は無治療で普通に生活してます。
この掲示板での皆さんや医療従事者の方々のコメントに学ばせていただき、力をいただき、自分の中で不安な気持ちと共存できるようになりました。
病気になったことは残念ですが、決してマイナスなことばかりではないと信じて。


かなこさんの治療が順調にすすみますように…応援しています。
かなこさんのコメントに私も力をいただきました。
ありがとうございます。

編集削除|編集キー

Re:トリプルネガティブ乳癌の予後について
かなこ(大阪府) 2020/06/13
えみ様

かなこです。
お返事ありがとうございます。
お返事が頂けるとは思っていなかったので、
とても、嬉しくて涙が溢れてきました。

乳がんの治療は、孤独で不安ですが、
えみ様からのコメントに力をいただきました。

どうか、えみ様の今後が
楽しく何事もなく日々が過ぎていきますよう。

編集削除|編集キー

記事内容を変更する場合は、該当記事の「編集キー」を入力し「編集」「削除」を押してください。